アレッサンドロ・ガンベリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレッサンドロ・ガンベリーニ Football pictogram.svg
AlessandroGamberini.jpg
名前
愛称 ガンベロ
ラテン文字 Alessandro GAMBERINI
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1981年8月27日(33歳)
出身地 ボローニャ
身長 185cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ACキエーヴォ・ヴェローナ
ポジション DF (CB)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2005
2002-2003
2005-2012
2012-2014
2013-2014
2014-
イタリアの旗 ボローニャ
イタリアの旗 ヴェローナ(loan)
イタリアの旗 フィオレンティーナ
イタリアの旗 ナポリ
イタリアの旗 ジェノア(loan)
イタリアの旗 ACキエーヴォ・ヴェローナ
078 (0)
020 (0)
0184 (6)
025 (1)
代表歴2
2000
2001-2004
2007-
イタリアの旗 イタリアU-20
イタリアの旗 イタリアU-21
イタリアの旗 イタリア
1 (0)
4 (0)
8 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年7月1日現在。
2. 2011年7月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレッサンドロ・ガンベリーニAlessandro Gamberini, 1981年8月27日 - )はイタリアエミリア=ロマーニャ州ボローニャ出身のイタリア代表ACキエーヴォ・ヴェローナ所属のサッカー選手。ポジションはディフェンダー

人物[編集]

10代の頃からセリエAの舞台で活躍し、若い頃からベテランのような経験を持ち合わせていた。2005年にフィオレンティーナに移籍後は、UEFAチャンピオンズリーグやイタリア代表の試合にも出場し、同クラブの守備の中心的な選手として活躍する。2011年7月からフィオレンティーナのキャプテンを務める[1]

来歴[編集]

ボローニャ[編集]

主にセンターバックとして名門ボローニャの下部組織で成長した。この頃は怪我人が出るなどの非常時にはサイドバックとしてもプレーしている。フランチェスコ・グイドリン監督の元、2000年1月9日ラツィオ戦で19歳でセリエAにデビュー。しかし、1-3で敗れプロ公式初試合は黒星スタートとなった。その後は若手ながらも2002年までの2シーズン半をセリエAの舞台で活躍し34試合に出場、U-21のイタリア代表にはコンスタントに招集されていた。若手ながらトップリーグに出場することが叶ったがセンターバックは経験が必要とされるポジションであるため、夏にはクラブはさらなる出場機会を与えるために当時セリエBに所属するエラス・ヴェローナへレンタル移籍させる。ヴェローナではアルベルト・マレザーニに指導を受け、怪我によって長期離脱するシーズン後半戦以外はスタメンで出場を重ね、20試合に出場する。2003年にボローニャにカルロ・マッツォーネ監督が就任すると、ガンベリーニは再びボローニャに呼び戻される。2003-04シーズンは控え選手ながらもセリエAで経験を積むチャンスがあり、このシーズンのインテル戦では快足のオバフェミ・マルティンスを押さえ込むなど、印象的なプレーを披露する。シーズン後の夏にはUEFA U-21欧州選手権イタリア代表メンバーとして出場し、優勝している。2004-05シーズンには、23歳ながらレギュラーとして活躍する。しかし、チームは振るわず18位でシーズンを終え、パルマFCとのプレーオフにも破れセリエBに降格。レンタルから復帰した2シーズンで計44試合に出場している。ボローニャが降格したことを受けクラブは主力選手を手放すことになり、移籍を決意した。

フィオレンティーナ[編集]

