2006 FIFAワールドカップ・決勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2006 FIFAワールドカップ・決勝
大会名 2006 FIFAワールドカップ
PK戦5-3でイタリアの勝利
開催日 2006年7月9日
会場 オリンピアシュタディオン(ベルリン)
最優秀選手 イタリアの旗 アンドレア・ピルロ
主審 アルゼンチンの旗 オラシオ・エリソンド
観客数 69,000人

2006 FIFAワールドカップ・決勝は、2006年7月9日ベルリン・オリンピアシュタディオンで行われた、第18回目のFIFAワールドカップの決勝である。

背景[編集]

同年のトリノオリンピックの開催国でもあり、準決勝でドイツを破ったイタリアと、ジダンのPKによる決勝点でポルトガルを破ったフランスが対戦した。イタリアが勝てば1982年スペイン大会以来6大会ぶり4度目の優勝、フランスが勝てば自国開催の1998年フランス大会以来2大会ぶり2度目の優勝がかかっていた。

ヨーロッパ勢同士の決勝の顔合わせはイタリア優勝時の1982年大会以来(このときの相手は西ドイツ)、また、決勝にブラジルとドイツ(西ドイツ)がどちらも勝ち残れなかったのは1978年アルゼンチン大会(このときの決勝の顔合わせはアルゼンチンオランダ)以来で、第二次大戦後では2回目のこととなった。

試合結果[編集]

概要[編集]

試合は序盤に動きを見せた。前半7分、フランスがPKを得ると、ここまでチームを決勝に導き、自らもこの試合を現役最後の試合と決めていたジネディーヌ・ジダンが決めて先制。その12分後、今度はアンドレア・ピルロの放ったコーナーキックにマルコ・マテラッツィが合わせてイタリアが同点に追いつく。しかし試合はここから一転して膠着状態に陥り、両チームともチャンスを作るも決めきれない場面が続く。35分にルカ・トーニが放ったシュートはクロスバーにはじかれて、折り返しのヘッドはオフサイドの判定で得点ならず。一方フランスもフローラン・マルダがペナルティボックス内でジャンルカ・ザンブロッタに倒されたように見えたシーンもPKの判定とはならなかった。試合はフランスがイタリアの倍近いシュートを放つも、「カテナチオ」と呼ばれたイタリアの鉄壁の守備に阻まれ、90分戦っても決着がつかず、ワールドカップ決勝史上5度目の延長戦に突入した。

この試合の延長後半5分に事件が起きる。イタリアのマテラッツィがフランスのジダンに激しく詰め寄り、ユニフォームの胸ぐらをつかんで二言三言暴言を吐くと、これに激昂したジダンがマテラッツィに頭突きを浴びせる。この行為によりジダンは一発退場となって極めて不本意な形で現役最後の試合のピッチを去ることとなり、フランスは一人少ない戦いを強いられることとなった。チーム内でリーダーシップを発揮していたジダンが激昂するほどの暴言だったと推測されることから、この一連の事件は大会終了後に様々な物議を醸した。

一人少なくなったフランスは残りの10分間を何とかしのぎきり、試合は1994年アメリカ大会以来、ワールドカップ決勝史上2度目のPK戦による決着となった。フランスは2人目のダビド・トレゼゲがクロスバーに当ててPKを外し、対するイタリアは5人全員がPKを決め、決勝のPK戦でブラジルの前に涙を呑んだアメリカ大会の借りを返したのだった。

試合データ[編集]

2006年7月9日
20:00
イタリア イタリアの旗 1 - 1
(延長)
フランスの旗 フランス オリンピアシュタディオンベルリン
観客数: 69,000人
主審: アルゼンチンの旗 オラシオ・エリソンド
マテラッツィ 19分にゴール 19分 レポート ジダン 7分にゴール 7分 (PK)
    PK戦  
マテラッツィ 成功
ピルロ 成功
デ・ロッシ 成功
デル・ピエロ 成功
グロッソ 成功
5 - 3 成功 ヴィルトール
ミス(hit crossbar) トレゼゲ
成功 アビダル
成功 サニョル
 
イタリア
フランス
イタリアの旗
イタリア:
GK 1 ジャンルイジ・ブッフォン
DF 19 ジャンルカ・ザンブロッタ 5分に警告 5分
DF 5 ファビオ・カンナバーロ (c)
DF 23 マルコ・マテラッツィ
DF 3 ファビオ・グロッソ
MF 8 ジェンナロ・ガットゥーゾ
MF 21 アンドレア・ピルロ
MF 16 マウロ・カモラネージ 86分に交代退場 86分
MF 20 シモーネ・ペッロッタ
FW 10 フランチェスコ・トッティ 61分に交代退場 61分
FW 9 ルカ・トーニ 61分に交代退場 61分
選手交代:
MF 4 ダニエレ・デ・ロッシ 61分に交代出場 61分
FW 15 ヴィンチェンツォ・イアクインタ 61分に交代出場 61分
FW 7 アレッサンドロ・デル・ピエロ 86分に交代出場 86分
監督:
イタリアの旗 マルチェロ・リッピ
Italy-France line-up.svg
フランスの旗
フランス:
GK 16 ファビアン・バルテズ
DF 19 ウィリー・サニョル 12分に警告 12分
DF 15 リリアン・テュラム
DF 5 ウィリアム・ギャラス
DF 3 エリック・アビダル 56分に交代退場 56分
MF 4 パトリック・ヴィエラ
MF 6 クロード・マケレレ 76分に警告 76分
MF 22 フランク・リベリー 100分に交代退場 100分
MF 10 ジネディーヌ・ジダン (c) 110分に退場110分
MF 7 フローラン・マルダ 111分に警告 111分
FW 12 ティエリ・アンリ
選手交代:
MF 18 アルー・ディアラ 56分に交代出場 56分
FW 20 ダヴィド・トレゼゲ 100分に交代出場 100分
監督:
フランスの旗 レイモン・ドメネク

マン・オブ・ザ・マッチ:
イタリアの旗 アンドレア・ピルロ

副審:
アルゼンチンの旗 ダリオ・ガルシア
アルゼンチンの旗 ロドルフォ・オテロ
第4の審判:
スペインの旗 ルイス・メディナ・カンタレホ
第5の審判:
スペインの旗 ビクトリアーノ・ヒラルデス・カラスコ

イタリアの旗 イタリア フランスの旗 フランス
得点 1 1
シュート数 5 13
枠内シュート数 3 5
ボール支配率 55% 45%
コーナーキック 5 7
ファウル 17 24
オフサイド 4 2
イエローカード 1 3
レッドカード 0 1
 2006 FIFAワールドカップ優勝国 

イタリア
6大会ぶり4回目

その他のエピソード[編集]

  • この勝利がFIFAランキングに加算されたことによってイタリアは2007年2月にFIFAランキング1位を獲得することとなるが、これは同国にとって、1993年にFIFAランキングが創設されて初めてのことであった。
  • FIFAによると、この試合は全世界で7億1510万人が観戦したという。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]