1966 FIFAワールドカップ・アフリカ・アジア・オセアニア予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1966 FIFAワールドカップ・アフリカ・アジア・オセアニア予選は、1965年に行われた1966 FIFAワールドカップイングランド大会のアフリカ・アジア・オセアニア予選である。本大会出場枠は1であり、予選に参加する国・地域はアフリカサッカー連盟所属の15チーム、アジアサッカー連盟所属の2チーム、オセアニアサッカー連盟所属の2チーム、合計19チームである。

予選方式[編集]

アフリカ地区とアジア・オセアニア地区に分かれて行われ、各地区予選1位が最終予選2試合を行い、勝利チームが本戦出場権を獲得する。

アフリカ地区予選

アフリカサッカー連盟所属の15チームがエントリー。

  • 一次予選
2チーム所属の4グループと3チーム所属の2グループの全6グループに分かれて行われる。各グループ1位の6チームが二次予選へと進出する。
  • 二次予選
各グループ2チームの全3グループに分かれて行われる。各グループ1位の3チームが三次予選へと進出する。
  • 三次予選
3チーム総当たりで行われ、1位が最終予選へと進出する。
アジア・オセアニア地区予選

アジアサッカー連盟、オセアニアサッカー連盟所属の4チームがエントリー。

  • 一次予選
4チーム総当たりで行われ、1位が最終予選へと進出する。
最終予選
アフリカ予選1位とアジア・オセアニア予選1位の2チームが2試合を行い、勝利チームが本戦出場権獲得。

アフリカ地区予選[編集]

一次予選[編集]

グループ1
グループ2
グループ3
グループ4
グループ5
グループ6


一次予選のグループ分けは以上のように決定されていたが、後述の理由によりアフリカ連盟所属の全15チームが棄権したため、アフリカ地区予選は実施されなかった。

アジア・オセアニア地区予選[編集]

一次予選[編集]

チーム 勝点 得点 失点
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 4 2 2 0 0 9 2 7
オーストラリアの旗 オーストラリア 0 2 0 0 2 2 9 -7

韓国の旗 韓国 南アフリカ共和国は棄権


1965年11月21日

朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 6 - 1 オーストラリアの旗 オーストラリア オリンピックスタジアムカンボジアプノンペン
観客数: 60,000人
主審: Patrick Nice(マレーシア)
朴斗翼 15分にゴール 15分
朴承振 54分にゴール 54分80分
任成輝 58分にゴール 58分
韓奉鎮 65分にゴール 65分88分
70分にゴール 70分 (pen.) Les Scheinflug

1965年11月24日

オーストラリアの旗 オーストラリア 1 - 3 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 オリンピックスタジアムカンボジアプノンペン
主審: AG de Silva (シンガポール)
Les Scheinflug 15分にゴール 15分 18分にゴール 18分75分 Kim Seung-Il
53分にゴール 53分 朴承振

アフリカ地区予選が実施されなかったため、アジア・オセアニア地区予選1位の北朝鮮が自動的に本大会出場権を獲得。

出場枠の問題と各国の棄権[編集]

出場枠は3地区で1つであり、その少なさに対し3地区の連盟はFIFAに対し抗議したが却下された。その為、アフリカ連盟所属の15チームと南アフリカ(当時はオセアニア連盟所属)、韓国は棄権した。また、日本は抗議の為にエントリーすらしなかった。

結局予選に参加したのは北朝鮮オーストラリアのみで、この2チーム間で最終予選が行われ、勝利した北朝鮮が本戦出場権を獲得した。