ステファヌ・ラノワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステファヌ・ラノワ
Stéphane Lannoy.jpg
個人情報
フルネーム Stéphane Lannoy
誕生日 1969年9月18日(44歳)
出身地 フランスの旗 フランス
パ=ド=カレー県ブローニュ=シュル=メール
他職業 卸売業 (TVゲーム)
国内
リーグ 役割
2002- リーグアン 審判員
2007- UEFAチャンピオンズリーグ 審判員
国際
リーグ 役割
2006- FIFA選出 審判員

ステファヌ・ラノワ(Stéphane Lannoy, 1969年9月18日 - )はフランス出身のサッカー審判員である。

概要[編集]

1998年に審判員の資格を取得。2006年FIFAのライセンスを取得し国際審判員として活動している[1]。副業はテレビゲーム卸売業。母語であるフランス語の他に、第二言語として英語を使用できる。主に国内リーグのリーグアンで主審を務めている他、UEFAチャンピオンズリーグでも主審を務めている。リーグアンでは2008年と2010年にトロフェ・UNFP・デュ・フットボールにおいて最優秀審判に選出された。2008年には、北京オリンピックにおけるサッカー競技において1試合で主審を務めた[2]。2009年にFIFA国際審判団に選出され2009 FIFA U-17ワールドカップにおいて3試合で主審を務めた。2010年には、2010 FIFAワールドカップのFIFA審判団に選ばれ、3試合で審判を務めた。UEFA欧州選手権2012の審判団にも選ばれており、主審を務める予定である。

担当した主な国際大会[編集]

2010 FIFAワールドカップ[編集]

2010 FIFAワールドカップでは3試合で審判を担当した。

脚注[編集]

  1. ^ Stéphane Lannoy worldreferee.com、2012年5月5日閲覧。
  2. ^ Lannoy aux JO lequipe.fr(フランス語)、2008年4月11日掲載、2012年5月5日閲覧。

外部リンク[編集]