カカ (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カカ Football pictogram.svg
Kaka portrait, February 2009.jpg
カカ(2009年)
名前
本名 Ricardo Izecson Dos Santos Leite
愛称 カカ、リッキー
カタカナ リカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイテ
ラテン文字 Kaká
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
イタリアの旗 イタリア
生年月日 1982年4月22日(32歳)
出身地 ブラジリア
身長 187cm
体重 82kg
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 サンパウロFC
ポジション MFFW
背番号 8
利き足 右足
ユース
1994-2000 ブラジルの旗 サンパウロFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2003 ブラジルの旗 サンパウロFC 59 (23)
2003-2009 イタリアの旗 ACミラン 193 (70)
2009-2013 スペインの旗 レアル・マドリード 85 (23)
2013-2014 イタリアの旗 ACミラン 30 (7)
2014- アメリカ合衆国の旗 オーランド・シティSC 0 (0)
2014- ブラジルの旗 サンパウロFC (loan) 0 (0)
代表歴2
2001- ブラジルの旗 ブラジル U-20 5 (1)
2002- ブラジルの旗 ブラジル 87 (29)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年7月8日現在。
2. 2014年7月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カカKaká、本名:リカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ、Ricardo Izecson Dos Santos Leite1982年4月22日 - )はブラジルブラジリア出身のプロサッカー選手カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAサンパウロFC所属。ブラジル代表ポジションミッドフィールダーフォワード。2007年2月にはイタリア国籍も取得した。

ポジションは主にオフェンシブハーフやトップ下ミッドフィールダーだが、セカンドトップなどフォワードのポジションもこなす。

来歴[編集]

クラブ[編集]

誕生~サンパウロFC時代[編集]

ブラジルの首都ブラジリアで生まれ、生後すぐにクイアバに移り、7歳の時にサンパウロへ移る。父がサンパウロFCのクラブ会員だったことから、9歳でサンパウロFCのクラブ会員用のチームに加入。当時から技術面では優れたものを持っていたが、他の子たちに比べて線が細く、補欠に甘んじていた。その後クラブでのトレーニングの成果でビルドアップに成功、弱点を克服した。

17歳の頃、クラブの深刻な財政難からトルコのクラブ、もしくはCSKAモスクワに売却されそうになった。だが本人は「あの時に移籍していても今のように素晴らしいキャリアを築くのは難しかっただろう」と語っている[1]。18歳の時、プールで遊んでいた際に頭部を強打し頸椎を損傷する重傷を負い[2]、あわや下半身不随寸前の怪我だったものの、極度の近視となった以外は幸いにも運動能力にはほとんど影響は見られなかった。カカは、これを神のおかげであるとし、十分の一税を行った[3]。 なお、本人は「あの事故を契機に人生観が変わった」と語っている[1]。また、事故からわずか4ヶ月後には2001年2月のボダフォゴ戦でサンパウロのトップチームデビューを果たした。途中出場ながら2得点を決める活躍を見せると、以降サンパウロのトップチームに定着する。

ACミラン時代[編集]

2003年、850万ユーロ(約12億円)の移籍金でACミランへ移籍。サンパウロでは背番号8番を、2002 FIFAワールドカップでは23番をそれぞれ着けていたが、ミランでは既にジェンナーロ・ガットゥーゾマッシモ・アンブロジーニがそれぞれの背番号を着けていたため、自身の誕生日の日付にちなんで22番を背負うことになった[1]。入団時のメディカルチェックでは特にずば抜けていた加速値と絶対スピードの項目をはじめ、それまでの選手とはかけ離れて高い数値を記録。ミランラボの担当者は「こんな数字は見たことがなかった」と証言した[4]。 移籍初年度である2003-04シーズンの開幕戦から驚異的な活躍でスタメンの座を確立し、同シーズンはセリエAで30試合に出場、チームのスクデット(リーグ優勝)、UEFAスーパーカップ獲得に大きく貢献した。

