ロベルト・ロセッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロベルト・ロセッティ
Roberto Rosetti 2009 FIFA CWC.jpg
個人情報
フルネーム Roberto Rosetti
誕生日 1967年9月18日(46歳)
出身地 イタリアの旗 イタリア
ペチェット・トリネーゼ
国内
リーグ 役割
1994–1997
1997–現在
セリエC
セリエAおよびB
審判員
審判員
国際
リーグ 役割
2002–現在 FIFAおよびUEFA 審判員

ロベルト・ロセッティ(Roberto Rosetti, 1967年9月18日 - )は、イタリアペチェット・トリネーゼ出身のサッカー審判員である。

イタリア語英語フランス語を話すことができる。対話型の審判として知られ、試合の序盤では笛を吹くたびに選手に声をかけて判断基準を示す[1]。イタリア北部のクラブであるインテルACミランに甘いとして、中部のクラブであるASローマフィオレンティーナのファンから批判されることがある[1]

経歴[編集]

セリエC、セリエBの審判を経て、1998年4月19日にナポリサンプドリア戦でセリエAデビュー。2006年から2009年まで4年連続でセリエA最優秀審判賞を受賞している。受賞回数はピエルルイジ・コリーナの7回に次いで2位である。

2002年1月11日にチュニジアカメルーン戦で国際大会デビューし、その後FIFAコンフェデレーションズカップFIFAワールドカップUEFAチャンピオンズリーグUEFA欧州選手権FIFAクラブワールドカップなど数多くの国際大会で主審を務めている。

2009年には、ベルギーで製作されたドキュメンタリー映画、「レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏」に出演した[2]

2010 FIFAワールドカップ、決勝トーナメント1回戦、アルゼンチンメキシコ戦でオフサイドであったカルロス・テベスのゴールを認める誤審をしてしまい、FIFAのゼップ・ブラッター会長がメキシコに陳謝することとなった[3]。帰国の途についた彼はその後現役を引退しセリエBで後進の指導にあたることを明らかにしている[3]

2006 FIFAワールドカップ[編集]

ドイツW杯では、グループリーグ3試合と決勝トーナメント1試合で笛を吹いた。

UEFA欧州選手権2008[編集]

UEFA欧州選手権2008では、グループリーグ2試合と決勝トーナメント2試合で笛を吹いた。

2010 FIFAワールドカップ[編集]

南アフリカW杯では、グループリーグ1試合と決勝トーナメント1試合で笛を吹いた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b footballista、ソルメディア、2010年6月24日号、26頁
  2. ^ 映画『レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏』公式サイト
  3. ^ a b テベスのオフサイド見逃した「誤審」レフェリーが引退”. 産経新聞 (2010年7月9日). 2010年7月10日閲覧。