ジョニエル・モンターニョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョニエル・モンターニョ Football pictogram.svg
名前
本名 ジョニエル・エステニエル・モンターニョ・カイセド
Johnnier Esteiner Montaño Caicedo
愛称 Potón, Johnny
ラテン文字 Johnnier Montaño
基本情報
国籍 コロンビアの旗 コロンビア
生年月日 1983年1月14日(31歳)
出身地 コロンビアの旗 サンティアゴ・デ・カリ
身長 175cm
体重 85kg
選手情報
在籍チーム ペルーの旗 ウニベルシダ・サン・マルティン
ポジション OH
背番号 20
利き足 右足
ユース
コロンビアの旗 アメリカ・カリ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998 コロンビアの旗 アメリカ・カリ 4 (1)
1998-1999 アルゼンチンの旗 キルメス 7 (3)
1999-2006 イタリアの旗 パルマ 6 (0)
2001-2002 イタリアの旗 エラス・ヴェローナ (loan) 10 (0)
2002-2003 イタリアの旗 ピアチェンツァ (loan) 11 (1)
2004 コロンビアの旗 アメリカ・カリ (loan) 10 (2)
2005 コロンビアの旗 サンタフェ (loan) 14 (3)
2006 カタールの旗 アル・ワクラ 10 (3)
2006 コロンビアの旗 コルトゥルア 13 (3)
2007 ペルーの旗 スポルト・ボーイズ 34 (9)
2008-2012 ペルーの旗 アリアンサ・リマ 108 (14)
2010-2011 トルコの旗 コンヤスポル (loan) 18 (4)
2012- ペルーの旗 Univ.サン・マルティン 39 (5)
代表歴
1999-2003 コロンビアの旗 コロンビア 5 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年10月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョニエル・エステニエル・モンターニョ・カイセドJohnnier Esteiner Montaño Caicedo, 1983年1月14日 - )は、コロンビアサンティアゴ・デ・カリ出身のサッカー選手。元コロンビア代表ペルー・プリメーラ・ディビシオンウニベルシダ・サン・マルティン所属。ポジションは攻撃的ミッドフィルダー[1]必要に応じてフォワード[2]ホニエル・モンターニョとも表記される。

かつては、コロンビア・サッカー界で最も有望な選手の1人としてのみならず、世界的に見ても才能に溢れた選手の1人と評されており[3]、2001年にはドン・バロン誌による世界の若手選手100人に選出された[4]

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期[編集]

9歳の時に地元のアメリカ・カリでキャリアを開始したモンターニョは、人気を得るほどの活躍を見せたことから国外のクラブからも注目を集め、1998年1月の15歳の時にアヤックス・アムステルダムの育成機関であるアヤックス・アカデミーに招待された[3]。しかし、契約を締結することができなかったため一旦母国へ帰国し、それから程なくしてアルゼンチン2部キルメスACと契約[3]。キルメスでは主にリザーブチームやユースチームで経験を積み、トップチームでは僅かな出場機会にとどまっていたものの、1999年6月にフランスで行われたトゥーロン国際大会にU-20代表として参加した際に同大会で優勝に導く活躍を見せたことで、イタリア1部パルマFCとの契約を勝ち取ることに成功[3]し、同胞のホルヘ・ボラーニョen)と共に移籍した。

イタリア[編集]

パルマでは、加入当初から戦力の1人としてトップチームに登録され、その16歳という年齢からチームのマスコット的な存在として同僚から可愛がられていた[5]が、母国への郷愁から無断で冬に家族へ会いにコロンビアに帰国し、2月中旬まで戻ってこないことがあった[6]。コロンビアからチームに復帰後は、再びトップチームと下部組織への往来の日々だった。

2001-02シーズンになると、指導を受けたアルベルト・マレザーニ監督に連れられるようにエラス・ヴェローナFCへ期限付き移籍をした[5]。しかし、序盤戦でスタメン確保に失敗したため、10試合の出場でシーズンを終了した[5]

