サッカーペルー代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッカーペルー代表
国または地域 ペルーの旗 ペルー
協会 ペルーサッカー連盟
愛称 La blanquirroja
監督 ウルグアイの旗 パブロ・ベンゴエチェア
最多出場選手 ロベルト・パラシオス(127試合)
最多得点選手 テオフィロ・クビジャス(26得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1927年11月1日ウルグアイ
0-4
最大差勝利試合 1938年8月11日ボリビア
9-1
最大差敗戦試合 1997年6月26日ブラジル
0-7
FIFAワールドカップ
出場回数 4回(初出場は1930
最高成績 ベスト8 (1970, 1978)
コパ・アメリカ
出場回数 28回
最高成績 優勝 (1939,1975)

サッカーペルー代表西: Selección de fútbol del Perú)は、ペルーサッカー連盟(FPF)によって編成されるペルーサッカーのナショナルチームである。

歴史[編集]

第1回大会の出場国の中で最も長くFIFAワールドカップ本大会出場から遠ざかっていた国である。

その後、本大会に出場しなかったが、クビジャスを擁するなどして、1970年メキシコ大会に出場。グループリーグでは、初戦のブルガリアに3-1で勝利し、続くモロッコ戦で3-0で勝利する。西ドイツには負けたがグループリーグを2位で突破し決勝トーナメントに進出するも、ブラジル戦で2-4で敗戦し、ベスト8という成績で大会を去った。

1978年大会でも一次リーグを1位で突破し、8強入り。

1986年大会の予選では優勝したアルゼンチンに1勝1分だったが、コロンビアに1敗1分だったのが響いてグループ一位突破を逃すと、プレーオフでも一次ラウンドでチリに連敗して敗退した。

成績[編集]

FIFAワールドカップ[編集]

  • 1978 - 2次リーグ敗退
  • 1982 - 1次リーグ敗退
  • 1986 - 予選敗退
  • 1990 - 予選敗退
  • 1994 - 予選敗退
  • 1998 - 予選敗退
  • 2002 - 予選敗退
  • 2006 - 予選敗退
  • 2010 - 予選敗退
  • 2014 - 予選敗退


コパ・アメリカ[編集]


通算記録[編集]

通算出場記録
名前 キャップ数 期間
1 ロベルト・パラシオス 122 1992-2009
2 エクトル・チュンピタス 105 1965-1981
3 ホルヘ・ソト 101 1992-2005
4 フアン・ホセ・ハヨ 97 1994-2008
5 ルベン・トリビオ・ディアス 89 1972-1985
ノルベルト・ソラーノ 1994-2009
7 フアン・レイノソ 84 1986-2000
8 ペルシー・オリバレス 83 1987-2001
9 ホセ・ベラスケス 82 1972-1985
10 テオフィロ・クビジャス 81 1968-1982
通算得点記録
名前 得点数 期間
1 テオフィロ・クビジャス 26 1968-1982
2 テオドロ・フェルナンデス 24 1935-1947
3 ノルベルト・ソラーノ 20 1994-2008
4 ロベルト・パラシオス 19 1992-2009
5 ウーゴ・ソティル 18 1970-1978
6 オスワルド・ラミレス 17 1969-1982
6 ホセ・パオロ・ゲレーロ 17 2004-
8 フランコ・ナバーロ 16 1980–1989
8 クラウディオ・ピサーロ 16 1999–
10 ペドロ・パブロ・レオン 15 1963–1973


歴代監督[編集]

選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

外部リンク[編集]