エドムンド・スアレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムンド Football pictogram.svg
名前
本名 Edmundo Suárez
エドムンド・スアレス
愛称 ムンド
ラテン文字 Mundo
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1916年1月22日
出身地 バスク自治州,バラカルド
没年月日 1978年12月14日(満62歳没)
選手情報
ポジション FW
代表歴
1941-1942 スペインの旗 スペイン 3 (3)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ムンド(Mundo)こと、エドムンド・スアレス(Edmundo Suárez, 1916年1月22日 - 1978年12月14日)は、スペイン出身の同国代表サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはフォワード(FW)

テルモ・サラアルフレッド・ディ・ステファノイシドロ・バグランフェレンツ・プスカシュに次いで、リーガ・エスパニョーラ歴代5位の得点数を記録している。バレンシアCFの歴代最多得点者である。

来歴[編集]

選手[編集]

強靭な身体と不屈の意志を持ち、1940年代に黄金期を築いたバレンシアCFの中心選手であった。エピファニオ・フェルナンデス、アマデオ・イバニェス、ビセンテ・アセンシ、ギジェルモ・ゴロスティサなどとともに構成された攻撃陣はDelantera Eléctrica(デランテーラ・エレクトリカ、電撃フォワード)と呼ばれた。バレンシア在籍時には1試合あたりの得点率0.92という高い得点力を誇り、1941-42シーズンには27得点で、1942-43シーズンには28得点でそれぞれ得点王(ピチーチ賞)に輝いた。1950-51シーズンには同じプリメーラ・ディビシオンのCDアルコヤーノに在籍し、1951年に現役引退した。1941年12月28日のスイス戦でスペイン代表デビューし、3試合で3得点を挙げている。

指導者[編集]

1963年、やはりバレンシアのレジェンドのひとりであったパシエギートに代わって古巣バレンシアの監督に就任した。1963-64シーズンのリーグ戦では前年度を上回る6位でシーズンを終え、インターシティーズ・フェアーズカップでは決勝でレアル・サラゴサに敗れたものの、準優勝を果たした。これらの好成績によって留任したが、1964-65シーズンはリーグ戦4位に留まり、ムンドは退任してサビーノ・バリナガ監督に交代した。しかし、バリナガ監督政権下の1965-66シーズンは9位に終わったため、1966年に再びムンドがバレンシア監督に就任し、1966-67シーズンのコパ・デル・レイでは決勝ではアスレティック・ビルバオを2-1で破って優勝した。1968年10月13日、成績不振によってバレンシア監督を退任した。

クラブ[編集]

選手[編集]

指導者[編集]

タイトル[編集]

選手[編集]

  • バレンシアCF
プリメーラ・ディビシオン (3) : 1941-42, 1943-44, 1946-47
コパ・デル・レイ (2) : 1940-41, 1948-49
ピチーチ賞 (2) : 1941-42, 1943-44

指導者[編集]

  • バレンシアCF
コパ・デル・レイ (1) : 1966-67

個人成績[編集]

クラブ リーグ
シーズン クラブ リーグ 出場 得点
1939-40 バレンシアCF プリメーラ 20 14
1940-41 22 21
1941-42 25 27
1942-43 22 23
1943-44 26 28
1944-45 21 17
1945-46 25 20
1946-47 10 10
1947-48 11 5
1948-49 22 19
1949-50 6 2
通算 210 186
1950-51 CDアルコヤーノ プリメーラ 21 9
通算 21 9
キャリア通算 231 195

外部リンク[編集]