ジョゼ・カルロス・バウエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バウエル Football pictogram.svg
名前
本名 José Carlos Bauer
愛称 マラカナンの巨人
カタカナ ジョゼ・カルロス・バウエル
ラテン文字 BAUER
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1925年11月21日
出身地 サンパウロ州サンパウロ
没年月日 2007年2月4日(満81歳没)
選手情報
ポジション MF (DH)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョゼ・カルロス・バウエル(José Carlos Bauer, 1925年11月21日 - 2007年2月4日)は、ブラジル出身のサッカー選手、サッカー指導者。愛称はマラカナンの巨人 (O gigante do Maracanã)。

スイス人の白人男性とブラジル人の黒人女性の間にムラートとして生まれる。クラブチームでは主にサンパウロFCでプレイした。サンパウロFCでは通算401試合に出場し、サンパウロ州選手権を6度制した(1943年、1945年、1946年、1948年、1949年、1953年)。

ブラジル代表としては29試合に出場して、1949年コパ・アメリカに優勝、FIFAワールドカップには1950年大会1954年大会に出場した。代表最後の試合は1954年大会でのハンガリー戦、俗に「ベルンの戦闘」と呼ばれる試合だった。

引退後は監督として、ブラジル、メキシコ、コロンビアで指導にあたった。フェロヴィアリアを率いてモザンビーク遠征を行った際に彼は若いエウゼビオを発見した。感動した彼は、エウゼビオを友人であるベンフィカのハンガリー人監督ベラ・グットマンに紹介した。

所属クラブ[編集]

参考サイト[編集]