サッカーオーストラリア代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッカーオーストラリア代表
国または地域 オーストラリアの旗 オーストラリア
協会 オーストラリアサッカー連盟
愛称 Socceroos
監督 アンジ・ポステコグルー英語版
最多出場選手 マーク・シュワルツァー(103試合)
最多得点選手 ダミアン・モリ(29得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1922年6月17日ニュージーランド
1-3
最大差勝利試合 2001年4月11日アメリカ領サモア
31-0(国際Aマッチ最多得点)
最大差敗戦試合 1955年9月17日南アフリカ
0-8
FIFAワールドカップ
出場回数 4回(初出場は1974
最高成績 ベスト16 (2006)
OFCネイションズカップ
出場回数 6回
最高成績 優勝(1980、96、00、04)
AFCアジアカップ
出場回数 2回
最高成績 準優勝(2011)

サッカーオーストラリア代表(Australian national football team)はオーストラリアサッカー連盟により組織されるサッカーのナショナルチーム。公式ニックネームは『サッカルーズ』 ("the Socceroos")でサッカーとカンガルーの合成語である[1]。現在ではカンタス航空がスポンサーとなっているため、『カンタス・サッカルー』("Qantas Socceroos")と呼ばれている。

歴史[編集]

サッカーオーストラリア代表は1922年にニュージーランドと試合を行うために設立された。ニュージーランドとは数試合が行われ、2敗1引分と苦戦している。この時から25年間オーストラリアはニュージーランド、南アフリカ、中国などと親善試合を幾度となく行っていた。地理的な条件により国際試合を行うことが困難であり、この課題は80年が過ぎた現在でも未だ残っている。

FIFAワールドカップへの挑戦[編集]

2005年のコンフェデレーションズカップ対ドイツ戦

1966年イングランド大会からワールドカップの予選に参加している。当初、オセアニア地区はオーストラリアとニュージーランドの2カ国のみであったので、アジア/オセアニア地区として予選が組まれた。この予選では国際サッカー連盟(FIFA)の決定によりアジアの北朝鮮との最終予選カンボジアで行われ、2戦合計2-9で敗れている。

その後、1974年西ドイツ大会アジア/オセアニア地区最終予選(英語)では、韓国と再試合までもつれ込んだ戦いを制して初出場を果たす[2]。しかし本大会では3試合で0得点5失点の2敗1分に終わり1次リーグで敗退した[3]

その後1974年にアジアサッカー連盟(AFC)から除名させられたイスラエルが1980年代よりオセアニアの暫定メンバーになったことにより、1986年メキシコ大会予選よりオセアニア地区予選に加わることとなった[4]。このためFIFAは、アジアとアフリカのアラブ諸国との対戦を避けるため、オセアニア地区を従来のアジア地区とアフリカ地区と全く切り離して予選を組むように配慮した。このことによりオセアニア地区のワールドカップ出場のために大陸間プレーオフが導入されることになった。1986年メキシコ大会予選ではオセアニア地区予選1位となったオーストラリアがヨーロッパ地区予選からプレーオフに出場したスコットランドと対戦し敗退、1990年イタリア大会予選ではイスラエルがオセアニア地区予選を勝ち上がり、南米地区予選からプレーオフに出場したコロンビアと対戦するも敗退している。イスラエルサッカー協会は兼ねてより申請していた欧州サッカー連盟(UEFA)への転籍が1994年に認められ、オセアニア地区勝者が遠隔地とのプレーオフを行なう必然性がなくなったが、この大陸間プレーオフだけが慣習のように残った。

オーストラリアにとってこの大陸間プレーオフが最後の鬼門となり、予選敗退を繰り返すことになる。イスラエルがヨーロッパ地区予選へと移った1994年アメリカ大会予選では、オセアニア地区勝者となったオーストラリアはまず北中米カリブ海地区予選2位チームとのプレーオフを行い、その後南米地区予選からの進出チームとのプレーオフを行なわなければならず、1戦目でカナダに勝利するものの2戦目でアルゼンチンに敗戦。1998年フランス大会予選では、イランとのプレーオフを2引分にも関わらずアウェーゴールルールにより無敗のまま敗退(メルボルンの悲劇)。2002年日韓大会予選ではウルグアイとのプレーオフに1勝1敗ながら得失点差により敗れた。なお2002年大会予選のアメリカ領サモア戦には31-0で勝利し、国際試合における最多得点を記録した(オーストラリア 31-0 アメリカ領サモアを参照)。

