セバスティアン・ロサーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セバスティアン・ロサーダ Football pictogram.svg
名前
本名 セバスティアン・ロサーダ・ベスタルド
ラテン文字 Sebastián Losada Bestard
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1967年9月3日(46歳)
出身地 マドリード
身長 180cm
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1984-1987
1984-1991
1987-1988
1991-1992
1992-1993
1993-1995
スペインの旗 R・マドリードB
スペインの旗 R・マドリード
スペインの旗 エスパニョール (Loan)
スペインの旗 A・マドリード
スペインの旗 セビージャ
スペインの旗 セルタ
63 (17)
38 (13)
28 (8)
9 (1)
3 (0)
53 (12)
代表歴
1983
1984-1986
1985
1985
1988-1990
1995
U-16スペイン
U-18スペイン
U-19スペイン
U-20スペイン
U-21スペイン
スペインの旗 スペイン
5 (3)
10 (5)
1 (0)
5 (3)
7 (1)
1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

セバスティアン・ロサーダ・ベスタルドSebastián Losada Bestard1967年9月3日 - )は、スペインマドリード出身の元サッカー選手。ポジションはフォワードスペイン代表であった。

経歴[編集]

レアル・マドリードの下部組織出身であり、1984年9月9日のスポルティング・デ・ヒホン戦(1-1)でトップチームデビューしたが、レアル・マドリード在籍時には成功を収めることができなかった。1985年にはU-20スペイン代表としてFIFAワールドユース選手権に出場し、5試合に出場して3得点を挙げて準優勝に貢献した[1]。1987-88シーズンにはRCDエスパニョールにレンタル移籍し、リーグ戦では8得点を挙げてブレイクスルー選手賞を受賞した。UEFAカップでは決勝進出に貢献し、決勝のバイエル・レバークーゼン戦ではファーストレグ(3-0)で2得点を挙げたが、2試合合計同点となってもつれ込んだPK戦でPKを外し、準優勝に終わった。1988年夏にレアル・マドリードに復帰すると、1989-90シーズンにはわずかリーグ戦16試合の出場で8得点を挙げ、クラブのリーグ優勝に貢献した。1990年11月7日、UEFAチャンピオンズリーグFCチロル・インスブルック戦(2-2)ではクラブの大会通算400得点目となるゴールを決めた。

1991年にはレアル・マドリードのライバルのアトレティコ・マドリードに移籍したが、しばしばヘスス・ヒル会長と対立した[2]。1992年に移籍したセビージャFCではアルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナとチームメイトになり、1993年に移籍したセルタ・デ・ビーゴでは、1995年1月16日のウルグアイ戦でスペイン代表デビューを飾った。同年には27歳の若さで現役引退して弁護士となった。2004年にはスペインサッカー連盟(RSFF)の会長選挙に出馬したが落選した[3]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

  • スペインの旗 レアル・マドリード
UEFAカップ 優勝: 1984–85
リーガ・エスパニョーラ 優勝: 1988–89, 1989–90
コパ・デル・レイ 優勝: 1988–89
スーペルコパ・デ・エスパーニャ 優勝: 1988, 1989, 1990
コパ・デ・ラ・リーガ 優勝: 1984–85
  • スペインの旗 アトレティコ・マドリード
コパ・デル・レイ 優勝 : 1991–92
  • スペインの旗 RCDエスパニョール
UEFAカップ 準優勝 : 1987–88

代表[編集]

  • スペインの旗 U-20スペイン代表
FIFA U-20ワールドカップ 準優勝 : 1985

個人[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]