サッカーニュージーランド代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッカーニュージーランド代表
国または地域 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
協会 ニュージーランドフットボール株式会社
愛称 All Whites
監督 リッキー・ハーバート
最多出場選手 イヴァン・ヴィセリッチ(73試合)
最多得点選手 w:Vaughan Coveny(30得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1922年6月17日オーストラリア
3-1
最大差勝利試合 1981年8月16日フィジー
13-0
最大差敗戦試合 1936年7月11日オーストラリア
0-10
FIFAワールドカップ
出場回数 2回(初出場は1982
最高成績 グループリーグ敗退 (2010)
OFCネイションズカップ
出場回数 7回
最高成績 優勝 (1973, 1998, 2002, 2008)

サッカーニュージーランド代表(New Zealand national soccer team)は、ニュージーランドフットボール株式会社によって編成されるサッカーのナショナルチームである。

概要[編集]

上下白のユニフォームのカラーからオールホワイツAll Whites)というニックネームで知られている。これは1982年FIFAワールドカップ・スペイン大会に出場した際に公募で付けられたもので、「オールホワイツ」という名はラグビーニュージーランド代表の愛称・オールブラックスに因んだものである。なお、大会ではスコットランドソ連ブラジルに3連敗を喫しグループ最下位で敗退している。

オールブラックスの愛称にあやかろうとした一件からも推察できるように、ニュージーランドではラグビークリケットの人気が圧倒的に高く、優秀な人材も殆どそちらへ流れるためサッカーはさほど盛んではない。代表メンバーも大半がアマチュアもしくはセミプロである。それでも長年に亘り大きな壁だったオーストラリアOFCを脱退した今、オセアニア地区では強豪国としての地位にある。

2010年FIFAワールドカップ・南アフリカ大会予選においてバーレーンとの大陸間プレーオフを1勝1分で制し、実に28年ぶりの本大会出場を決めた[1]。本大会ではグループリーグ3位で決勝トーナメント進出はならなかったものの、スロバキアイタリアパラグアイ相手に3引き分けで出場32ヶ国中唯一の無敗と前評判を大きく上回る結果を残した[2]

2014年FIFAワールドカップ・ブラジル大会予選においてメキシコとの大陸間プレーオフに出場したが、2敗で2大会連続本大会出場はならなかった。

成績[編集]

FIFAワールドカップ[編集]

  • 1930 - 不参加
  • 1934 - 不参加
  • 1938 - 不参加
  • 1950 - 不参加
  • 1954 - 不参加
  • 1958 - 不参加
  • 1962 - 不参加
  • 1966 - 不参加
  • 1970 - 予選敗退
  • 1974 - 予選敗退
  • 1978 - 予選敗退
  • 1982 - グループリーグ敗退(4位)
  • 1986 - 予選敗退
  • 1990 - 予選敗退
  • 1994 - 予選敗退
  • 1998 - 予選敗退
  • 2002 - 予選敗退
  • 2006 - 予選敗退
  • 2010 - グループリーグ敗退(3位)
  • 2014 - 予選敗退

FIFAコンフェデレーションズカップ[編集]

(出場した大会のみ表記)

  • 1999 - グループリーグ敗退
  • 2003 - グループリーグ敗退
  • 2009 - グループリーグ敗退

OFCネイションズカップ[編集]

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK
DF
MF
FW

脚注[編集]

  1. ^ オセアニア勢は大陸予選を勝ち上がっても、その後の大陸間プレーオフを勝ち抜かないと本戦出場権が与えられない状態が続いている。1982年スペイン大会においてのニュージーランドも、2006年ドイツ大会においてのオーストラリア(当時はOFC所属。2006年にAFC(アジア)に転籍したが、ワールドカップは予選開催時の状況からオセアニア代表扱いだった)も、それぞれ大陸間プレーオフを勝ち上がって本大会出場を決めている。なお他の年代別世界選手権大会についてはオセアニア代表は自動的に出場できる権利がある。
  2. ^ 同大会で優勝したスペインはグループリーグ初戦でスイスに敗れている。

外部リンク[編集]