32年ぶりの本大会出場[編集]

2003年から政府の後押しを受けたオーストラリアサッカー連盟は様々な改革に着手した(詳細はオーストラリアサッカー連盟のオーストラリアサッカー革命の項を参照のこと)。移民が多いオーストラリアは欧州リーグでプレーしている選手が多く(例えば、2002年日韓W杯のプレ大会を兼ねた2001年のコンフェデレーションズカップ(以下コンフェデ杯と略)でのオーストラリア代表は大会登録メンバー23人中、オーストラリアのクラブに所属していたのはわずかに4人[5])、個々の実力は本大会に出場してもおかしくないほど上がっていた。実際、オーストラリア代表は先述の通り、1998年フランス大会予選2002年日韓大会予選と2大会連続で以前と同様に大陸間プレーオフで出場を阻まれたものの、いずれも惜敗であった。2度目の本大会出場は現実的な目標となっていたのである。2度目の出場の最後の決定打となったのは世界的名将フース・ヒディンク監督招聘であった。

オーストラリアはFIFAワールドカップ・ドイツ大会のプレ大会を兼ねた2005年のコンフェデレーションズカップのグループリーグA組を勝ち点0の最下位で終えると、フランク・ファリーナ監督を更迭し、異なるチーム(オランダ韓国)でワールドカップ2大会連続ベスト4を成し遂げたヒディンク監督の招聘を決断。招聘には、多額の資金と熱意(ヒディンクは当時PSV監督で契約中だった)が必要とされたが、根気強く交渉を続け、ヒディンク監督の招聘に成功した。

当時の予選セントラル方式(集中開催方式)で行われ、2次予選での上位2カ国が2005年9月3日と9月6日の最終予選を戦い、その勝者が2005年11月12日と11月16日の南米5位との大陸間プレーオフ2試合を戦うという期間に余裕があるものだった。ヒディンク監督招聘時点で、残る試合は最終予選2試合と南米5位との大陸間プレーオフ2試合だった。期間に余裕があることを逆手に取り、PSVとの契約中で難色を示したヒディンクにPSV監督と兼務で構わないと説得した。また、オーストラリア代表選手の主力の多くが欧州でプレーしていたこともプラスに働いた(PSV監督をしながら視察できるため)。ヒディンク監督はPSV監督を兼務したまま、2005年7月にオーストラリア代表監督に就任。

オーストラリアは9月の最終予選における対ソロモン諸島2試合を7-0、2-1で勝ち上がり、南米予選5位のウルグアイとの大陸間プレーオフに進出した。11月12日第1戦アウェーでのウルグアイ戦には敗れたものの、最小失点で切り抜け(0-1)、ホームでの第2戦に臨んだ。この際、同国フラッグ・キャリア(その国を代表する航空会社)であるカンタス航空が協力し特別なチャーター機を手配した。35人の代表選手団に対し220人乗りのジャンボ機を用意し、帰国の準備が出来次第すぐに離陸した。負傷者の負担を減らす為、低い高度で飛び、時差に早く適応できるような工夫をした。機内には疲労を取り除く為にマッサージ台の設置、特別な食事メニュー、酸素ボンベの供給などあらゆるものが準備されていた。対して、ウルグアイは直行のチャーター機を用意できず、二度の乗り継ぎを余儀なくされ、疲労困憊で第2戦に臨む羽目になった[6]。ホームでの第2戦を1-0で勝利し、これで1勝1敗、2試合合計得点も1-1と並び、PK戦に突入。これを4-2で制し、ついに32年ぶりの本大会出場を決めた。

ヒディンク監督が引き続きオーストラリア代表の指揮を執った2006年の本大会では、グループリーグ初戦となった日本戦を終盤にゴールを荒稼ぎして3-1で制して記念すべきワールドカップ初勝利を挙げる。その余勢を駆って1勝1敗1分でグループリーグをブラジルに次ぐ2位で突破したが、決勝トーナメント一回戦で大会優勝国となるイタリアに0-1で敗れた。ベスト16に終わったものの32年ぶりの出場でのこの成績は快挙であった。

