ラフシャン・イルマトフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラフシャン・イルマトフ
個人情報
フルネーム Ravshan Irmatov
誕生日 1977年8月9日(36歳)
出身地 ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン
タシュケント
他職業 教員
国際
リーグ 役割
2003- FIFA選出 審判員

ラフシャン・サイフィジノヴィチ・イルマトフウズベク語: Ravshan Sayfiddinovich Ermatov, Равшан Сайфиддинович Эрматов, ロシア語: Равша́н Сайфидди́нович Ирма́тов, ラテン文字転写: Ravshan Sayfiddinovich Irmatov, 1977年8月9日 - )は、ウズベキスタン出身のサッカー審判員。身長183cm。ウズベク語英語ロシア語を使用できる。

経歴[編集]

19歳の時に足首の怪我でサッカー選手になる夢をあきらめ審判に転向。2003年からFIFAの国際審判員となった。

2007年、カナダで開催されたFIFA U-20ワールドカップの審判に選ばれ、ガンビアメキシコチリコンゴ共和国などのグループリーグの試合でレフェリーを務めた。

また、AFCより2008年の年間最優秀レフェリーに選ばれ、FIFAクラブワールドカップ2008の決勝のLDUキトマンチェスター・ユナイテッドの試合の主審も務めた。なおアジア年間最優秀レフェリーは2009年・2010年・2011年も受賞しており、現在4年連続の受賞となっている。2011年には、IFFHSが選ぶ4半世紀の審判100人において、AFC所属の審判としては最高位である第38位に選ばれた[1]

また、南アフリカで開催された2010 FIFAワールドカップでは開幕戦の南アフリカ対メキシコ戦など5試合で主審を務めた。

主な担当試合[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]