2004-05シーズンはアンドリー・シェフチェンコの後ろの位置でプレーし、36試合で7得点を決めた。この年、UEFAチャンピオンズリーグでは決勝でリヴァプールFCにPK戦で敗れたものの、カカは投票による大会最優秀ミッドフィールダーに選ばれた。イスタンブールの悲劇ともいわれるリヴァプールFC戦の敗北について、「たとえこの先何度優勝できたとしてもあの敗北を忘れることは出来ない」と語っている[1]。また、2004年には国際連合世界食糧計画における最年少大使となった[5]

ACミランとは当初2009年6月までの契約であったが、2005-06シーズン終了後にはACミランの八百長疑惑によりクラブのセリエB降格の危機が報じられ、カカの元にも複数のクラブから移籍のオファーが舞い込んだ。プレミアリーグチェルシーFCから7000万ポンド(約152億6000万円)という超破格のオファーが来たが、ミランは受け入れなかった。このとき本人も「ACミランが降格しないなら、クラブに忠誠を誓う」と発言。その後2006年7月15日にミランは降格を免れる判決を下された。

ミランでのカカ(2007年)

2006-07シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグにて10得点を決めブラジル人としてはリバウド以来の得点王となり、チャンピオンズリーグ優勝の原動力となった。また、FIFAクラブワールドカップ2007では1得点3アシストの大活躍を見せ、UEFA年間最優秀選手に輝くと共に、欧州代表として初となるFIFAクラブワールドカップ優勝に導いた。これらの活躍を評価され、2007年はバロンドールFIFA年間最優秀選手賞FIFPro年間最優秀選手賞英誌ワールドサッカー選出世界年間最優秀選手賞をいずれも初受賞した。また、同年にはレアル・マドリードから8000万ユーロ(約130億円)の移籍金と手取り1200万ユーロ(約20億円)のオファーがあったが、本人は「レアルは僕が欲しいなら、ベルルスコーニ会長の首を縦に振らせればいい」と言い、パオロ・マルディーニ引退後にキャプテンを継ぎたいと語った[6]。そして、2008年には2013年までACミランとの契約を延長した[7]

2009年1月、プレミアリーグのマンチェスター・シティFCがカカ獲得にサッカー界史上最高額の1億ユーロ(約120億円)以上ともいわれる移籍金をミランに提示したことによる移籍騒動が勃発。カカにも年俸1500万ユーロ(約20億円)を提示[8]し、ミランもカカの移籍を容認したものの、本人は残留を希望し、同月19日、ミランに残留することが決まった[9]。また、多くのサポーターは移籍に大反対し、中にはカカの自宅周辺などに集結したサポーターもおり、カカは窓からユニホームを掲げ、笑顔で応えた。 この残留により翌日の練習で監督のカルロ・アンチェロッティは、「今冬の補強はカカがこのミランというクラブに残留したことだ」 と語った。

レアル・マドリード時代[編集]

レアル・マドリード入団発表の様子

2009年6月9日、フロレンティーノ・ペレスが会長に復帰したレアル・マドリードの最初の新加入選手として移籍金6800万ユーロ(約92億円)の6年契約で移籍。なお、この移籍金は2001年にジネディーヌ・ジダンが同じくレアル・マドリードに移籍したときの7696万ユーロ(約103億円)に次いで当時史上2番目に高額な移籍金となった[10][11]。 紆余曲折の末の移籍であり、カカ本人はこの移籍について会見で「(裏口ではなく)玄関から去る」と語った[12]。また、レシフェで行われた会見では、あくまで最高の形はミランへの残留であったとしながらも、移籍は財政難に苦しむミランのことを思えばこそであり、移籍をするのであればレアル・マドリードしかないと語った[13]