AFCへの参加[編集]

オーストラリア代表は長年ワールドカップ予選においてオセアニア地区予選後にヨーロッパや南アメリカ、またはアジアの国々と大陸間プレーオフを行うことで本大会への出場権が決定されていた。いずれも各地区予選で惜しくも漏れ敗者復活に懸ける強豪国と対戦することが多く、オーストラリアサッカー連盟アジアサッカー連盟(AFC)への加入を求めていたが、この訴えは国際サッカー連盟(FIFA)により拒否されてきた。

オーストラリアサッカー連盟も、多くの評論家やファンもオセアニアサッカー連盟(OFC)からの脱退、そしてAFCへの参加を希望していた。その理由は先述の通り、OFCFIFAワールドカップの出場独自枠がなく、常に南米などの強豪と大陸間プレーオフを戦う必要があり、32年間予選敗退を繰り返したからである。また、OFC加盟国は11カ国しかなく、オーストラリアと他国の実力差が大きく、予選のような真剣勝負でも10点差以上の大差がつくことがしばしばあり、強化につながらないことも理由である。先述の通り、選手の多くが欧州のクラブに所属し、代表活動時間が限られている上に、たまに行われる真剣勝負が大差の試合では強化が進まないのは当然であった。

初めて時差なしで観戦出来たFIFAワールドカップ・日韓大会で、オーストラリア国民のサッカーへの関心が高まり、商業的価値を見出したオーストラリアジョン・ハワード首相(当時)は「サッカー」をきっかけとしたオーストラリアのアジアへの進出というプランを描き、オーストラリアサッカー界改革を決意。オーストラリア国内最大手のデパートの経営者であり、国内有数の資産家のFrank Lowy(フランク・レービ)[7]にオーストラリアサッカー立て直しを依頼した[8]。政府の意向を受け、オーストラリアサッカー連盟は、2003年にフランク・レービを会長に選出し、2005年同国初のプロリーグAリーグ発足や「32年ぶりのW杯出場」などの改革を成し遂げた(詳細はオーストラリアサッカー連盟のオーストラリアサッカー革命の項を参照のこと)。

AFC転籍には「OFC」と「AFC」双方の了解が必要だったが、オーストラリアサッカー連盟は政府の後押しを受け、念入りにロビー活動を展開した[8]

2005年3月23日AFC執行委員会は全会一致でオーストラリアサッカー連盟AFC参加を承認した。AFCの現会長モハメド・ビン・ハマムオーストラリア参加による経済的な利益を考慮したことを説明している。OFC4月17日オーストラリアサッカー連盟の離脱を承認した。FIFAはこれをうけて2006年1月1日の時点をもってAFCオーストラリアサッカー連盟が移動することを発表した。また、オーストラリアサッカー連盟も従来のアメリカ英語であるsoccerの使用を止め、Football Federation Australiaへ改名した。

AFC加入後の戦績[編集]

2006年2月には、AFC加盟後初の国際試合となるアジアカップ2007予選が開始された。1月4日にオーストラリア代表はグループDにおいてバーレーンレバノンクウェートと戦うことが決まった(後にイスラエルの空爆の影響によりレバノンは参加を辞退した)。初戦は2月22日のバーレーン戦であり、この際オーストラリアは主力選手の海外組が不在で、さらにヒディンク監督も当時エールディヴィジ(オランダプロサッカー最上位リーグ)のPSVアイントホーフェン監督を兼任していたために不在、しかもアウェイ(バーレーンのホーム)での試合という不利な条件にも関らず3-1で勝利を収めている。この予選では最終的に3勝1敗の勝点9で1位通過を決めている。本大会ではグループリーグでイラクに次ぐ2位となり決勝トーナメントに進出するも、決勝トーナメント一回戦(準々決勝)で日本PK戦の末敗れた。

