ヨン・アルネ・リーセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨン・アルネ・リーセ Football pictogram.svg
John Arne Riise.JPG
名前
本名 John Arne Semundseth Riise
愛称 ジョニー
カタカナ ヨン・アルネ・セムンセート・リーセ
ラテン文字 John Arne Semundseth RIISE
基本情報
国籍 ノルウェーの旗 ノルウェー
生年月日 1980年9月24日(33歳)
出身地 モルデ
身長 185cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム キプロスの旗 APOELニコシア
ポジション DF (LSB) / MF (LSH)
背番号 6
利き足 左足
ユース
1996 ノルウェーの旗 オーレスン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1998 ノルウェーの旗 オーレスン 25 (5)
1998-2001 モナコの旗 モナコ 44 (4)
2001-2008 イングランドの旗 リヴァプール 234 (21)
2008-2011 イタリアの旗 ローマ 99 (7)
2011-2014 イングランドの旗 フラム 87 (0)
2014- キプロスの旗 APOEL 0 (0)
代表歴2
1996 ノルウェーの旗 ノルウェー U-15 9 (2)
1997 ノルウェーの旗 ノルウェー U-16 5 (2)
1997 ノルウェーの旗 ノルウェー U-17 2 (0)
1998 ノルウェーの旗 ノルウェー U-18 4 (0)
1999 ノルウェーの旗 ノルウェー U-19 1 (0)
1998-2000 ノルウェーの旗 ノルウェー U-21 17 (2)
2000-2013 ノルウェーの旗 ノルウェー 110 (16)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年9月4日現在。
2. 2014年9月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヨン・アルネ・セムンセート・リーセJohn Arne Semundseth Riise, 1980年9月24日 - )は、ノルウェーモルデ出身のサッカー選手キプロス・ファーストディビジョンAPOELニコシア所属。ポジションディフェンダーで、主に左サイドバックを務める。左サイドハーフとしてミッドフィールダーで起用されることもある。

サッカーノルウェー代表の最多出場記録の保持者である。実弟のビヨルン・ヘルゲ・リーセもサッカー選手である。

来歴[編集]

リヴァプールでプレーするリーセ (2007年)
ローマでのリーセ (2008年)

地元のオーレスンFKでキャリアをスタートさせた。デビューして間もない1998年フランスASモナコに引き抜かれた。モナには3シーズン在籍。3シーズン目の1999-00シーズンにはリーグ優勝に大きく貢献し、2001年7月1日リヴァプールFCへ移籍した。

リヴァプールに移籍後、当時の監督ジェラール・ウリエと起用法をめぐって対立。出場機会に恵まれない不遇の日々を過ごした。 しかし、2004年に監督がラファエル・ベニテスに代わるとすぐにレギュラーとして活躍。2004-05シーズンには、ハリー・キューウェルの長期離脱のため左サイドハーフを任され、9ゴールを記録。UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05決勝でも左サイドハーフとして先発出場。決勝はACミランを相手に3点のビハインドを追いついての劇的なPK戦勝利で、この大会の優勝に大きく貢献した。

その後、2006年バレンシアCFから移籍してきたファビオ・アウレリオにレギュラーを奪われたことや後述のオウンゴールから、2008年6月18日に移籍金500万ユーロでイタリアASローマへ移籍。移籍当初はイタリアサッカーに慣れず苦しんだが、徐々に適応しレギュラーを獲得。2009年3月1日インテル戦で移籍後初ゴールを記録。3月11日UEFAチャンピオンズリーグ 2008-09決勝トーナメント1回戦のアーセナルFC戦では負傷したフアンの代わりに急遽CBに入り見事に穴を埋めて見せるなど攻守に活躍し、この試合のマンオブザマッチに選ばれた(ただしローマはPK戦の末敗退)。

2011年7月6日に3年契約でフラムFCに移籍。イングランドには3シーズンぶりの復帰となる。なお、これによって弟ビヨルンと同じチームに所属することとなった。

2013年5月6日に代表引退を表明した[1]

2014年9月1日APOELニコシアに加入した[2]

エピソード[編集]

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05の準決勝でチェルシーFCを破った試合終了後、興奮の絶頂にあったリーセは、突然着ていたユニフォームを脱ぎだし、パンツまで脱ごうとしていたところをリバプールの関係者に取り押さえられた。冷静さを取り戻した本人はこの出来事を「危なかった。」と振り返っている。ただし、この試合に限らず、自らがゴールするとユニホームを脱いで喜びを露わにする癖がある。
  • 赤毛のため、リヴァプール移籍直後は「ジンジャー」というニックネームを付けられたが、本人曰く「ノルウェーではこれくらいの赤毛は全く珍しくないので、何故自分が『ジンジャー』と呼ばれているのか分からなかった」とのこと。
  • 2006-07シーズンのコミュニティ・シールドでは、対戦相手チェルシーのCKのこぼれ球を拾い、自陣の深い位置から1人でドリブルで攻め上がり、得意のミドルシュートで先制ゴールを決めた。
  • UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07決勝トーナメント1回戦のFCバルセロナ戦前日に、1週間ほど前の合宿の打ち上げパーティで「カラオケを歌わなかった」という理由で、クレイグ・ベラミーゴルフクラブで足を殴られたとイギリス各紙で報道された。しかしその翌日の試合で、殴った張本人のベラミーからのパスを受け、2点目のゴール決め、勝利に貢献している。
  • UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08準決勝1stleg、ホームでのチェルシー戦では1-0とリードした後半ロスタイムに、相手のクロスをクリアしようとしてダイビングヘッドをするもオウンゴールとなってしまい、引き分けに終わる。結局アウェーでは延長戦の末1点差で敗れ、リヴァプール敗退の戦犯となってしまった。
  • リヴァプール時代のチームメイトで、同クラブのキャプテンであるスティーヴン・ジェラードを尊敬している。
  • 2009年10月22日UEFAヨーロッパリーグ・グループリーグのフラム戦では弟のビヨルンとともに揃って先発出場を果たした。
  • UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11決勝トーナメント1回戦1stleg、ホームでのFCシャフタール・ドネツク戦で、自陣左サイドにおいて体勢を崩して転倒した隙に相手にボールを奪われてそのまま失点。結局チームは2-3で敗れ、敵地での2ndlegでも0-2で敗戦し準々決勝進出を逃してしまった[3]

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

モナコの旗 ASモナコ
イングランドの旗 リヴァプールFC

個人[編集]

脚注[編集]