ミゲル・カレロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミゲル・カレロ Football pictogram.svg
Calero6.jpg
名前
本名 ミゲル・アンヘル・カレロ・ロドリゲス
愛称 Condor(コンドル)
ラテン文字 Miguel Calero
基本情報
国籍 コロンビアの旗 コロンビア
生年月日 1971年4月14日
出身地 バジェ・デル・カウカ県ヒネブラ市
没年月日 2012年12月4日(満41歳没)
身長 189cm
体重 82kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1997
1998-2000
2000-2011
デポルティーボ・カリ
アトレチコ・ナシオナル
CFパチューカ
94 (0)
91 (0)
301 (2)
代表歴
1995-2007 コロンビアの旗 コロンビア 50 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ミゲル・カレロMiguel Angel Calero Rodríguez, 1971年4月14日 - 2012年12月4日)は、 コロンビアバジェ・デル・カウカ県ヒネブラ市生まれ、コロンビア育ちのサッカー選手でポジションはゴールキーパー。1995年から2007年までサッカーコロンビア代表。身長189cm、体重82kg。ニックネームは"コンドル"。

コロンビアのデポルティーボ・カリアトレチコ・ナシオナルを経て、メキシコのCFパチューカでプレーした。

経歴[編集]

1992年、22歳でコパ・マスタングのデポルティボカリでデビュー。同年バルセロナオリンピックでコロンビア代表として出場。1996年にはチームを率いて見事優勝に導いた。

1998年に同リーグのアトレチコ・ナシオナルに移籍し翌1999年に再び優勝。2000年にはメキシコのCFパチューカに移籍した。

2007年、コパアメリカのパラグアイ戦で5失点と振るわなかったため代表選手引退を発表。2008年6月には現役引退も表明したものの現役を続行、パチューカで正GK務めた。

2011年に現役を引退しパチューカのゴールキーパーコーチとなったが、2012年11月に脳梗塞で倒れ入院、12月3日に脳死判定され、生命維持装置が外され[1]、翌日に死亡した[2]

その他[編集]

野球帽(もしくはバンダナ)を被ってプレーすることで知られている。バンダナの後ろに翼が付いているように見えるため付いたあだ名が"コンドル"。 コロンビア代表の先輩でもあるレネ・イギータを尊敬していて、イギータと同じく終盤敵陣へ攻めに向かうことが多い。PKも得意。

本国コロンビアに孤児院を建て500人を超える子供たちの生活支援をしている。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元コロンビア代表GKカレロが脳死”. Qoly.jp (2012年12月4日). 2012年12月5日閲覧。
  2. ^ Muere el portero Miguel Calero” (スペイン語). El Occidental (2012年12月4日). 2012年12月5日閲覧。