入団発表では5万人のサポーターがエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウに集まった。レアル・マドリードでは当初、かつてジネディーヌ・ジダンが着けていた背番号5番を着けることが噂され、ジダン自身もカカが5番を背負うことに好意的な発言をしたものの[14]、最終的には本人の希望で8番を背負うことになった[15]。親善試合のトロントFC戦でレアル・マドリードでのデビューを飾り、同じく親善試合のボルシア・ドルトムント戦で初得点を決め、更に9月23日、ビジャレアルCF戦でペナルティーキックからレアル・マドリードでの公式戦初得点を記録した。しかし、恥骨炎の影響もあってか以前のような活躍は出来ておらず[16]、その年のリーガワースト移籍ランキングで10位に選ばれ[17]、更に2010 FIFAワールドカップ後には半月板手術を行い、4ヵ月程度の離脱が発表された[18]

翌年1月3日のヘタフェCF戦で238日ぶりに招集を受け[19]、後半77分にカリム・ベンゼマとの交代でピッチに立った。翌週のビジャレアル戦でも71分から途中出場すると、復帰後初得点を挙げ、4月23日のバレンシア戦では2ゴール2アシストを挙げた。しかし、新加入のメスト・エジルの台頭などもあってレギュラーの座を奪うまでには至らず、シーズン終了後には移籍報道が加熱し、スペイン紙アスが行ったアンケートでは、78%が「カカを放出すべき」と答えた。しかし、カカ自身は一貫してレアル・マドリード残留を明言した[20]。 2013年冬のメルカートにミランは再びカカの獲得に乗り出した。カカ自身も復帰を希望しており、移籍騒動が起きたもののサラリー面で復帰はほぼ不可能となった。その後、カカは「1年はレアルでいいシーズンを過ごしたい」と改めて残留を強調した。

ACミランへの復帰[編集]

2012-13シーズン後、レアル・マドリードイスコガレス・ベイルといった攻撃的なMFを獲得した。これまで十分な出場機会がなかったことや、2014年にブラジルで開催されるワールドカップにむけた出場アピールの機会を求めて、移籍を志願。

2013年9月2日、古巣のACミランへの復帰が決定。大幅に減俸した2年契約である。

オーランド・シティSC時代[編集]

ミランが欧州カップ戦の出場権を逃したため、2014年6月30日に契約解除オプションを行使して退団[21]、7月1日に2015年からメジャーリーグサッカーに新設されるオーランド・シティSCへの加入と古巣サンパウロFCへ半年間へのレンタル移籍が発表された[22]

代表[編集]

ブラジル代表でのカカ(2006年)

2002年ボリビアとの試合で代表戦初出場を果たす。2002 FIFAワールドカップのメンバーにも選ばれ、出場機会はコスタリカ戦での25分のみと少ないながらも優勝を経験した。翌年のCONCACAFゴールドカップではU-23ブラジル代表のキャプテンを務め、3得点を挙げて準優勝に貢献した。FIFAコンフェデレーションズカップ2005でブラジルは優勝し、アルゼンチンとの決勝で得点も決めた。

2006 FIFAワールドカップではロナウジーニョロナウドアドリアーノと共にカルテット・マジコ(「魔法の4人」)を形成し世界中で話題となった。しかしチームは機能せず、個々の選手がバラバラに活躍するのみで優勝候補筆頭といわれた前評判を見せられぬまま、準々決勝でフランスに敗れベスト8で敗退した。

FIFAコンフェデレーションズカップ2009では背番号10を背負い、ブラジルの優勝に貢献すると共に大会最優秀選手(ゴールデンボール)に輝いた。

2010 FIFAワールドカップでは、前回大会のカルテット・マジコから唯一代表に選出された。しかし、結果は前回大会と同じベスト8でオランダに逆転負けを喫し、カカは大会アシスト王となるも無得点に終わった。南アフリカW杯以降は代表に招集されず、コパ・アメリカ2011でもプレーすることはなかった。親善試合の11月10日のガボン戦、同14日のエジプト戦で南アフリカW杯以来となる代表招集を受けたが、ふくらはぎの負傷により代表復帰は見送られた[23]

2012年10月におよそ1年ぶりに代表に招集されると、10月11日のイラクとの親善試合で約2年ぶりとなる出場を果たし、1ゴール1アシストの活躍をみせた[24]

人物[編集]

