1970 FIFAワールドカップ・アジア・オセアニア予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1970 FIFAワールドカップ・アジア・オセアニア予選1970 FIFAワールドカップの出場権をかけてアジア・オセアニア地区で行われた予選である。アジアサッカー連盟オセアニアサッカー連盟より6チームが参加して行われた。

北朝鮮は2次予選から参加する予定だったが、2次予選で同組になったイスラエルとの対戦を拒否し参加を辞退した。予選は3つのラウンドに別れる。

  • 1次予選: イスラエル、ニュージーランド、ローデシアは2次予選から参加する。残りの3チーム、オーストラリア、日本、韓国は韓国を会場として2回戦総当り制で戦う。グループ1位が2次予選に進出する。
  • 2次予選: 4チームは2チームずつ2グループに別れ、2回戦総当り制で戦う。各グループの勝者が最終予選に進出する。
  • 最終予選: 参加2チームがホームアンドアウェー方式で戦う。勝者が本大会出場権を獲得する。

1次予選[編集]

順位 チーム
1  オーストラリア 6 4 2 2 0 7 4 3
2  韓国 4 4 1 2 1 6 5 1
3  日本 2 4 0 2 2 4 8 −4
1969年10月10日

オーストラリア  3 – 1  日本 ソウル
主審: マレーシアの旗 Nice
トム・マッコール 5分にゴール 5分
ジョン・ウォーレン 61分にゴール 61分
レイ・バーツ 68分にゴール 68分
レポート(JFA) 11分にゴール 11分 渡辺正

1969年10月12日

韓国  2 – 2  日本 ソウル
主審: 中華人民共和国の旗 Cheung Tang-Sun
金基福 8分にゴール 8分
朴秀一 39分にゴール 39分
レポート(JFA) 33分にゴール 33分 宮本輝紀
50分にゴール 50分 桑原楽之

1969年10月14日

韓国  1 – 2  オーストラリア ソウル
主審: シンガポールの旗 Suppiah
Lee Lee-Woo 45分にゴール 45分 37分にゴール 37分 Watkiss
82分にゴール 82分 トム・マッコール

1969年10月16日

オーストラリア  1 – 1  日本 ソウル
主審: タイ王国の旗 Suvaree
トム・マッコール 39分にゴール 39分 レポート(JFA) 4分にゴール 4分 宮本輝紀

1969年10月18日

韓国  2 – 0  日本 ソウル
主審: 香港の旗 Lee Kan Chi
鄭康芝 16分にゴール 16分40分 レポート(JFA)

1969年10月20日

韓国  1 – 1  オーストラリア ソウル
主審: マレーシアの旗 Nice
朴秀一 29分にゴール 29分 58分にゴール 58分 レイ・バーツ

オーストラリアが2次予選に進出。

2次予選[編集]

グループ1[編集]

順位 チーム
1=  オーストラリア 2 2 0 2 0 1 1 0
1=  ローデシア 2 2 0 2 0 1 1 0

2試合合計スコア1-1で並んだため、最終予選に進出するチームを決定するためプレーオフが開催された。

オーストラリアが最終予選に進出。

グループ2[編集]

順位 チーム
1  イスラエル 4 2 2 0 0 6 0 +6
2  ニュージーランド 0 2 0 0 2 0 6 −6
 北朝鮮 参加辞退

イスラエルが最終予選に進出。 北朝鮮はイスラエルとの試合を拒否[2]、参加を辞退した。

最終予選[編集]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
 イスラエル 2–1  オーストラリア 1–0 1–1

第1戦[編集]

1969年12月4日

イスラエル  1 – 0  オーストラリア ラマト・ガン・スタジアム, ラマト・ガン
主審: オーストリアの旗 Ferdinand Marschall
Spiegel 18分にゴール 18分

第2戦[編集]

1969年12月14日

オーストラリア  1 – 1  イスラエル シドニー・スポーツグラウンド, シドニー
主審: オーストリアの旗 Ferdinand Marschall
Watkiss 88分にゴール 88分 79分にゴール 79分 Spiegler

イスラエルが本大会出場権を獲得した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ローデシアのボイコットにより、2試合とも中立地で開催された。
  2. ^ Fifa.com: preliminairies 1970

外部リンク[編集]