オラシオ・エリソンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オラシオ・エリソンド
個人情報
フルネーム Horacio Marcelo Elizondo
誕生日 1963年11月4日(51歳)
出身地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン キルメス
他職業 教師
国内
リーグ 役割
1992 - 2009 プリメーラ・ディビシオン 主審
国際
リーグ 役割
1996 - 2006 FIFA選出 主審

オラシオ・マルセロ・エリソンドHoracio Marcelo Elizondo1963年11月4日 - )は、アルゼンチンキルメス出身のサッカー審判員である。本業は教師体育)。

経歴[編集]

1996年W杯南米予選のエクアドルコロンビア戦で国際試合デビュー。以後、2004年アテネ五輪でも主審を務めるなど、国際試合を担当する。

2006年W杯では、開幕戦と決勝戦を含む5試合の主審を任された。アルゼンチン人として初めてW杯決勝戦の主審を務め、また、開幕戦と決勝戦を同一主審が裁くのもW杯史上初めてであった。グループリーグの韓国スイス戦におけるスイスの2点目のゴールでは、副審がオフサイドの旗を上げたが韓国選手の足に当たったと判断し、ゴールを認めた。しかしこの判定は韓国国内で物議を醸し、同国からのFIFA公式サイトへのアクセスが一時禁止となった[要出典]。また、準々決勝イングランドポルトガルでは後半17分にイングランドのウェイン・ルーニーによる報復行為を見逃さず、一発退場にした。そしてフランスイタリアで争われた決勝戦ではジネディーヌ・ジダンの暴行を察知しレッドカードを差し出した。ちなみにエリソンドはこの時に第4の審判からの指摘があったと語っている。

大会後、国際審判から退いた[要出典]

1999年にはNHKでエリソンドを題材にしたドキュメンタリー「レッドカードに命をかけて」が放送された。[要出典]

主な担当試合[編集]

エクアドルコロンビア(南米予選)
ドイツコスタリカグループリーグ、開幕戦)
チェコガーナ(グループリーグ)
スイス韓国(グループリーグ)
イングランドポルトガル準々決勝
イタリアフランス決勝

外部リンク[編集]