ブラジル人サッカー選手に多い貧困層出身ではなく、どちらかというと中流階級の育ちであるが、その事を鼻にかけたりせず誰とでも気さくに付き合うようで人間的にも評価が高くチームメイトの信頼も厚い。彼自身、白人であるが人種の坩堝であるブラジル育ちということもあり黒人や黄色人種への人種差別には強固に反対し発言もしている。2008年、2009年とアメリカタイム誌による「世界で最も影響力のある100人」に唯一のサッカー選手として選出された。アメリカという決してサッカー人気が高いとは言えない国による選出には本人も大変感動し、それと同時に正しい価値観を伝えていく責任や義務も感じたという。しかし、2008-09シーズンはクラブにおいて監督の戦術などを批判することもあった[25]

2005年12月、長年の遠距離恋愛を経て5つ下のブラジル人女性カロリーネ・セリコと母国ブラジルにて結婚した。彼女の母親はディオールのブラジル支社の幹部。2008年6月10日に長男ルーカスが、2011年4月23日に長女イザベラが誕生した。2014年離婚。完璧とも言えるカップルが9年間の夫婦生活に終止符を打った。実弟のロドリゴ2005年にACミランへ入団、ジゴン(Digão)の名で選手登録されている。ジゴンは2007年夏にレンタル終了でミランに復帰し、兄と共にプレーしていた。また、呂比須ワグナーとは仲がよく、オフの時はゴルフに行く。カカにとってのアイドルは、ブラジル代表やサンパウロFCなどでプレーしたライー[1]

カカのシューズ

キリスト教福音主義の一派「キリストの再生教会」(本部サン・パウロ)の信者である。愛読書は聖書、好きな音楽はゴスペル、座右の銘は聖書の言葉の「神に忠実なれ」。無人島に3つ物を持っていくとすればサッカーボール、聖書、iPodを持っていきたいと語っている。FIFAクラブワールドカップ2007決勝戦のボカ・ジュニアーズ戦などの試合でゴールを決めた後に「私はイエスのもの」という意味の「I BELONG TO JESUS」という文字が書かれたシャツを見せた他、The Prizeというクリスチャンのサッカー選手の話を集めたDVDに出演[26]した際に、「SEX結婚してからの祝福」と発言し、結婚するまで童貞だった事も告白している。同性愛についても否定的に考えており、ブラジルのゲイ雑誌が彼のそっくりさんのヌードを掲載すると知った際には、「その企画に何らかの形で「カカ」の名前が載った場合、名誉毀損で雑誌を告訴する」と強く主張した[27]

前述の事故の影響で近視になったカカは、試合中はコンタクトレンズを使用し、普段は度の強いメガネをしていたが、2007年6月に極秘でレーシック手術を受けた模様。

用具等はアディダス社と契約している。アルマーニの広告モデルを務めたこともある。また、エレクトロニック・アーツのゲームソフト、FIFA11のカバーにも選ばれた[28]

名前について[編集]

「カカ(Kaká)」という名前は、幼い弟が本名の「リカルド」を発音できずに「カカ」と呼んでいたことに由来する[1]。そのため何の意味も込められたものではない。しかし、イタリアポルトガルなどのラテン語圏において、「カカ」と言う呼び名は発音によっては汚物(CACCA)を意味するため、ACミランへ移籍する際は愛称を変えなくてはならないというような議論もされたようで、またミランより先にオファーしていたユヴェントスFCがこのような理由で獲得を断念したという。「Kaká」は2番目の「á」にアクセントをつけて発音するため、「カ(ッ)カァ」という感じで聞こえることが多い。なお、イタリア語などでは、そのアクセントの表記法に従いKakàとなることがある。ミランでは「リッキー」という愛称で呼ばれていたとのこと。

エピソード[編集]

