ダニエレ・ボネーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエレ・ボネーラ Football pictogram.svg
Daniele Bonera.jpg
名前
本名 Daniele Bonera
カタカナ ダニエレ・ボネーラ
ラテン文字 Daniele BONERA
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1981年5月31日(33歳)
出身地 ブレシア
身長 183cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ACミラン
ポジション DF
背番号 25
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2002
2002-2006
2006-
ブレシア・カルチョ
パルマFC
ACミラン
60 (0)
114 (1)
120 (0)
代表歴2
2000
2001-2004
2001-2008
イタリアの旗 イタリアU-20
イタリアの旗 イタリアU-21
イタリアの旗 イタリア
5 (0)
34 (0)
16 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012/13シーズン終了時現在。
2. 2009年3月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダニエレ・ボネーラ(Daniele Bonera, 1981年5月31日 - )は、イタリアブレシア出身のサッカー選手ACミラン所属。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

地元ブレシア・カルチョの下部組織で育ち、1999-2000シーズンにトップチームデビュー。チームがセリエA昇格を果たした翌シーズンからは主力として活躍し、2002年7月にパルマへ移籍した。パルマでも1年目から32試合に出場するなど、4シーズンに渡って主力としてプレーした。

高齢化が著しいミランのDFラインを担うべく2006年夏の移籍市場でミランに入団した。当初はカフーの後任の右サイドバックとして期待されていたものの、思うような結果は残せなかった。しかし怪我人が続出したセンターバックの穴を埋めた事で評価を高めバックアッパーとして定着。2007-08シーズン後半には右サイドバックでの出場機会も増えたが、質の高いクロスを供給しチームに貢献した。

代表[編集]

イタリア代表としては2001年9月5日、20歳の時にモロッコ戦(ピアチェンツァ)でフル代表デビューを飾る。また年代別代表では、2002年、2004年にU-21欧州選手権に出場し、2004年大会ではイタリアの5回目の優勝に貢献。同年に行われたアテネオリンピックでも銅メダル獲得に貢献した。

所属クラブ[編集]