2014 FIFAワールドカップ・予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

本項では2014 FIFAワールドカップ予選について述べる。

FIFAに加盟している208の国・地域(2011年時点)のうち、参加辞退のブータン・グアム・モーリタニア、国際サッカー連盟(FIFA)から資格停止処分を受けていた ブルネイを除く204の国・地域(開催国ブラジルを含む)がエントリーし(前回大会と同数)、後に棄権したモーリシャスを除いた参加国数の203は過去最多で、初めて200を上回った。 なお、シリアはアジア2次予選を勝ち抜いていたが、その後のアジア3次予選開始前に、出場資格のない選手を出場させていたとして失格になった。

本大会出場チームは32チーム。開催国のブラジルは予選を免除される。2006年大会および2010年大会と同様、前回優勝国の予選免除は行われない。よって31チームが予選により選出される。

予選形式[編集]

予選をよりよい時期に行えるようにするため、以前に比べ6ヶ月ほど早く抽選を行うものとされた。2011年7月30日ブラジルリオデジャネイロで抽選が行われた。[1]

大陸連盟別の出場枠は以下の通り[2]前回(2010年)大会の予選との違いは、開催国枠がアフリカから南米に移ったのみである[3]。UEFA・CAFは連盟内で予選が完結する一方、他の4連盟から進出した各1チームは大陸間プレーオフにより出場枠を競う。大陸間プレーオフの組み合わせは抽選によって決められる[3]

World Map FIFA2.svg
大陸連盟 参加チーム 本大会出場枠 予選開始日 予選終了日
アジア
(AFC
43 4.5 2011年6月29日 2013年9月10日
アフリカ
(CAF
52 5 2011年11月11日 2013年11月19日
北中米カリブ海
(CONCACAF
35 3.5 2011年6月15日 2013年10月15日
南米
(CONMEBOL
9+1 4.5+1 2011年10月7日 2013年10月15日
オセアニア
(OFC
11 0.5 2011年11月22日 2013年3月26日
欧州
(UEFA
53 13 2012年9月7日 2013年11月19日
合計 203+1 31+1 2011年6月15日 2013年11月19日

※南米の「+1」は開催国枠(ブラジル

アジア予選[編集]

AFC出場枠 : 4.5

当初アジアサッカー連盟(AFC)は「予選は前大会と同じ方式を採用する」と表明していたものの、その後「2010年大会が終了するまで方式は正式決定できない」こと、および「2011年半ば以降に予選を実施する」ことを告知した[4]

最終的に1次予選と2次予選は前回と少し方法を変え、1次予選にはランキング下位16チームが、2次予選には1次予選を勝ち抜いたチームと3次予選にシードされた5チーム以外が参加する形となった。1次予選、2次予選の組み合わせ抽選は2011年3月30日マレーシアクアラルンプールで行われた[5]。3次予選以降は前回と同様で、3次予選はシード5チームと2次予選勝者15チームの計20チームを5組に分け、各組上位2チームが4次予選(最終予選)に進出。4次予選は3次予選通過10チームを2組に分け、各組上位2チームが本大会出場権を獲得。各組3位チーム同士で5次予選(プレーオフ)を行い、勝者が大陸間プレーオフに進出する。

本大会出場決定チーム
大陸間プレーオフ進出チーム
  • ヨルダンの旗 ヨルダン(B組3位)
    • 大陸間プレーオフで敗退(詳細は後述)。

アフリカ予選[編集]

CAF出場枠 : 5

予選形式は2010年大会予選のものから大幅に変更された。まずFIFAランキング下位チームによる1次予選を行い、2次予選は1次予選勝者12チームとシードの28チームが4チームずつ10組に分かれてグループリーグを行う。2次予選1位の10チームが3次予選(最終予選)に進出し、10チームを5組に分けホーム・アンド・アウェーの一発勝負の方式で行い、その勝者が本大会出場権を獲得する。

本大会出場決定チーム

北中米カリブ海予選[編集]

CONCACAF出場枠 : 3.5

まず、FIFAランキング下位の10チームで予備予選を行い、その勝者5チームとランキング7位から25位までの19チームを4チームずつ6組に分け1次予選を行う。1次予選各組1位の6チームとランキング上位6チームの12チームを3組に分けて2次予選を行い、上位2チームが3次予選(最終予選)に進出。3次予選は6チーム総当たりで行い、上位3チームが本大会出場権を獲得。4位のチームは大陸間プレーオフに進出する。 なお、2010年5月北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)は予選方式の変更案として、「予備予選+3回のグループリーグ」の方式で行う方法を示した[6]。この場合最終予選は2組に分け、各組1位が本大会出場権獲得、2位同士でプレーオフを行い勝者が本大会出場権獲得、敗者が大陸間プレーオフ進出とされたが、この方法は用いられないこととなった。

本大会出場決定チーム
大陸間プレーオフ進出チーム
  • メキシコの旗 メキシコ(4位)
    • 大陸間プレーオフで勝利し本大会出場決定(詳細は後述)。

南米予選[編集]

CONMEBOL出場枠 : 4.5 + ブラジルの旗 ブラジル(開催国)

ブラジル以外の9チームによる総当たり戦を実施し、上位4チームが本大会出場権を獲得。5位のチームは大陸間プレーオフに出場する。

本大会出場決定チーム
大陸間プレーオフ進出チーム
  • ウルグアイの旗 ウルグアイ(5位)
    • 大陸間プレーオフで勝利し本大会出場決定(詳細は後述)。

オセアニア予選[編集]

OFC出場枠 : 0.5

当初、1次予選はニューカレドニアヌメアで行われる、2011 パシフィックゲームズが兼ねる[7][8]ものとされていたが、2011年6月に方式が変更され、別途試合を実施することとした[8]。 1次予選・2次予選はOFCネイションズカップ2012を兼ねる形となり、1次予選はその予選大会、2次予選は本大会との兼用となった。1次予選はランキング下位の4チームによる1回戦総当たりのリーグ戦で1位のチームが2次予選に進出。2次予選はシード7チームに1次予選1位のチームの8チームを2組に分け、上位2チームが3次予選に進出。3次予選は4チームがホーム・アンド・アウェーの総当たり戦を行い、1位のチームが大陸間プレーオフに進出する。

大陸間プレーオフ進出チーム

ヨーロッパ予選[編集]

UEFA出場枠 : 13

予選形式は2010年大会予選と同じで、9グループに分けての総当たり戦を行い、各グループ1位チームが本大会出場権を獲得、各グループ2位チーム(成績最下位の1チームを除いた8チーム)でプレーオフが行われる[9]。なお、2位チームの成績を比較する際、5チームの組と6チームの組があるため、6チームの組の場合は最下位の成績を除外した上でプレーオフ進出チームを決める。

本大会出場決定チーム

大陸間プレーオフ[編集]

アジア地区第5代表、北中米カリブ海地区第4代表、南米地区第5代表、オセアニア地区代表の4チームにより競われる。これら4チームの組み合わせの抽選も、上述の2011年7月30日の予選組み合わせ抽選会にて行われた[10]

本大会出場決定チーム

出典[編集]