エミリア=ロマーニャ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エミリア=ロマーニャ州
Regione Emilia-Romagna
エミリア=ロマーニャ州の州旗
エミリア=ロマーニャ州の州旗
Emilia-Romagna in Italy.svg
イタリアの旗 イタリア
地域 イタリア北東部
州都 ボローニャ
面積 22,123.09 [1] km²
人口 4,341,240 [2]2012-01-01
人口密度 196.2 人/km2
ボローニャフェラーラフォルリ=チェゼーナモデナパルマピアチェンツァレッジョ・エミリアリミニラヴェンナ
コムーネ 341 (一覧
公式サイト [1]

エミリア=ロマーニャ州イタリア語: Emilia-Romagna)は、イタリア共和国北東部に位置する。州都はボローニャ

名称[編集]

標準イタリア語以外では以下の名称を持つ。

  • エミリア語 (en: Emélia-Rumâgna
  • ロマーニャ語 (en: Emélia-Rumâgna

州名は、州西部から中部にかけての「エミリア地方」 (it:Emiliaと州東南部「ロマーニャ地方」を結んだものである。ロマーニャ地方はラヴェンナ県、フォルリ=チェゼーナ県、リミニ県一帯を指す。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

イタリア共和国北東部の州で、イタリア半島のつけ根に位置し、東部はアドリア海に接する。州都ボローニャは、フィレンツェから北へ81km、ヴェネツィアから南西へ131km、アンコーナから北西へ199km、ミラノから南東へ201km、首都ローマから西北西へ304kmの距離にある。

隣接する州および国は以下の通り。

主要な都市[編集]

人口10万人以上のコムーネは以下の通り。人口は2012年1月1日現在[2]

ボローニャ 
パルマ 
モデナ 
レッジョ・エミリア 
ラヴェンナ 

行政区画[編集]

エミリア=ロマーニャ州と各県

エミリア=ロマーニャ州は、以下の9県からなる。

左端の数字はISTATコード、アルファベット2文字は県名略記号を示す。人口は2012年1月1日現在[2]。面積の単位はkm²。

県名 綴り 県都 面積 人口
033 PC ピアチェンツァ県 Piacenza ピアチェンツァ 2,589 284,440
034 PR パルマ県 Parma パルマ 3,449 427,164
035 RE レッジョ・エミリア県 Reggio Emilia レッジョ・エミリア 2,293 517,772
036 MO モデナ県 Modena モデナ 2,688 685,822
037 BO ボローニャ県 Bologna ボローニャ 3,703 976,053
038 FE フェラーラ県 Ferrara フェラーラ 2,631 352,856
039 RA ラヴェンナ県 Ravenna ラヴェンナ 1,858 384,428
040 FC フォルリ=チェゼーナ県 Forlì-Cesena フォルリ 2,377 390,677
099 RN リミニ県 Rimini リミニ 863 322,028

文化・観光[編集]

言語[編集]

エミリア・ロマーニャ語の分布

2006年の国立統計研究所(ISTAT)の統計によれば、6歳以上の住民の家庭内での会話における言語状況は以下の通り[3]。イタリア語(Italiano)、地方言語(Dialetto)、他の言語(Altra lingua)についてのデータで、左列が全国平均、右列がエミリア=ロマーニャ州の数値である。

家庭内の会話における使用言語 全国
イタリア語のみ、あるいは主にイタリア語 45.5% 55.0%
地方言語のみ、あるいは主に地方言語 16.0% 10.5%
イタリア語と地方言語の双方 32.5% 28.3%
他の言語 5.1% 5.5%

エミリア=ロマーニャ州では、標準イタリア語と区別される地方言語としてエミリア語 (Emilian languageとロマーニャ語 (Romagnol languageが話されている。エミリア語とロマーニャ語はエミリア・ロマーニャ語と呼ばれるグループの言語で、州のほぼ全域に加えてサンマリノなどでも話されている。エミリア・ロマーニャ語は北イタリアで話されているピエモンテ語・ロンバルド語・リグリア語・ヴェネト語などと同様のガロ・イタリア語に属する言語で、ガロ・イタリア語と総称される。エスノローグや、ユネスコが定める危機に瀕した言語 (Red Book of Endangered Languagesでは、エミリア・ロマーニャ語はイタリア語と別の言語とされている。

食文化[編集]

