CFパチューカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CFパチューカ
原語表記 Club de Fútbol Pachuca
愛称 Tuzos(トゥソス、ホリネズミ)
クラブカラー 紺と白
創設年 1901年
所属リーグ プリメーラ・ディビシオン
ホームタウン パチューカ
ホームスタジアム エスタディオ・イダルゴ
収容人数 30,000
代表者 メキシコの旗 ヘスス・マルティネス・パティーニョ
監督 メキシコの旗 エンリケ・メサ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

CFパチューカスペイン語: Club de Fútbol Pachuca)は、メキシコ中央部、イダルゴ州の州都パチューカを本拠地とするサッカークラブ。メキシコ最古のサッカークラブである。2000年代以降に最も成功を収めているクラブのひとつであり、この期間中に5度のプリメーラ・ディビシオン優勝、4度のCONCACAFチャンピオンズカップ優勝、1度のスーパーリーガ優勝、1度のコパ・スダメリカーナ優勝を果たしている。北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)所属クラブとして初めて南米サッカー連盟(CONMEBOL)主催大会を制した。プリメーラ・ディビシオン創設時のメンバーであり、1998年からはずっとプリメーラ・ディビシオンに在籍している。

先進的なクラブ運営を行っているクラブとして知られる[1]。2001年には中学校から大学院修士課程までの課程があるサッカー・スポーツ科学センター大学(通称 : サッカー大学)を開校した[2]。経営学科、コミュニケーション学科、マーケティング学科、心理学科、体育学科、整体学科、栄養学科からなり、卒業生の多くはスポーツクラブやスポーツ組織に就職している[3]。パチューカ市内ではトゥソ・プラーサ(Tuzo Plaza)という名前のショッピングセンターのほかに、ホテル、レストラン、コンベンションセンター、スポーツクリニックなども経営している[3]

歴史[編集]

アマチュアリーグ時代[編集]

1901年、王立パチューカ鉱山会社(Compañía Real del Monte y Pachuca)で働いていたコーンウォール地方(イングランド)出身移民がパチューカ・アスレティック・クラブ(Pachuca Athletic Club)を設立した。選手たちはウィリアム・ブラミーが所有していた鉱山で働いており、当初は余暇時間にのみ練習をしていた。鉱山労働者にサッカーを紹介したのはイギリス人のアルフレッド・C・クロールであり、彼らにサッカーボールとルールを提供した。周りの州でも、アルビネグロス・デ・オリサバ、レフォルマACブリティッシュFC、プエブラAC、メキシコ・クリケットクラブなどのサッカークラブが次々と誕生した。1907年7月19日にはプリメーラ・ディビシオンが設立され、パチューカは設立メンバーとなった。1908年シーズンにはメキシコ生まれのダビド・イスラスがチームに加わったが、1910年にはメキシコ革命が発生し、パチューカなど3クラブを除いてメキシコからプロサッカーの火が消えた。1915年までにほとんどの選手がメキシコ出身者となり、1917年から1920年にはクロール監督の下でリーグ優勝を果たした。多くの選手がメキシコシティに移ったため、1920-21シーズンはクラブの活動を一時中止した。その後は長らくセグンダ・ディビシオン(当時2部)に在籍した。

プロリーグ時代[編集]

