ヴァルディール・ペレイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジジ Football pictogram.svg
Didi (Waldir Pereira).jpg
名前
本名 ヴァウディール・ペレイラ
Valdir Pereira
愛称 ジジ
ラテン文字 DIDI
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1928年10月8日
出身地 RJカンポス
没年月日 2001年5月12日(満72歳没)
身長 174cm
体重 68kg
選手情報
ポジション MF
利き足 左足
代表歴
1952-1962[1] ブラジルの旗 ブラジル 68 (20)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ジジ(Didi)ことヴァウディール・ペレイラ(Valdir Pereira, 1928年10月8日 - 2001年5月12日)は、ブラジルの元サッカー選手

経歴[編集]

ポジションはミッドフィルダー。 フィジカルの弱さを補って余りある卓越した戦術眼とゲームメイク能力、そして特殊なキックを持ち、1954年1958年1962年の3回に渡ってFIFAワールドカップに出場し後の2回でブラジルの優勝に貢献した。

1928年リオ・デ・ジャネイロに生まれる。少年時代、ストリートサッカー中右足に大怪我を負ってしまい、その足をかばうためにフォーリャ・セッカ(folha seca 枯れ葉)と呼ばれる揺れながら急激に落ちる特殊なキックを身につける。1949年にフルミネンセに入団し、ブラジル中にその名を馳せた。 1954年にはワールドカップスイス大会にブラジル代表として出場しメキシコ戦、ユーゴスラビア戦で得点するも、6月27日にベルンで行われたハンガリー代表との一戦、悪名高きベルンの戦闘[1]で敗れてしまう。

1957年にはボタフォゴFRに移籍。

1958年ワールドカップスウェーデン大会ではガリンシャペレらも加わったブラジル代表は南米勢として初めて欧州での優勝を成し遂げ、ジジはワールドカップの後、高額の移籍金でレアル・マドリードへ移籍することになった。 ここで彼はチームのゲームメイクを任され58試合に出場し31点の成績を挙げるが、プスカシュディ・ステファノといったチームメイトと折り合いがつかず、古巣のボタフォゴに帰還した。 1962年ワールドカップチリ大会の後34歳で引退。

その後は監督となり、1970年のワールドカップメキシコ大会にはペルー代表の監督として出場するが、準々決勝で母国ブラジルとの一戦に敗れた。

1999年ワールドサッカー誌の20世紀の偉大なサッカー選手100人で39位に選出された。

所属クラブ[編集]

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Waldir Pereira "Didi" - International Appearances and Goals” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/didi-intl.html 
  2. ^ IFFHS' Century Elections 1999年の国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)による20世紀最優秀選手選定。