ダニーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニーデン
Dunedin
Dunedin Town House.jpg
座標 : 南緯45度52分0秒 東経170度30分0秒 / 南緯45.86667度 東経170.50000度 / -45.86667; 170.50000
歴史
開拓 1848年
行政
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
 広域自治体 オタゴ地方
 地域自治体 Dunedin City
 市 ダニーデン
市長 Peter Chin
地理
面積  
  市域 -km2
  市街地 3,314km2
人口
人口 (2006年現在)
  市域 118,683人
その他
等時帯 NZST (UTC+12
夏時間 NZDS (UTC+13
市外局番 03
公式ウェブサイト : http://www.dunedinnz.com/

ダニーデンDunedin, マオリ語Ōtepoti)は、ニュージーランド南島オタゴ地方に所在する街。人口は118,683人(2006年)。人口ではニュージーランドで5番目、南島で2番目の大きさ。オタゴ大学のある街として学園都市の機能を持つ。

歴史[編集]

1848年スコットランド自由教会からの移民たちにより開拓されゲール語エディンバラを意味するダニーデンと名付けられる。現在でも「南のエディンバラ」と言われるほどスコットランド文化を色濃く残す街として存在する。

1861年にダニーデン近郊ガブリエル渓谷で金脈が見つかりゴールドラッシュが起きる。アイルランド、フランス、ドイツ、イタリア、中国など、世界各地からの採掘者が訪れ、ダニーデンの人口は増加し、産業物流拠点として栄えた。ニュージーランド銀行(BNZ)はダニーデンに拠点を構え、世界各地への送金業務を担当するなど、金脈の発見ニュージーランドの経済に繁栄をもたらした。およそ10年でゴールドラッシュは終焉するも、経済的繁栄によりダニーデン市内にはビクトリア様式、エドワード様式の建物が数多く建造され繁栄の歴史は現在でも市内各所で見ることができる。冷凍食肉の技術を開発し、1882年にチャーマーズ港からイングランドへ向け輸出事業を開始。その後、冷凍食肉はオセアニア各国、南アメリカ各国へも輸出されダニーデンの経済およびニュージーランドの産業を成長させる。

現在の町並みはイングランドの面影を残すクライストチャーチとは異なり、スコットランドの面影を多く残す街として存在する。スコットランドからの移住者の子孫が現在も多く住んでいる。地域人口のおよそ15%は学生であり学園都市として有名な土地柄。地形の起伏が激しく坂が多い。

気候[編集]

年間平均降水量は812mm、年間平均日照時間は1585時間。山間部では降水量が多い。夏季の平均気温は15℃、冬季の平均気温は8℃。冬季は霧雨の日が多い。山間部での積雪は見られるが、市内での積雪は少ない。とくに山間部では1日に4つの季節があると称されるほど寒暖の差が激しい。

観光[編集]

  • ダニーデン市の中心部は、8角形に区画整備された「オクタゴン(Octagon)」と呼ばれる広場をもつ。ジョージ通りを中心に8角形に区画された広場周辺には、セント・ポール大聖堂(英国国教会大聖堂)、ダニーデン・パブリック・アートギャラリーなどがある。ラーナック城、ダニーデン鉄道駅、ファーストチャーチ(スコットランド長老派教会)などの観光名所へも向かえる。ギネスブックにも認定されている世界一急な坂「ボールドウィン・ストリート(Baldwin Street)」などがある。
  • オタゴ半島は海洋生物、野生生物の宝庫として有名な土地。鳥類ではシロアホウドリキンメペンギンの生息地、繁殖保護区でもある。とくにアホウドリの場合、人間の生活圏に接近する繁殖地は世界でもここだけである。エコツアーも開催され、野生動物の見学ツアーにも参加できる。

交通[編集]

教育機関[編集]

  • オタゴ大学
  • オタゴポリテクニック
  • アオラキポリテクニック(ダニーデンキャンパス)

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]