ジャック・テイラー (サッカー審判員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・テイラー
個人情報
フルネーム John Keith Taylor
誕生日 1930年4月21日
出身地 イングランドの旗 イングランド
ウェスト・ミッドランズウルヴァーハンプトン
死没日 2012年7月27日(満82歳没)
死没地 イングランドの旗 イングランド
ウェスト・ミッドランズシュロップシャー
他職業 精肉業
国内
リーグ 役割
?-? フットボールリーグ 審判員
国際
リーグ 役割
1963-1977 FIFA選出 審判員

ジョン・キース・ジャック・テイラー(John Keith "Jack" Taylor, 1930年4月21日 - 2012年7月27日)はイングランド出身の元サッカー審判員である。

概要[編集]

1963年FIFAのライセンスを取得し1977年までFIFA国際審判員として活動していた[1]。副業は精肉業。33年間に渡って1000試合以上の主審を務め、60カ国の国において100試合以上の国際試合主審を務めた[2]。主に国内リーグのフットボールリーグで主審を務めた他、UEFAチャンピオンズカップでも主審を務め、1970-71シーズン決勝では主審も務めた。1970 FIFAワールドカップで主審を務めた他、1974 FIFAワールドカップでは決勝戦の審判も務めた。この時は前半の30分で2回のPKを宣告している。自身の精肉店を閉店した後はブラジルで2年間審判を務め、その後も南アフリカ共和国サウジアラビアでレフェリングコーチを務めた。1999年にはFIFA殿堂入りを果たした。

2012年7月27日、ウェスト・ミッドランズシュロップシャーの自宅で死去[3]。82歳没。

担当した主な国際大会[編集]

1966 FIFAワールドカップ[編集]

1966 FIFAワールドカップでは2試合で線審を担当した。

1970 FIFAワールドカップ[編集]

1970 FIFAワールドカップでは1試合で審判を担当した。

1974 FIFAワールドカップ[編集]

1974 FIFAワールドカップでは3試合で審判を担当した。

脚注[編集]

  1. ^ Jack Taylor worldreferee.com、2012年5月5日閲覧。
  2. ^ World Cup Final 'changed my life' bbc.co.uk、2006年7月6日掲載、2012年5月5日閲覧。
  3. ^ Football mourns legendary referee Taylor FIFA.com 2012年7月28日閲覧

外部リンク[編集]