AFC加盟後初のFIFAワールドカップ地域予選の試合は、2008年2月6日にホームで行われた2010 FIFAワールドカップ・アジア予選3次予選グループ1第1戦対カタール戦であった。試合は3-0でカタールを下したが、その後3次予選で2敗を喫する(6/7第4戦イラク1-0オーストラリア、6/22第6戦最終戦オーストラリア0-1中国。いずれも左がホーム)など苦しんだが、カタールと勝点同数ながら得失点差で上回り、辛くも1位で通過。最終予選では、全8戦中2009年6月6日の第6戦で2大会連続の本大会出場を決め、最終的に無敗(6勝2分)通過となった。前回と違い、今回はアジア代表として本大会に出場することになった。FIFAワールドカップ・南アフリカ大会では、ドイツガーナセルビアと同組となった。1勝1敗1分で2位のガーナと勝ち点では並んだものの、初戦のドイツ戦で0-4と大敗したのが響き得失点差で3位となり、2大会連続のグループリーグ突破はならなかった。

AFCアジアカップ2011では、予選オマーンインドネシアを抑えクウェートとともに本大会進出。本大会ではグループリーグでインド韓国バーレーンと同組になり、韓国と2勝1分で並ぶも得失点差で上回り首位通過。決勝トーナメントではイラクウズベキスタンを下し、ここまで5試合で1失点と鉄壁の守備で決勝まで勝ち進んだが、延長戦の末日本に敗れ準優勝に終わった。

2014年ワールドカップブラジル大会では、グループB初戦のチリ戦に1-3で敗れ、2戦目のオランダ戦では途中2-1でリードする展開となりながらも、その後逆転を許し2-3で敗れ連敗、チリ、オランダ両国が連勝したため、2戦目終了時点でスペインとともにグループリーグ敗退が決まった。

他国の代表チームへの参加[編集]

オーストラリアは世界中からの移民により発展してきた国家である。移民出身またはその子孫は、祖先の出身国におけるサッカー代表チームへも参加が認められており、多くの優秀な選手が他国ナショナルチームへと流出してきた。

成績[編集]

FIFAワールドカップ[編集]

大会 成績 備考
ウルグアイの旗 1930

チリの旗 1962
不参加
イングランドの旗 1966 予選敗退 アジア・オセアニア最終予選北朝鮮に敗れる(2敗)
メキシコの旗 1970 予選敗退 アジア・オセアニア最終予選でイスラエルに敗れる(1敗1分)
西ドイツの旗 1974 グループリーグ敗退
アルゼンチンの旗 1978 予選敗退 アジア・オセアニア最終予選を4位で敗退
スペインの旗 1982 予選敗退 オセアニア地区予選でニュージーランドに敗れる
メキシコの旗 1986 予選敗退 大陸間プレーオフでスコットランドに敗れる(1敗1分)
イタリアの旗 1990 予選敗退 オセアニア最終予選でイスラエルに敗れる
アメリカ合衆国の旗 1994 予選敗退 大陸間プレーオフでアルゼンチンに敗れる(1敗1分)
フランスの旗 1998 予選敗退 大陸間プレーオフでイランに敗れる(2引き分け:アウェイゴール数の差で)
韓国の旗日本の旗 2002 予選敗退 大陸間プレーオフでウルグアイに敗れる(1勝1敗:得失点差で)
ドイツの旗 2006 ベスト16
南アフリカ共和国の旗 2010 グループリーグ敗退 この大会からアジア(AFC)枠で予選に参加
ブラジルの旗 2014 グループリーグ敗退

FIFAコンフェデレーションズカップ[編集]

(参加した大会のみ表記)

  • 1997 - 準優勝
  • 2001 - 3位
  • 2005 - グループリーグ敗退

OFCネイションズカップ[編集]

AFCアジアカップ[編集]

東アジアカップ[編集]

歴代監督[編集]

歴代代表選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 後藤健生『決定版 世界サッカー紀行』p.438
  2. ^ 後藤健生『決定版 世界サッカー紀行』p.438
  3. ^ 後藤健生『決定版 世界サッカー紀行』p.438
  4. ^ http://www.rsssf.com/tables/86q.html
  5. ^ コンフェデ杯2001オーストラリア代表登録メンバー・スポーツナビ
  6. ^ サッカーワールドカップ2006 6/6オーストラリア編(2)「32年ぶりのW杯出場」
  7. ^ フランク・レービwiki英語版
  8. ^ a b サッカーワールドカップ2006 6/6オーストラリア編(3)「AFCへの転籍」
  9. ^ ビエリはイタリアのボローニャ出身であるが、子供時代はオーストラリアで成長したため、どちらの国の代表チームへの参加資格も有していた。

外部リンク[編集]