リグリア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リグリア語
Lengoa ligure
話される国 イタリアの旗 イタリア
モナコの旗 モナコ
フランスの旗 フランス
地域 南ヨーロッパ
話者数 505,100人
言語系統
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 lij
薄紫色がリグリア語の分布範囲
消滅危険度評価
危険 (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

リグリア語(Léngoa lìgure)はイタリア北西部を中心に分布する方言、もしくはロマンス語系の地方言語

古代イタリアに居住したリグリア族英語版が用いた古代リグリア語英語版(イタリック語派、もしくはケルト語派と考えられている)とは異なり、リグリア族を滅ぼしたラテン民族ローマ帝国によるラテン語から派生したロマンス系言語である。

分布[編集]

特徴[編集]

方言[編集]

モナコ方言で書かれたリグリア語の看板
  • ジェノヴァ方言(最も話者を持つ) Genoese (lij-gen)
  • モナコ方言 (モナコ語) Monégasque (lij-mon)
  • Spezzino (lij-spe)
  • Intemelio (lij-int)
  • Tabarchino (lij-tab)
  • Bonifacino (lij-bon)

歴史[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「リグリア語」は、イタリアに関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正等して下さる協力者を求めていますP:イタリア/PJイタリア)。