2008年のUEFAカップでは準決勝に進んだ

2005年、当時パンタレオ・コルヴィーノチェーザレ・プランデッリ監督を招聘し、若手中心のチーム作りを目指していたフィオレンティーナに移籍金300万ユーロ[2]で移籍。クラブはルカ・トーニセバスティアン・フレイら即戦力のベテランを獲得する一方で、同時期にフィオレンティーナへ移籍したリッカルド・モントリーヴォマヌエル・パスクアルらと共に未来への投資とされた。そのため移籍初年度はダリオ・ダイネッリの控えとしてベンチで過ごすことが多く、19試合出場に止まる。2005-06シーズンは少ない出場機会であったが、若手ながらも落ち着いたプレーをしていたことで徐々にプランデッリ監督の信頼を得ている。シーズン後には2006年FIFAワールドカップドイツ大会直前のイタリア代表合宿にサプライズ招集される。最終選考メンバーには漏れることになったがガンベリーニのポテンシャルが認められた形となった。2006-2007シーズンの前半戦はダイネッリ、ペア・クロルドルップに次ぐ第3のCBとして過ごしていた。しかし、2006年12月17日に行われた対ACミラン戦においてクロルドルップが致命的なミスを犯しレギュラーを外されると、その後はレギュラーに昇格。安定感のあるプレーを披露、チームのシーズン最小失点に貢献する。2007年3月4日に行われたトリノ戦において、自身のセリエA初得点を記録するばかりかドッピエッタ(2得点)を達成した。シーズン終了後にはドナドーニ監督にそれらの活躍が認められイタリア代表に再招集される。2007-2008シーズンは不動のレギュラーとして、チームはカンピオナートで4位となりUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献、UEFAカップでは準決勝に進み国際経験を積んだ。シーズン後は出場機会は無かったものの、大会直前の練習中に負傷離脱したファビオ・カンナヴァーロに変わり追加招集され、UEFA欧州選手権2008のイタリア代表メンバーとなる。

2008-2009シーズンにはクラブでも主軸として独り立ちし、GKのセバスティアン・フレイと並ぶディフェンスリーダーへと成長した。チームも好調を維持し、2年連続のリーグ4位となりUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得する。2009年9月30日チャンピオンズリーグリヴァプールFC戦では、プレミア・リーグ屈指のフォワードでありスペイン代表のエースでもあるフェルナンド・トーレスのマーカーとして完璧に押さえ込み、チームの勝利(2-0)に貢献した[3]2011年7月17日に、モントリーヴォの後釜としてキャプテンに任命された[1]

ナポリ[編集]

2012年7月16日、チームメートのヴァロン・ベーラミと共にSSCナポリに3年契約で移籍[4]ミゲル・アンヘル・ブリトスの負傷もあって3バックの左CBで出場することが多く、25試合に出場した。

ジェノア[編集]

ワルテル・マッツァーリインテルに移りラファエル・ベニテスが新監督に就くと、彼のバレンシアCF時代の教え子であるラウール・アルビオルが加入したため2013年8月22日ジェノアCFCにレンタル移籍[5]

エピソード[編集]

  • ラフプレーではなく事故のようなものであったが、アンドレイ・シェフチェンコを2度も病院送りにしたことでも知られる。
  • ニックネームの「ガンベロ(Gambero)」はイタリア語で、エビやザリガニを意味する。名前の響きと、マークする相手を捕らえたら放さないプレースタイルに起因する。しかし本人はこのニックネームをあまり気に入っておらず、「アレックス」や「サンドロ」と呼んで欲しいとインタビューで語ったことがある。
  • 髪型は短いモヒカンであり、現地イタリアでは「モヒカーノ(Mohicano)」とも呼ばれる。

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 エラス・ヴェローナ 2002-2003 ※レンタル
イタリアの旗 ジェノアCFC 2013-2014 ※レンタル

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
イタリア リーグ戦 イタリア杯 オープン杯 期間通算
1999-00 ボローニャ 14 セリエA 4 0
2000-01 16 15 0
2001-02 15 0
2002-03 ヴェローナ - セリエB 20 0
2003-04 ボローニャ 25 セリエA 16 0
2004-05 3 28 0
2005-06 フィオレンティーナ 5 19 0
2006-07 28 3
2007-08 31 1
2008-09 34 0
2009-10 18 0
2010-11 35 1
2011-12 29 1
2012-13 ナポリ 55 25 1
通算 イタリア セリエB 20 0
イタリア セリエA 287 7
総通算 307 7

獲得タイトル[編集]

代表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b GAMBERINI È IL NUOVO CAPITANOviolachannel.tv(2011-7-17)(イタリア語),2011-7-17閲覧
  2. ^ 公式発表:ガンベリーニをボローニャから300万ユーロで獲得fiorentina.it
  3. ^ リバプール、ヨベティッチの2発に沈むuefa.com
  4. ^ ナポリ、ベーラミ&ガンベリーニ獲得を発表Goal.com
  5. ^ ナポリ、ガンベリーニがレンタルでジェノアへGoal.com 2013年8月23日

外部リンク[編集]