1967年、セグンダ・ディビシオンで優勝してプリメーラ・ディビシオン昇格を果たした。1970年代初頭にはセグンダ・ディビシオンに舞い戻り、1992年に再びプリメーラ・ディビシオンに昇格するまでに19年を要した。1992-93シーズンにはプリメーラ・ディビシオンでプレーしたが、わずか1シーズンでセグンダ・ディビシオンに降格。1994年、セグンダ・ディビシオンはプリメーラ・ディビシオンAに改名し、2009年からはリーガ・デ・アセンソ(現2部)と呼ばれている。なお、1993年にはエスタディオ・レボルシオンからエスタディオ・イダルゴ(エスタディオ・ウラカン)に移転した。イダルゴは土砂を固めてできた丘の上に建設されており、掘り込み式のサッカー専用スタジアムである[4][3]。1995-96シーズンにはプリメーラ・ディビシオンAで優勝してプリメーラ・ディビシオンに昇格したが、前回と同じく1シーズンでプリメーラ・ディビシオンAに舞い戻った。メキシコサッカー連盟(FMF)はシーズンを2つに分割し、パチューカはインビエルノ1997で優勝。昇格プレーオフ決勝でUANLティグレスに勝利し、プリメーラ・ディビシオンに昇格した。

1998-99シーズンにはエレベータークラブ時代の悪い流れを断ち切り、ハビエル・アギーレ監督の下でプリメーラ・ディビシオン残留を果たした。インビエルノ1999のレギュラーシーズンは7位だったが、リギージャでは決勝に進出。決勝のクルス・アスル戦ではアルゼンチン人のアレハンドロ・グラリアゴールデンゴールを決めて、プロリーグ化後初のリーグ優勝を果たした。この優勝によってコパ・メルコノルテ(現存せず)に出場。ベラーノ2001のリギージャでは決勝に進出したが、サントス・ラグーナに敗れて準優勝だった。2001年1月29日、主力選手のパブロ・エルナン・ゴメスが自動車事故で死去した。2001年末にはアギーレ監督がメキシコ代表監督に就任し、2002 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選で予選敗退の危機に瀕していたチームを立て直した。アギーレ監督の後任にはアルフレード・テーナ監督が就任し、テーナ監督はインビエルノ2001のリギージャで決勝進出に導くと、UANLティグレスに勝利して2度目のリーグ優勝を果たした。2001年にはメキシコのクラブとして初めて創立100周年を迎え、多くの祝賀行事が催された。ビクトル・マヌエル・ブセティッチ監督がチームを率い、アペルトゥーラ2003のリギージャ決勝ではUANLティグレスを下してプロ化後3度目の優勝を飾った。2000年前後以降の躍進により、エル・エキポ・デ・メヒコ(El Equipo de México、メキシコ最高のクラブ)というニックネームを授かった。2003年から2006年の間は社会面や財政面での問題に労力を奪われ、2シーズン連続でリギージャ進出を逃した。しかし、クラウスーラ2006ではレギュラーシーズンで1位となり、リギージャの決勝ではサン・ルイスFCを破って優勝した。2006年にはコパ・スダメリカーナに出場し、決勝ではCSDコロコロ(チリ)と対戦。ホームでのファーストレグは1-1の引き分けに終わったが、アウェーでのセカンドレグには2-1で勝利し、2試合合計3-2で初優勝を果たした。メキシコのクラブとして初めて、また北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)所属クラブとして初めて南米サッカー連盟(CONMEBOL)主催大会を制し、自クラブが所属する大陸とは異なる大陸のクラブ選手権を制したことのある世界で唯一のクラブとなった。

