ラディスラオ・クバラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラディスラオ・クバラ Football pictogram.svg
Kubala.jpg
名前
本名 ラディスラオ・クバラ・シュテツ
愛称 ククシ(Kuksi)、ラスリ(Laszil)
カタカナ ラディスラオ・クバラ
ラテン文字 Ladislao Kubala
ハンガリー語 Kubala László
基本情報
国籍 ハンガリーの旗 ハンガリー
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
スペインの旗 スペイン
生年月日 1927年6月10日
出身地 ブダペスト
没年月日 2002年5月17日(満74歳没)
身長 176cm
体重 82kg
選手情報
ポジション FW(インサイド・ライト)、MF
代表歴
1946-1947 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア 6 (4)
1948 ハンガリーの旗 ハンガリー 3 (0)
1953-1961 スペインの旗 スペイン 19 (11)
1954-1963 カタルーニャ州の旗 カタルーニャ 4 (4)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラディスラオ・クバラ(Ladislao Kubala)またはクバラ・ラースローハンガリー語: Kubala László, 1927年6月10日 - 2002年5月17日)は、ハンガリー出身のサッカー選手(FW、MF)。

経歴[編集]

1944年に入団したフェレンツヴァーロシュでデビューシーズンに19ゴールを挙げ活躍するも、1946年チェコスロバキアのSKブラチスラヴァに移籍。ここでチェコスロバキア代表に選出され、6試合4得点をマークしている。 1948年に帰国し、同年にハンガリー代表に選出される。1950年には西側へ亡命し、FCバルセロナに加わる。移籍2シーズン目である1951-1952シーズンにはリーグ優勝やコパ・デル・レイなど5冠達成の立役者となり、このことでソシオの数が増えカンプ・ノウが建てられた。1953年からはスペイン代表にも選出され、19試合11得点。

現役時代晩年は選手と監督を兼任し、1969年からはスペイン代表監督として10年以上にわたり指揮を執った。

1999年ワールドサッカー誌の20世紀の偉大なサッカー選手100人で95位に選出された。

2002年5月17日バルセロナの病院で亡くなった。74歳没。

選手経歴[編集]

指導者歴[編集]