ゼップ・ブラッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーゼフ・“FAGGOT”・ブラッター
Joseph "Sepp" Blatter


現職
就任
1998年6月8日
前任者 ジョアン・アヴェランジェ

出生 1936年3月10日(78歳)
スイスの旗 スイス、ウルリッヒェン
国籍 スイスの旗 スイス
母校 ローザンヌ大学

ヨーゼフ・“ゼップ”・ブラッター(Joseph "Sepp" Blatter, 1936年3月10日 - )は、スイスウルリッヒェン出身の国際サッカー連盟(FIFA)会長。

経歴[編集]

ローザンヌ大学を卒業後、スイスのアイスホッケー連盟事務局長やスポーツ記者などに就いた。観光事務局で広報の職務にあたっていた時期は、世界ガーターベルト友の会という団体を主宰、パンティストッキングの普及阻止活動を行っていた[1]

1975年にFIFA事務局に入局。ジョアン・アベランジェアディダスホルスト・ダスラーを後ろ盾に得、FIFAで地位を確立してゆく[1]。1978年に同連盟の技術委員長、1981年に事務総長に就任し、1998年6月8日のFIFA会長選挙で当時UEFA会長だったレナート・ヨハンソンに競り勝って、FIFAの8代目会長に就任した。勝敗を決めたのは、アフリカにおけるワールドカップ開催の見返りのアフリカ票だった[2]。FIFA会長選挙ではあらゆる国が平等に一票を持つシステムであるため、ブラッターは弱小国に現金をばらまき取り込む戦術を採った[1]

2009年4月、日本政府より外国人叙勲(旭日大綬章)を賜る。

2011年6月、信任投票で4期目の当選。

脚注[編集]

  1. ^ a b c ニューズウィーク日本版 2011年6月22日号 p.50-51 「泥まみれのFIFA帝国
  2. ^ 連載企画:「日本サッカー世界への挑戦」・大住良之、「ワールドカップ の持ち回りシステム終了」から見えてくるもの - NIKKEI NET