カカと妻のカロリーネ
  • ACミラン加入の際の移籍金の内、カカ自身の取り分もお世話になったお礼にとサンパウロFCへ渡した。これを知ったミラン経営陣は感激してもう一度カカの取り分を支払った。
  • FIFAクラブワールドカップ2007の大会MVP受賞で獲得した賞金約2050万円(12万8000ユーロ)を、ACミランが運営する基金に全額寄付した[29]
  • 2013年シーズンにACミランに復帰後、左足内転筋を負傷して全治1か月と診断された際、治療期間中の報酬を辞退するとクラブに申し入れた。[30]
  • 世界屈指の人気選手であり、Twitterのフォロワー数は2014年6月現在で約1960万人である。世界のあらゆるアスリートの中でもクリスティアーノ・ロナウドに次いで2番目に多い[31]

日本との関わり[編集]

  • 「もがみ国際交流協会」を通じた、サンパウロFCのジュニアチームと地元少年サッカー少年団との国際親善試合の第1回の招待チームの一員として1993年10月に訪日。山形県最上町に滞在したことがある[32]。当時11歳だったカカは、この試合で最優秀選手に選ばれ、賞金5千円を獲得[33]。このお金は、「初めてのギャラだ」としてブラジルの実家で大切に保管してあるとのこと。またこのときホームステイした家庭及び協会の事務局長を務めた人物とは今もなお親交があり、カカのことを「日本人以上に律儀な子」と語っているほか、FIFAクラブワールドカップ2007出場のため来日した際には2007年12月6日に放送された同大会の特番の番組内で再会を果たしている。なお、事務局長夫婦とのその後の交流を描いた物語が、「日本のお父さん、お母さん」というタイトルで平成20年度の日本の小学校の道徳副読本に掲載された。
  • FIFAクラブワールドカップ2007出場のため来日していた2007年12月8日、パオロ・マルディーニカフークラレンス・セードルフらACミランのチームメイト及びスタッフと共に横浜アリーナで開催されたK-1 WORLD GP 2007 FINALの観戦に訪れ、同大会の中継でも観戦している様子が流された。
  • PlaystationとVAIOの連携によるワールドカップ企画のプロモーションのため、2010年5月28日に配信された週刊トロ・ステーション第三十号にビデオレターで出演。「トロ・ステーションを見ているみんな、こんにちは!カカです」と挨拶した。

個人成績[編集]

クラブ[編集]

クラブ シーズン 背番号 リーグ戦 カップ戦 欧州カップ戦 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
サンパウロ 2001 8 27 12 7 1 5 0 39 13
2002 8 22 9 9 6 - - 31 15
2003 8 10 2 5 0 - - 15 2
通算 59 23 21 7 5 0 85 30
ACミラン 2003-04 22 30 10 4 0 10 4 44 14
2004-05 22 36 7 1 0 13 2 50 9
2005-06 22 35 14 2 0 12 5 49 19
2006-07 22 31 8 2 0 15 10 48 18
2007-08 22 30 15 0 0 9 3 39 18
2008-09 22 31 16 1 0 4 0 36 16
通算 193 70 10 0 63 24 266 94
R・マドリード 2009-10 8 25 8 1 0 7 1 33 9
2010-11 8 14 7 3 0 3 0 20 7
2011-12 8 27 5 4 0 8 3 39 8
2012-13 8 19 3 2 1 6 1 27 5
通算 85 23 10 1 24 5 119 29
ACミラン 2013-14 22
通算 19 5 1 0 5 1 25 6
総通算 337 116 41 8 92 29 470 153

代表での成績[編集]

代表国 出場 得点
2002  ブラジル 5 1
2003 10 5
2004 8 3
2005 13 3
2006 11 5
2007 12 5
2008 3 1
2009 13 1
2010 7 1
2011 0 0
2012 2 2
2013 0 0
通算 84 29