タリアテッレ・ボロネーゼ
パスタ・スープ類
エミリア=ロマーニャ地方のパスタは、卵を用い薄力粉で作られているのが特徴である。ボローニャは、トルテッリーニラザニアタリアテッレで知られており、州内の他の地域でも同様のパスタ料理が見られる。肉とトマトを主材料とするミートソースを用いた料理は、ボローニャ風(ボロネーゼ)と呼ばれる。
レッジョ・エミリアでは新鮮な卵を用いて作られたパスタであるカッペレッティ (it:Cappellettiが知られる(ボローニャのトルテッリーニと似ているが大きさが異なる)。エルバッツォーネ (it:erbazzoneは、典型的にはホウレンソウとパルミジャーノ・レッジャーノを詰めた塩味のあるパイである。ニョッコ・フリットは一種の揚げパンで、ハムやサラミと組み合わせて楽しまれる。
ロマーニャ地方では、ガルガネッリ (Garganelli、ストロッツァプレティ (Strozzapretiなどが食べられる。ロンバルディア料理の影響の強いピアチェンツァでは米がよく食べられるが、ピアチェンツァを除くエミリア地方ではそれほど食べられていない。ポレンタはエミリア地方でもロマーニャ地方でもよく食べられる。
魚料理
アドリア海沿岸は漁場としても知られ、特にウナギとハマグリが有名である。
プロシュット・ディ・パルマ
ボローニャのモルタデッラ
モデナのザンポーネ
畜肉加工品・肉料理
エミリア=ロマーニャ州は食肉加工品(とくに豚肉を原料とするもの)で名高い。イタリア語では豚肉の加工食品を総称してサルーメ salumeと言うが、その一種であるサラミ(イタリア語ではサラメ salame)やハム類(プロシュットなど)が生産されている。プロシュット・ディ・パルマ(いわゆるパルマハム)やモルタデッラ(いわゆるボロニアソーセージ)などはよく知られている。
パルマではクラテッロやサラミ・ディ・フェリーノ (Salame di Felinoが、ピアチェンツァではパンチェッタやコッパ (it:Coppa (salume)やサラミが、ボローニャではモルタデッラやサラミが、モデナではザンポーネやコテキーノが、フェラーラではサラマ・ダ・スゴ (it:Salama da sugoがそれぞれ有名であり、原産地名称保護(DOP)や地理的表示保護(IGP)の指定を受けているものも多い。ピアチェンツァやフェラーラでは、馬肉やロバ肉を用いた料理がある。
DOPやIGPの指定を受けているものに以下がある。
パルミジャーノ・レッジャーノ産地に掲げられた看板
チーズ
パルミジャーノ・レッジャーノ(パルメザンチーズ)はレッジョ・エミリア、パルマ、モデナ、ボローニャで生産され、料理に広く使われている。ピアチェンツァなどではグラナ・パダーノが生産される。
菓子(ドルチェ
地域の伝統的なデザートとしては、ズッパ・イングレーゼ (it:Zuppa inglese(アルケルメスというリキュールをしみこませたスポンジケーキとカスタードクリームを相互に重ね合わせ、生クリームなどで装飾を施したデザート)、パンペパート (it:Pampepato(コショウ、チョコレート、スパイス、アーモンドで味付けされたクリスマスケーキ)などがある。
ワイン
以下の産地名称は、イタリアの原産地名称保護制度の中で最上級にあたる保証つき統制原産地呼称(DOCG)に指定されている。
このほか、地域で生産される重要なワインとしては、ロマーニャのサンジョヴェーゼ、レッジョ・エミリアおよびモデナのランブルスコ、カニーナ・ディ・ロマーニャ (Cagnina di Romagna、ピアチェンツァのトレッビアーノがある。
伝統的なバルサミコ酢の樽
バルサミコ酢
有名なバルサミコ酢は、エミリア地方のモデナ県、レッジョ・エミリア県で醸造される。この地域において規定の方法で醸造されたもののみが「アチェート・バルサミコ・トラディツィオナーレ」(Aceto Balsamico Tradizionale, 伝統的バルサミコ酢)と名乗ることが許される。
オリーブオイル
その他の農産物

世界遺産[編集]

スポーツ[編集]

サッカー[編集]

州内に本拠を置くプロサッカークラブとしては以下がある。所属リーグは2012-13シーズン現在。

5部リーグ(アマチュア最上位リーグ)のセリエDでは、ジローネB,D,Fに属する。エミリア=ロマーニャ州の地方リーグ(6部リーグ)として、エッチェッレンツァ・エミリア=ロマーニャ (it:Eccellenza Emilia-Romagnaがある。

交通[編集]

空港[編集]

主要な空港には以下がある。

姉妹都市・友好都市[編集]

つくば万博(1985年)を契機に交流を開始[4]

人物[編集]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]