1966 FIFAワールドカップ・予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1966 FIFAワールドカップ 地区予選は、69のナショナルチームがエントリーした。

本大会に出場できるのは16チームで、開催国のイングランドと前回優勝国のブラジルは予選を免除された。

出場枠[編集]

欧州
南米
北中米カリブ海
アフリカ
アジア
大洋州
開催国
前回優勝国
合計
本大会
出場枠
9
3
1
0.5
0.25
0.25
1
1
16

予選の方式[編集]

グループが大陸別に組んで、限られた上位のチームが本大会へ出場できる。それぞれグループの予選方法は以下の通りである。

ヨーロッパ予選
32チームが参加。1組3または4チームの編成で、全9組。各組1位チームが出場。
グループ1:ブルガリアベルギーイスラエル
グループ2:西ドイツスウェーデンキプロス
グループ3:フランスノルウェーユーゴスラビアルクセンブルク
グループ4:ポルトガルチェコスロバキアルーマニアトルコ
グループ5:スイス北アイルランドオランダアルバニア
グループ6:ハンガリー東ドイツオーストリア
グループ7:ソビエトウェールズギリシャデンマーク
グループ8:イタリアスコットランドポーランドフィンランド
グループ9:スペインアイルランドシリア
南米予選
9チームが参加。1組3チームの3組に分かれ、各組1位の3チームが出場。
グループ1:ウルグアイペルーベネズエラ
グループ2:チリエクアドルコロンビア
グループ3:アルゼンチンパラグアイボリビア
北中米カリブ海予選
9チームが参加。1次ラウンドは1組3チームの全3組に分かれ、各組1位の3チームが最終ラウンドに進出。最終ラウンドの1位が出場。
1次ラウンド
グループ1:メキシコアメリカホンジュラス
グループ2:ジャマイカオランダ領アンティルキューバ
グループ3:コスタリカオランダ領ギアナトリニダード・トバゴ
最終ラウンド:メキシコ、ジャマイカ、コスタリカ
アフリカ・アジア・オセアニア予選
19チームが参加。アフリカ地区では、1次ラウンドで1組2または3チームぼ全6組に分かれ、各組1位の6チームが2次ラウンドに進出する。2次ラウンドは各組2チームの全3組で行われ、各組1位の3チームが3次ラウンドに進出。3次ラウンドは3チーム総当りで、1位が最終予選に進出。アジア地区とオセアニア地区では1次ラウンドが合同で組まれて、4チーム総当りで、1位が最終予選に進出。そして最終ラウンドはアフリカ地区1位とアジア・オセアニア地区1位の2試合が組まれ、勝者が出場する。

しかし、割り当てられた出場枠への不満から3地区の連盟はFIFAに抗議するも却下された。その為、エントリーしていたアフリカサッカー連盟の全15チーム、南アフリカ(当時はオセアニアサッカー連盟所属)、韓国は予選を辞退した。日本は抗議の為に予選のエントリーすらせず、韓国に予選辞退を促し、韓国も同調した。

結局、この3地区で予選に参加したのは北朝鮮オーストラリアだけで、この2チームで最終予選が行われた。

出場国[編集]

ヨーロッパ

南米

北中米カリブ海

アジア・アフリカ・オセアニア