フアン・ラモン・ロペス・カロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フアン・ラモン・ロペス・カロ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Juan Ramón López Caro
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1963年3月23日(51歳)
出身地 セビリア県,レブリハ
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

フアン・ラモン・ロペス・カロJuan Ramón López Caro, 1963年3月23日 - )は、スペインアンダルシア州セビリア県出身のサッカー指導者。

経歴[編集]

2001年からレアル・マドリーの下部組織にて監督を務め、育成に従事した。2005年から2006年にかけて、レアル・マドリーのトップチーム監督も務めている。2006-07シーズンにレバンテUD監督に就任するが、成績不振のため解任。2007年10月、フリスト・ストイチコフが解任されたセルタ・デ・ビーゴの監督に就任した。その後も成績は安定せず、2008年3月に解任された。そのシーズンにセグンダ・ディビシオンで解任された11人目の監督であった。その後はスペインU-21代表を指導している。

2010年6月からルーマニアFCヴァスルイの監督に就任したが、アドリアン・ポルンボユ・オーナーとの度重なる衝突で謹慎処分を科され、事実上解任された。 2013年1月、ライカールト監督の後任でサウジアラビア代表に就任した。

指導者歴[編集]