1994 FIFAワールドカップ・決勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1994 FIFAワールドカップ・決勝
大会名 1994 FIFAワールドカップ
PK戦3-2でブラジルの勝利
開催日 1994年7月17日
会場 ローズボウル(パサデナ)
主審 ハンガリーの旗 プル・シャーンドル
観客数 94,194人
1990
1998

1994 FIFAワールドカップ・決勝は、1994年7月17日に、アメリカ合衆国ロサンゼルス郊外のパサデナにあるローズボウルで行われた、第15回目のFIFAワールドカップの決勝である。

決勝への道のり[編集]

ブラジル[編集]

ブラジルはグループリーグでグループBに振り分けられ、ロシアカメルーンスウェーデンの各チームと対戦した。ブラジルはロシアを2-0で、カメルーンを3-0で下し、最終戦のスウェーデン戦(1-1の引分)を待たずに決勝トーナメント進出を決めた。

決勝トーナメント初戦ではグループAを3位で勝ち上がった開催国のアメリカ合衆国と対戦し、レオナルドが相手選手への肘打ちにより一発退場になるもののベベットの得点により1-0で勝利。準々決勝ではアイルランドを下して勝ち上がったオランダと対戦。ロマーリオとベベットのゴールにより2点を先取するものの同点に追いつかれ、最後はブランコが30メートル以上のFKを直接ゴールし、W杯で一度も勝ったことがなかったオランダに勝利した。

準決勝はスウェーデンとの対戦となった。序盤から試合を優位に進めるもなかなか得点が奪えない展開が続いたが、後半35分にロマーリオが決勝点を奪い、1-0で決勝進出を決めた。

イタリア[編集]

イタリアはグループリーグでグループEに振り分けられ、アイルランドノルウェーメキシコの各チームと対戦した。グループリーグではエースのロベルト・バッジョの調子が上がらず、初戦のアイルランド戦をいきなり0-1で落としてしまった。ノルウェー戦では同姓のディノ・バッジョが値千金の決勝ゴールを上げて勝利したものの、守備の要で主将のフランコ・バレージが膝を痛めて離脱してしまう。最終戦のメキシコ戦も勝ち切ることができず、結局グループリーグは3位に滑り込んでの通過となった。

決勝トーナメント初戦では、グループDを1位で勝ち上がったナイジェリアと対戦した。前半25分に先制され、さらに途中出場となったジャンフランコ・ゾラが不可解な判定で1発退場となり、非常に苦しい展開となる。イタリアの敗退が濃厚となった後半43分、グループリーグで無得点のロベルト・バッジョがついに得点して延長戦に持ち込み、延長前半10分にPKをロベルト・バッジョが決めて2-1で何とか勝利した。調子を上げてきたロベルトと今大会でシンデレラ・ボーイとなったディノの両バッジョによる得点でスペインブルガリアをともに2-1で下し、満身創痍ながらも何とか決勝に進出した。

試合展開[編集]

怪我で戦線を離脱していたバレージが奇跡的な回復をとげ、決勝のピッチに帰ってきた。ただし、イタリアはスペイン戦で肘打ちにより8試合の出場停止の処分が下されたマウロ・タソッティと準決勝までの累積警告により出場停止となったアレッサンドロ・コスタクルタを欠いて戦わざるを得なくなった。 一方、ブラジルは国内で戦術が守備的であるとの批判もあったが、レオナルドの出場停止以外はほぼ順調に勝ち進んできた。

試合はブラジルが優位に進めるものの、バレージを中心としたイタリアの守備をなかなか崩せず、結局スコアレスのまま、そして決勝としては史上初のPK戦にまでもつれ込む。両チームのキッカーとも1人目は失敗し、2・3人目は成功する。4人目はイタリアのマッサーロが失敗し、ブラジルのドゥンガは成功する。迎えた5人目、イタリアのロベルト・バッジョが蹴ったボールは大きくゴールマウスの上に外れ、ブラジルが6大会ぶりの、大会史上単独最多となる4回目の優勝を果たした。

サッカーの本場であるヨーロッパのゴールデンタイムに合わせて真夏の昼間に試合が開催されたことと、国土の広いアメリカ合衆国における移動距離が大きいことで選手のコンディション不良が指摘され、疲労が蓄積した状態で臨んだ決勝戦は消耗戦の様相を呈していた。

試合結果[編集]

1994年7月17日
12:30
ブラジル ブラジルの旗 0 - 0
(延長)
イタリアの旗 イタリア ローズボウルパサデナ
観客数: 94,194人
主審: ハンガリーの旗 プル・シャーンドル
レポート
    PK戦  
マルシオ・サントス ミス
ロマーリオ 成功
ブランコ 成功
ドゥンガ 成功
3 - 2 ミス バレージ
成功 アルベルティーニ
成功 エヴァーニ
ミス マッサーロ
ミス R.バッジョ
 
ブラジル
イタリア
ブラジルの旗
ブラジル:
GK 1 クラウディオ・タファレル
RB 2 ジョルジーニョ 21分に交代退場 21分
CB 13 アウダイール
CB 15 マルシオ・サントス
LB 6 ブランコ
DM 5 マウロ・シルバ
DM 8 ドゥンガ (キャプテン)
AM 17 マジーニョ 4分に警告 4分
AM 9 ジーニョ 106分に交代退場 106分
CF 11 ロマーリオ
CF 7 ベベット
選手交代:
DF 14 カフー 87分に警告 87分 21分に交代出場 21分
FW 21 ヴィオラ 106分に交代出場 106分
監督:
ブラジルの旗 カルロス・アルベルト・パレイラ
BRA-ITA 1994-07-17.svg
イタリアの旗
イタリア:
GK 1 ジャンルカ・パリュウカ
RB 8 ロベルト・ムッシ 35分に交代退場 35分
CB 6 フランコ・バレージ (キャプテン)
CB 5 パオロ・マルディーニ
LB 3 アントニオ・ベナリーヴォ
RM 14 ニコラ・ベルティ
CM 13 ディノ・バッジョ 95分に交代退場 95分
CM 11 デメトリオ・アルベルティーニ 42分に警告 42分
LM 16 ロベルト・ドナドーニ
CF 10 ロベルト・バッジョ
CF 19 ダニエレ・マッサーロ
選手交代:
DF 2 ルイジ・アポローニ 41分に警告 41分 35分に交代出場 35分
MF 17 アルベリゴ・エヴァーニ 95分に交代出場 95分
監督:
イタリアの旗 アリゴ・サッキ

副審:
パラグアイの旗 ベナンシオ・サラテ
イランの旗 モハンマド・ファナエイ
第4の審判:
アルゼンチンの旗 フランシスコ・オスカル・ラモリナ

試合方式

  • 試合時間90分(前後半45分)
  • 延長戦の場合は30分(前後半15分)
  • 同点の場合はPK戦
  • 選手交代は2人まで(GKに限りもう1人交代できる)
 1994 FIFAワールドカップ優勝国 

ブラジル
6大会ぶり4回目