代表での得点[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2002年3月7日 ブラジルの旗クイアバ アイスランドの旗 アイスランド 3–0 6–1 親善試合
2 2003年7月19日 アメリカ合衆国の旗マイアミ コロンビアの旗 コロンビア 1–0 2–0 2003 CONCACAFゴールドカップ
3 2–0
4 2003年7月23日 アメリカ合衆国の旗マイアミ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1–1 1–2 2003 CONCACAFゴールドカップ
5 2003年9月7日 コロンビアの旗バランキヤ コロンビアの旗 コロンビア 1–2 1–2 2006 FIFAワールドカップ・南米予選
6 2003年11月19日 ブラジルの旗クリチバ ウルグアイの旗 ウルグアイ 1–0 3–3 2006 FIFAワールドカップ・南米予選
7 2004年4月28日 ハンガリーの旗ブダペスト ハンガリーの旗 ハンガリー 0–1 1–4 親善試合
8 2004年10月10日 ベネズエラの旗マラカイボ ベネズエラの旗 ベネズエラ 0–1 2–5 2006 FIFAワールドカップ・南米予選
9 0–2
10 2005年3月27日 ブラジルの旗ゴイアニア ペルーの旗 ペルー 1–0 1–0 2006 FIFAワールドカップ・南米予選
11 2005年6月29日 ドイツの旗フランクフルト アルゼンチンの旗 アルゼンチン 2–0 4–1 FIFAコンフェデレーションズカップ2005
12 2005年11月10日 アラブ首長国連邦の旗アブダビ アラブ首長国連邦の旗 UAE 0–1 0–8 親善試合
13 2006年6月4日 スイスの旗ジュネーブ ニュージーランドの旗 ニュージーランド 3–0 4–0 親善試合
14 2006年6月13日 ドイツの旗ベルリン クロアチアの旗 クロアチア 1–0 1–0 2006 FIFAワールドカップ
15 2006年9月3日 イングランドの旗ロンドン アルゼンチンの旗 アルゼンチン 3–0 3–0 親善試合
16 2006年10月10日 スウェーデンの旗ストックホルム エクアドルの旗 エクアドル 2–1 2–1 親善試合
17 2006年11月15日 スイスの旗バーゼル スイスの旗 スイス 1–2 1–2 親善試合
18 2007年3月24日 スウェーデンの旗ヨーテボリ チリの旗 チリ 2–0 4–0 親善試合
19 2007年9月12日 アメリカ合衆国の旗フォックスボロ メキシコの旗 メキシコ 2–1 3–1 親善試合
20 2007年10月17日 ブラジルの旗リオデジャネイロ エクアドルの旗 エクアドル 3–0 5–0 2010 FIFAワールドカップ・南米予選
21 4–0
22 2007年11月18日 ペルーの旗リマ ペルーの旗 ペルー 0–1 1–1 2010 FIFAワールドカップ・南米予選
23 2008年10月11日 ベネズエラの旗サン・クリストバル ベネズエラの旗 ベネズエラ 0–1 0–4 2010 FIFAワールドカップ・南米予選
24 2009年6月6日 ウルグアイの旗モンテビデオ ウルグアイの旗 ウルグアイ 0–4 0–4 2010 FIFAワールドカップ・南米予選
25 2009年6月15日 南アフリカ共和国の旗ブルームフォンテーン エジプトの旗 エジプト 1–0 4–3 FIFAコンフェデレーションズカップ2009
26 4–3
27 2010年6月7日 タンザニアの旗ダルエスサラーム タンザニアの旗 タンザニア 0–4 1–5 親善試合
28 2012年10月11日 スウェーデンの旗マルメ イラクの旗 イラク 3–0 6–0 親善試合
29 2012年10月16日 ポーランドの旗ヴロツワフ 日本の旗 日本 4–0 4–0 親善試合


代表歴[編集]

ブラジル代表でプレーするカカ
FIFAワールドカップ南アフリカ大会、決勝トーナメント1回戦、チリ戦)

獲得タイトル[編集]

