エクトル・チュンピタス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エクトル・チュンピタス Football pictogram.svg
名前
本名 エクトル・エドゥアルド・チュンピタス・ゴンサレス
愛称 El Capitán de America
ラテン文字 Héctor Eduardo Chumpitaz González
基本情報
国籍 ペルーの旗 ペルー
生年月日 1943年4月12日(71歳)
出身地 リマ県
選手情報
ポジション DF
代表歴
1965-1981 ペルーの旗 ペルー 105 (3)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

エクトル・チュンピタスHéctor Chumpitaz, 1943年4月12日 - )は、ペルー出身のサッカー選手テオフィロ・クビジャスウーゴ・ソティルらとともにペルーサッカー史に残る偉大な選手の一人として知られる。

2度のFIFAワールドカップや優勝した1975年コパ・アメリカでキャプテンを務め、ペルー代表で初めて代表100試合出場を果たした。国際サッカー歴史統計連盟からはダニエル・パサレラと並び20世紀における南米で35番目に偉大なサッカー選手に選ばれ[1]2011年にはコパ・アメリカの歴代ベストイレブンにも選ばれた[2]

経歴[編集]

クラブ[編集]

19歳の時にペルー2部リーグのクラブに加入し、1964年デポルティーボ・ムニシパルへ移籍し1部リーグデビューした。1966年ウニベルシタリオ・デポルテスへ移籍し、5度リーグ優勝を手にした。また、1972年にはペルーのクラブで初となるコパ・リベルタドーレス決勝に出場した。

1973年には、バルセロナで行われた欧州選抜対南米選抜の試合にキャプテンとして出場し、PK戦の末勝利。この試合によって、El Capitán de Americaという愛称がついた。

1975年にはメキシコのクラブであるCFアトラスへ移籍した。1977年には再びペルーへと戻り、スポルティング・クリスタルに加入。引退までに3度リーグを制した。1984年に現役を引退した。ペルーリーグでは通算456試合に出場して65得点を挙げ、DFにおけるリーグのトップスコアラーとなっている。

代表[編集]

1965年4月3日パラグアイ代表戦でペルー代表デビュー。その1月後には1966 FIFAワールドカップ予選にも参加したが、本戦出場は叶わなかった。その4年後にはペルーを1930年以来8大会ぶりのワールドカップ出場へと導いた。

1975年のコパ・アメリカで代表初タイトルを獲得。1978年には自身2度目となるワールドカップ出場を果たした。1982年ワールドカップの予選後に代表を引退した。

所属クラブ[編集]

獲得タイトル[編集]

チームタイトル[編集]

ペルーの旗 ウニベルシタリオ・デポルテス
ペルーの旗 スポルティング・クリスタル
ペルーの旗 ペルー代表

個人タイトル[編集]

  • 南米最優秀DF:2回(1969, 1971)
  • 100人の偉大なサッカー選手(2000)[3]
  • 過去50年南米オールスター(2008)

注釈[編集]

  1. ^ IFFHS' Century Elections rsssf.com
  2. ^ Foto: Conmebol puso a “Don Elías” en el once histórico de Copa América ferplei.com
  3. ^ World Soccer's: The 100 Greatest Footballers of All Time rsssf.com

外部リンク[編集]