2007年2月から4月にはCONCACAFチャンピオンズカップに出場し、準々決勝ではCDマルケンセ(グアテマラ)、準決勝ではヒューストン・ダイナモ(アメリカ)、決勝ではCDグアダラハラ(メキシコ)に勝利して2度目の優勝を飾った。5月に行われたクラウスーラ2007のリギージャ決勝ではクラブ・アメリカを破り、5度目のリーグ優勝を果たした。7月31日、メジャーリーグサッカー(MLS)のコロラド・ラピッズと提携を結び、毎年の親善試合、選手の売買契約、アカデミーの設立などを行うことで合意した。7月から8月に初開催されたスーパーリーガでは、ロサンゼルス・ギャラクシー(アメリカ)をPK戦の末に破って優勝し、副賞として100万ドルの賞金を獲得した。わずか15ヶ月の間に5個のタイトルを獲得し、2007年にはCONCACAFのチーム・オブ・ザ・イヤーを受賞した。同年12月には日本で開催されたFIFAクラブワールドカップに出場したが、初戦の準々決勝でアフリカ王者のエトワール・サヘル(チュニジア)に敗れた。2008年3月から4月にかけて行われたCONCACAFチャンピオンズカップでは、準々決勝でCDモタグア(ホンジュラス)、準決勝でDCユナイテッド(アメリカ)、決勝でデポルティーボ・サプリサ(コスタリカ)に勝利して2連覇を果たした。同年12月には日本で開催されたFIFAクラブワールドカップに再び出場し、準々決勝でアフリカ王者のアル・アハリ(エジプト)に勝利。準決勝では南米王者のLDUキトと対戦したが、0-2で敗れて決勝進出はならなかった。クラウスーラ2009ではリギージャの決勝に進出したが、UNAMプーマスに敗れて準優勝となった。2009-10シーズンのCONCACAFチャンピオンズカップではグループリーグを5勝1敗の首位で通過。なお、4グループの首位クラブはすべてメキシコのクラブだった。準々決勝ではCSDコムニカシオネス(グアテマラ)、準決勝ではデポルティーボ・トルーカ(メキシコ)、決勝ではクルス・アスルを破って4度目の優勝を果たした。2010年12月に日本で行われたFIFAクラブワールドカップでは準々決勝でアフリカ王者のTPマゼンベと対戦したが、0-1で敗れて初戦敗退に終わった。ビセンテナリオ2010のリギージャでは準決勝に進出したが、デポルティーボ・トルーカに2試合合計2-3で敗れた。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

アマチュアリーグ時代 : 3回
1905, 1918, 1920
プロリーグ時代 : 5回
インビエルノ1999, インビエルノ2001, アペルトゥーラ2003, クラウスーラ2006, クラウスーラ2007
  • プリメーラ・ディビシオンA(現2部): 2回
1995-96, インビエルノ1997

国際タイトル[編集]

2002, 2007, 2008, 2009-10
2006
2007

その他の大会[編集]

1907-08, 1911-12
2000, 2004, 2009
  • カールスバーグ・カップ : 1
2008
  • コパ・アミスタ : 1
2008

成績[編集]