次のシーズンは同リーグのピアチェンツァ・カルチョへ貸し出される[7]と、序盤はダリオ・ヒュブナーとコンビを組み[8]ブレシア・カルチョ戦でセリエA初得点を挙げる[8]活躍を見せていたが、シーズンはが進むに連れてパフォーマンスが大幅に悪化[8]し、更に冬の中断期間中に無断でコロンビアへ帰国したことが状態を悪化させた[8]。その行動がファンの怒りを買い、ピアチェンツァに復帰後の練習中に一部のファンから襲われる[5][9]状態となったこともあり、シーズン途中にパルマへ復帰することが決定[5][7]した。

パルマに復帰するもモンターニョの居場所は既になく、クラブ側は契約が満了するまで南米に貸し出すことにした。

南米復帰[編集]

自身のキャリアを開始したアメリカ・カリへ2004年に期限付き移籍で復帰し、翌2005年はインデペンディエンテ・サンタフェに貸し出されるも、地位を確立することは出来なかった。2006年にパルマとの契約を解消する[5]と、カタール1部アル・ワクラSCと契約したが、中東の地でも力を示すことは出来なかった。

母国のコルトゥルアen)を経てペルー1部スポルト・ボーイズと契約。スポルト・ボーイズを上位へ導く活躍を見せたことで、リーグ2番目の優勝回数を誇るアリアンサ・リマと契約を締結したが、その一方でリーグ最多優勝のウニベルシタリオ・デポルテスと暫定合意に達していたため議論を呼び、移籍は暗礁に乗り上げる事態となっていた[10]。その最中、渦中のモンターニョは2008年2月にアメリカ1部トロントFCのトライアルを受けていた[11]が、最終的に調停と紛争解決の商工会議所(Cámara de Conciliación y Resolución de Disputas, CCRD)の決定を受けてペルーサッカー連盟はモンターニョのアリアンサ・リマへの移籍を発表した[12]

2010年6月17日にトルコ1部昇格組のコンヤスポルへ1年間の期限付き移籍が決定[13]。その後はアリアンサ・リマに復帰し、2012年3月19日に自由移籍でウニベルシダ・サン・マルティンと2年契約を締結した[14]

代表[編集]

15歳でU-20代表としてトゥーロン国際大会に出場[5]し、同年のコパ・アメリカ1999では、ファウスティーノ・アスプリージャが負傷したことでA代表未経験ながらも一員に選出[3]され、マルティン・パレルモペナルティーキックを3度も失敗したことで有名となったアルゼンチン戦(3-0)で初得点を挙げた[5]

タイトル[編集]

代表
コロンビアの旗 コロンビア U-20
個人

脚注[編集]

  1. ^ "Talentuoso e ribelle ecco Montano"
  2. ^ "Verona, cade un tabù ecco il nero Montano"
  3. ^ a b c d e "Colombia confia en sus juveniles y en su entrenador Javier Alvarez"
  4. ^ "Don Balon’s list of the 100 best young players in the world"
  5. ^ a b c d e f g h "Montaño, l'uomo che andava in ferie e non tornava più"
  6. ^ "Ci siamo ripersi Montaño"
  7. ^ a b "La Rosa 2002-2003" Storiapiacenza1919.it
  8. ^ a b c d "Meteore in biancorosso: Montano" Storiapiacenza1919.it
  9. ^ "Montaño insultato e picchiato"
  10. ^ "El futuro de Montaño en Perú es aún una incógnita"
  11. ^ "Toronto FC targets Colombian playmaker Montano"
  12. ^ "Montaño fue habilitado por la FPF"
  13. ^ "Johnnier Montaño jugará en Turquía"
  14. ^ "¿Será santo? Montaño podría fichar hoy por la San Martín"
  15. ^ "27ème Festival Foot "Espoirs""
  16. ^ a b "Universitario de Deportes gana seis premios por el Torneo Descentralizado 2009"

外部リンク[編集]