代表
クラブ
個人

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f ワールドサッカーダイジェスト』第258号のインタビューにて発言[要ページ番号]
  2. ^ Brazil Travelv-brazil.com
  3. ^ SOCCER : Kaka able to see beyond dollar signsnytimes.com、2004年12月1日
  4. ^ スポーツグラフィックナンバー』第802号より。
  5. ^ Soccer star Kaká puts the floodlights on global hungerWorld Food Programme、2004年11月30日
  6. ^ カカ、ミランひと筋を明言livedoor.com、2007年12月18日
  7. ^ Kaka will not leave Milanskysports、2008年2月29日
  8. ^ “118億円提示、熱帯びるカカ移籍騒動=狙うマンC、交渉進展も”. 時事通信. (2009年1月16日). オリジナル2009年1月21日時点によるアーカイブ。. http://s01.megalodon.jp/2009-0121-0014-43/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090116-00000049-jij-spo 
  9. ^ “サッカー=カカ、ACミランに残留”. ロイター. (2009年1月20日). http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPJAPAN-35962920090120 2011年2月17日閲覧。 
  10. ^ なお、レアル・マドリードは同年夏の移籍市場で前述のジダン獲得を上回る移籍金9400万ユーロ(約128億円)でマンチェスター・ユナイテッドからクリスティアーノ・ロナウドを獲得しており、現在は史上3番目の記録となる。
  11. ^ サッカー選手の高額移籍金ランキング”. AFPBB News (2009年6月12日). 2009年10月9日閲覧。
  12. ^ デイリースポーツオンライン (2009年6月10日). “カカ“円満移籍”92億6年契約でレアルに”. 2009年9月19日閲覧。
  13. ^ カカ レアル・マドリードへ移籍”. AFP BB News (2009年6月10日). 2009年11月23日閲覧。
  14. ^ カカの加入を待ちわびるジダンlivedoor.com、2009年6月5日
  15. ^ カカの入団時、8番はフェルナンド・ガゴが着けており、結果的にはそのガゴが5番を背負うことになった。
  16. ^ 恥骨炎に苦しめられるカカ”. livedoor.com (2010年1月12日). 2010年7月12日閲覧。
  17. ^ Goal.com Special: 10 Worst La Liga Transfers Of 2009-10”. Goal.com (2010年4月14日). 2010年7月12日閲覧。
  18. ^ モウリーニョ・レアルに痛手! カカが半月板損傷で全治4カ月に…”. biglobeニュース (2010年8月6日). 2010年8月31日閲覧。
  19. ^ レアル・マドリーのカカ、238日ぶりの招集メンバー入り”. スポーツナビ (2011年1月3日). 2011年1月4日閲覧。
  20. ^ 長いトンネルから抜け出したカカ”. スポーツナビ (2011年11月18日). 2011年11月18日閲覧。
  21. ^ ミラン、カカー退団を発表”. Goal (2014年6月30日). 2014年7月8日閲覧。
  22. ^ カカーのオーランド移籍が正式発表”. Goal (2014年7月2日). 2014年7月8日閲覧。
  23. ^ カカ、代表復帰ならず”. Goal.com (2011年11月8日). 2011年11月8日閲覧。
  24. ^ 代表復帰のカカー、若手選手たちに好印象”. Goal.com (2012年10月12日). 2012年10月12日閲覧。
  25. ^ なおこの際、メディカルスタッフへの批判も報じられたが、それは当時のブラジル代表監督を務めていたドゥンガがしたことであり、カカがしたというのはメディアの捏造であることが後に発覚した。
  26. ^ カカ以外の出演者はルシオマルコス・セナなど。
  27. ^ http://news.livedoor.com/article/detail/3516960/
  28. ^ Kaká is the new FIFA 11 cover starinside World Soccer、2010年8月6日
  29. ^ 日刊スポーツ (2007年12月18日). “カカが美人妻と離日「来年も」”. 2009年2月18日閲覧。
  30. ^ カカ、給料いらん「愛とサポートで十分」2013年9月18日閲覧
  31. ^ The World Cup Reminds Everyone That Soccer Players Are The Most Popular Athletes HUFF POST 2014年6月30日閲覧。
  32. ^ 2010年6月12日に放送された情報7days ニュースキャスター及び山形の“パパとママ”カカ弾に興奮/F組より
  33. ^ この親善試合の対戦相手の中に、のちにJリーガーとなる佐々木勇人が出場していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]