1943年以降のプリメーラ・ディビシオンでの成績を記載している。

シーズン レギュラーシーズン順位 リギージャ順位 その他
順位 試合 点差 勝ち点
1943-44シーズンから1966-67シーズンまでは2部以下
1967-68 12 30 8 8 14 37 52 -15 24
1968-69 10 30 11 6 3 49 51 -2 28
1969-70 8 30 11 7 12 41 49 -8 29
1970-71 16 34 11 7 16 38 46 -8 29
1971-72 12 34 10 3 11 38 46 -8 33
1972-73 18 34 9 6 19 40 68 -28 24
1973-74シーズンから1991-92シーズンまでは2部以下
1992-93 17 38 10 7 21 39 56 -17 27
1993-94シーズンから1995-96シーズンまでは2部以下
1996-97 インビエルノ1996 17 17 3 6 8 25 36 -11 15
ベラーノ1997 14 17 5 2 10 24 32 -8 17
1997-98シーズンは2部
1998-99 インビエルノ1998 16 17 5 1 11 28 39 -11 16
ベラーノ1999 9 17 6 6 5 23 22 1 24
1999-00 インビエルノ1999 7 17 8 2 7 28 28 0 26 優勝
ベラーノ2000 16 17 4 5 8 18 25 -7 17
2000-01 インビエルノ2000 4 17 8 4 5 24 18 16 28 ベスト8
ベラーノ2001 6 17 7 4 6 22 22 0 25 準優勝
2001-02 インビエルノ2001 3 18 9 5 4 29 24 5 32 優勝
ベラーノ2002 13 18 6 4 8 26 33 -7 22 CONCACAFチャンピオンズリーグ2002優勝
2002-03 アペルトゥーラ2002 20 19 2 9 8 21 35 -14 15
クラウスーラ2003 15 19 4 9 6 21 23 -2 21
2003-04 アペルトゥーラ2003 3 19 10 6 3 28 19 9 36 優勝
クラウスーラ2004 8 19 6 8 5 32 33 -1 26 予選敗退
2004-05 アペルトゥーラ2004 3 17 9 5 3 30 19 11 32 ベスト8
クラウスーラ2005 14 17 5 5 7 20 27 -7 20
2005-06 アペルトゥーラ2005 6 17 7 7 3 26 18 8 28 ベスト4
クラウスーラ2006 1 17 9 4 4 33 19 14 31 優勝
2006-07 アペルトゥーラ2006 6 17 7 5 5 32 24 8 26 ベスト4 コパ・スダメリカーナ2006優勝
クラウスーラ2007 1 17 12 3 2 36 12 24 39 優勝 スーパーリーガ2007優勝
CONCACAFチャンピオンズリーグ2007優勝
2007-08 アペルトゥーラ2007 9 17 7 3 7 26 23 3 24 予選敗退
クラウスーラ2008 10 17 6 4 7 27 25 2 22 予選敗退 CONCACAFチャンピオンズリーグ2008優勝
2008-09 アペルトゥーラ2008 12 17 5 6 6 25 25 0 21
クラウスーラ2009 1 17 11 3 3 42 23 19 36 準優勝
2009-10 アペルトゥーラ2009 8 17 7 3 7 24 29 -5 24
ビセンテナリオ2010 8 17 7 4 6 27 26 1 25 ベスト4 CONCACAFチャンピオンズリーグ2009-10優勝
2010-11 アペルトゥーラ2010 7 17 7 4 6 27 28 -1 25 ベスト8
クラウスーラ2011 13 17 4 6 7 16 25 -9 18
2011-12 アペルトゥーラ2011 6 17 7 5 5 28 25 3 26 ベスト8
クラウスーラ2012 6 17 7 7 3 24 17 7 28 ベスト8
2012-13 アペルトゥーラ2012 13 17 5 6 6 13 20 -7 21
クラウスーラ2013 11 17 6 2 9 18 25 -7 20

現所属メンバー[編集]

2013年10月11日 現在
No. Pos. 選手名
2 コロンビアの旗 DF エフライン・コルテス
3 メキシコの旗 DF マルコ・イバン・ペレス
4 メキシコの旗 DF ホルヘ・イバン・エストラーダ
5 メキシコの旗 DF ダニエル・アレオラ
7 エクアドルの旗 FW クリスティアン・スアレス
9 メキシコの旗 FW エンリケ・エスケーダ
10 アルゼンチンの旗 MF ダニエル・エマヌエル・ルドゥエニャ
11 エクアドルの旗 MF ワルテル・アジョビ
12 メキシコの旗 MF フアン・カルロス・ロハス
13 メキシコの旗 MF ホルヘ・ガステルム
14 メキシコの旗 MF ルイス・モラレス
15 メキシコの旗 DF アルトゥール・レデスマ
16 メキシコの旗 MF ホルヘ・エルナンデス
18 メキシコの旗 MF フリオ・ゴメス
No. Pos. 選手名
19 メキシコの旗 FW アブラアム・カレーニョ
21 メキシコの旗 GK オスカル・ペレス
22 メキシコの旗 FW ロドルフォ・ピサーロ
23 コロンビアの旗 FW ドゥビエル・リアスコス
24 メキシコの旗 MF ミゲル・エレーラ
25 メキシコの旗 FW ユルゲン・ダム
26 アルゼンチンの旗 FW フェルナンド・カベナギ
27 メキシコの旗 FW オトニエル・アルセ
28 メキシコの旗 MF フアン・カルデロン
29 メキシコの旗 FW マルコ・ブエノ
30 メキシコの旗 GK ロドルフォ・コタ
31 メキシコの旗 GK アライン・エストラーダ
32 メキシコの旗 MF エミリオ・ガルシア
35 メキシコの旗 DF エルベイ・メサ

