クリスティアン・ザッカルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスティアン・ザッカルド Football pictogram.svg
名前
カタカナ クリスティアン・ザッカルド
ラテン文字 Cristian Zaccardo
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1981年12月21日(32歳)
出身地 フォルミージネ
身長 184cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ACミラン
ポジション DF(RSB, CB) MF(RSH)
背番号 81
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2004 イタリアの旗ボローニャFC 79 (2)
2000-2001 イタリアの旗スペツィア・カルチョ 30 (0)
2004-2008 イタリアの旗USチッタ・ディ・パレルモ 142 (8)
2008-2009.8 ドイツの旗VfLヴォルフスブルク 15 (1)
2009.8-2013.1 イタリアの旗パルマFC 118 (10)
2013.1- イタリアの旗ACミラン 12 (0)
代表歴2
2004-2008 イタリアの旗 イタリア 17 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年8月13日現在。
2. 2008年6月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クリスティアン・ザッカルドCristian Zaccardo, 1981年12月21日 - )はイタリアフォルミージネ出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー

イタリア代表で、2006年ドイツW杯の優勝メンバー。

来歴[編集]

クラブ[編集]

ボローニャFC下部組織出身。2001年にトップチームに昇格し、フランチェスコ・グイドリン監督によって才能を見出される。

2004年7月1日セリエAに昇格したUSチッタ・ディ・パレルモにグイドリン監督と共に移籍。パレルモには4シーズンに渡って在籍し142試合に出場。アンドレア・バルツァッリジュゼッペ・ビアーヴァらと共にディフェンスラインを形成し、チームの躍進を支えた。

2008年7月1日に同僚のバルツァッリと共にドイツVfLヴォルフスブルクへ移籍金推定700万ユーロで移籍。しかし、サシャ・リーター長谷部誠らとの争いに敗れてレギュラー獲得はならず。クラブは優勝したものの15試合の出場に留まり、全試合に出場したバルツァッリと明暗が分かれた。シーズン終了後に戦力外を言い渡され、ミランやユヴェントス、フィオレンティーナなどが獲得に乗り出した。

2009年8月29日、恩師であるグイドリン監督がいるパルマFCに5年契約で移籍。1年でのイタリア復帰となった。移籍初年度からスタメンの座を確保し、右サイドバックまたは3バックの一角を務めた。

2013年1月25日ロドニー・ストラッサージャメル・メスバフとの2対1の交換トレードでACミランに移籍[1]

イタリア代表[編集]

2004年11月17日フィンランド戦(メッシーナ)でイタリア代表デビュー。2005年10月8日スロベニア戦で代表初ゴールとなる決勝点を挙げた。

2006年ドイツW杯では3試合に出場しイタリアの優勝に貢献。グループステージの最初の2試合では右サイドバックとして先発したが、第2戦のアメリカ戦でオウンゴールを献上している。2007年以降は代表から遠ざかっている。

プレースタイル[編集]

  • 必要に応じてセンターバックでプレーすることもできる右サイドバックで、3バックの右ディフェンダーや中盤でもプレーできるユーティリティプレーヤーである。ヘディングの強さも知られている。

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

ヴォルフスブルク

代表[編集]

  • UEFA U-21欧州選手権 : 2004
  • FIFAワールドカップ : 2006

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 スペツィア・カルチョ 2000-2001 (loan)

脚注[編集]