ウェンブリー・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェンブリー・スタジアム
Wembley Stadium
"The Venue of Legends"
Wembley Stadium
施設情報
所在地 Empire Way, Wembley, Middlesex. HA9 0DS
位置 北緯51度33分21秒
西経0度16分47秒
座標: 北緯51度33分21秒 西経0度16分47秒
起工 2002年9月30日
開場 2007年
所有者 フットボール・アソシエーション(FA)
運用者 ウェンブリー・ナショナル・スタジアム・リミテッド
グラウンド デッソ・グラスマスター
ピッチサイズ 105 x 68 m
建設費 7億9800万£[1]
設計者 フォスター・アンド・パートナーズ
POPULOUS, ナサニエル・リッチフィールド・アンド・パートナーズ (計画コンサルタント)[2]
プロジェクトマネージャ Symonds[3]
サービスエンジニア Mott MacDonald[3]
総合建設者 Multiplex Constructions (UK) Ltd[3]
使用チーム、大会
サッカーイングランド代表 (2007-present)
FAカップ決勝戦 (2007-present)
フットボールリーグカップ決勝戦 (2008-present)
FAコミュニティ・シールド (2007-present)
オリンピックサッカー競技 (2012)
収容能力
90,000 (all seated)
(最多:89,874 (ポーツマス-カーディフ・シティ, 2008FA杯決勝))

ウェンブリー・スタジアムWembley Stadium)は、イングランドロンドン北西部のブレント特別区、ウェンブリーにある多目的スタジアムである。

概要[編集]

サッカー誕生の地、イングランドの総本山ということから、「サッカーの聖地」と呼ばれる。このスタジアムの所有権は、フットボール・アソシエーション(FA)の子会社であるウェンブリー・ナショナル・スタジアム・リミテッドにあり、主にサッカーイングランド代表チームの公式戦、あるいはFA主催のクラブチームの主要公式戦であるFAカップやその決勝戦などが行われる。また、音楽のコンサートやサッカー以外のスポーツ大会の会場としても使用される。

90,000のキャパシティは、スペインバルセロナカンプ・ノウについでヨーロッパ第二位の大きさであり、屋根のついたスタジアムとしては世界最大である。またその建設費はスタジアム史上最大で、7億9800万ポンドとも言われ、完成後は旧ウェンブリーと区別するために、「ニュー・ウェンブリー・スタジアム」とも呼ばれた。

この新スタジアムはかつてのウェンブリー・スタジアムを解体してその地に建設されたもので、2003年に着工し、当初予定していた2006年前期の完成が工事の遅れなどを理由に間に合わなくなり、2007年3月10日になってようやく改修工事が完了した。フルオープンは5月19日FAカップ決勝戦だった。

改修前のウェンブリーのシンボルでもあったツインタワーは姿を消し、今ではスタジアム上部のアーチがシンボルとなっている。また今回の改修により、前代のスタジアムにあった陸上競技ドッグレース用のトラックは撤去され、当該箇所にも個別座席が設置されたため球技専用スタジアムとなった。

2011年にはUEFAチャンピオンズリーグ 2010-11の決勝戦が行われたほか、2012年ロンドン五輪では、サッカーの決勝戦が開催された。また、2013年5月25日にはUEFAチャンピオンズリーグ 2012-13の決勝戦が開催された。前回の決勝戦開催からわずか2年という異例の短い間隔で再び開催されたが、開催背景としてFA創設150周年を記念する為である。

サッカー以外のイベントの利用[編集]

サッカー以外ではラグビーリーグのチャレンジカップの決勝、ラグビーユニオンでは2015 ラグビーワールドカップの2試合、アメリカンフットボールでは2007年から毎年NFLインターナショナル・シリーズが開催されている。

コンサートとしては2007年のコンサート・フォー・ダイアナLive Earthをはじめ、ジョージ・マイケルミューズマドンナオアシスフーファイターズU2コールドプレイペット・ショップ・ボーイズテイク・ザットロビー・ウィリアムズワン・ダイレクションなどの単独ライブ、毎年キャピタルFM主催の夏フェス『Summertime Ball』が行われている。

ボクシングでは2014年5月31日にIBFWBA世界スーパーミドル級選手権『カール・フローチVSジョージ・グローブス』の試合が予定されている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

開催イベントとテナント
先代:
ミレニアム・スタジアム
カーディフ
FAカップ
決勝戦会場

2007-
次代:
-
先代:
サンティアゴ・ベルナベウ
マドリード
UEFAチャンピオンズリーグ
決勝戦会場

2011
次代:
フースバル・アレーナ・ミュンヘン
ミュンヘン
先代:
国家体育場
北京
オリンピックサッカー競技
決勝戦会場

2012
次代:
エスタジオ・ド・マラカナン
リオデジャネイロ
先代:
フースバル・アレーナ・ミュンヘン
ミュンヘン
UEFAチャンピオンズリーグ
決勝戦会場

2013
次代:
エスタディオ・ダ・ルス
リスボン