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの変遷、珍しいデザインのユニフォームを記載している。基本的には、ホームでは白色と紺色のストライプのシャツ、アウェーでは黒色と橙色のストライプのシャツを着用する。

ホーム用ユニフォーム[編集]

1902
1905
1920
1950年代
1964
1972
1980年代

アウェー用ユニフォーム[編集]

1902
1905
1920
1950年代
1964
1972
1983

スポンサーとサプライヤー[編集]

期間 サプライヤー シャツスポンサー
1992–95 アスル・スポルト セプロス
1995–96 トゥソス・スポルト コロナ(ビール)/ コンフィア
1997–00 アトレティカ セメント・クルス・アスル(セメント製造) /コロナ
2000–01 アトレティカ セメント・クルス・アスル /フトゥーラ(調理器具)/コロナ/ヒガンテ(スーパーマーケット)
2001–02 アトレティカ セメント・クルス・アスル /フトゥーラ/ペプシコーラ(清涼飲料)/コロナ/ヒガンテ
2002–03 アトレティカ セメント・クルス・アスル /ペプシコーラ/Sol/ヒガンテ
2003–04 アトレティカ セメント・クルス・アスル /ペプシコーラ/オフィス・デポ(オフィス用品)/Sol/ヒガンテ
2004–05 プーマ セメント・クルス・アスル /ペプシコーラ/オフィス・デポ/ヒガンテ
2005–06 プーマ セメント・クルス・アスル /ペプシコーラ/イウサセル(携帯電話)/オフィス・デポ(オフィス用品)/ヒガンテ/モービル(石油製品)
2006–07 プーマ セメント・クルス・アスル /ユニロイヤル(タイヤ製造)/モービル/ペプシコーラ/オフィス・デポ/ヒガンテ
2007–08 アトレティカ ガメサ(食料品)/ペプシコーラ/イウサセル/モービル/オフィス・デポ/ヒガンテ
2008–09 アトレティカ ガメサ/ペプシコーラ/イウサセル/モービル/オフィス・デポ/ヒガンテ/ユニロイヤル
2009–10 プーマ ガメサ/ADO/モービル/ユニロイヤル/ペプシコーラ/イウサセル/オフィス・デポ/マルティ(通信)/HSBC(投資信託)/フォックス・スポーツ
2010–11 ナイキ ガメサ/モービル/ADO/ミシュラン(タイヤ製造)/ペプシコーラ/オフィス・デポ/マルティ
2011–13 ナイキ ガメサ/ コベルトーレス・プロビエデンシア /ペプシコーラ/オフィス・デポ/マルティ

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

得点ランキング[編集]

プリメーラ・ディビシオンに限る
順位 選手 在籍期間 得点数
1 54点 アルゼンチンの旗 ガブリエル・カバジェロ 1999-2002,
2003-2004,
2005-2009
2 53点 メキシコの旗 フアン・カルロス・カーチョ 2004-2008,
2009-2010
3 46点 アルゼンチンの旗 クリスティアン・ヒメネス 2006-2009
4 44点 メキシコの旗 セルヒオ・サンターナ 2001-2005
5 37点 コロンビアの旗 アンドレス・チティーバ 2001-2008,
2011
6 26点 アルゼンチンの旗 アレハンドロ・グラリア 1998-2000
7 25点 アルゼンチンの旗 ロレンソ・サエス 1996-1997
8 21点 アルゼンチンの旗 パブロ・エルナン・ゴメス 1999-2001
9 20点 メキシコの旗 ルイス・アンヘル・ランディン 2004-2007
10 14点 メキシコの旗 ウリセス・メンディビル 2009-2010

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]