イストリア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イストリア語
bumbaro, vallese, rovignese, sissanese, fasanese, gallesanese
話される国 イストリア半島
話者数 1,000-2,000
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 ist
Linguasphere 51-AAA-na
消滅危険度評価
重大な危険 (UNESCO)
Status-unesco-severely.svg
テンプレートを表示
イストリア語の話される地域の変遷。1850年が緑、1900年が灰色、1950年が赤色で示されている。2000年にはロヴィニとヴォドニャンが残るのみである。

イストリア語 (イストリアご)は 、アドリア海北部のイストリア半島西部の海岸部、とくにクロアチアロヴィニクロアチア語: Rovinj,イタリア語: Rovigno)とヴォドニャンクロアチア語: Vodnjan,イタリア語: Dignano)で話されるロマンス諸語のひとつである。


分類[編集]

イストリア語はラディン語と関係のある、ロマンス諸語の一つである。イタリアの言語学者マッテオ・バルトリによれば、ラディン語が用いられる地域は西暦1000年までは拡大し、イストリア半島南部からフリウーリスイスの東部にまで広がったとされる[1]

イストリア語には歴史上常に非常に限られた数の話者しかおらず、その特異性のためにイストリア語の分類は不明確なままであるが、次のような見方がある。

イストリア半島イタリア王国の領土であった時、イストリア語は公的にはヴェネト語の下位方言であるとみなされていた[3]

なお、イストリア語話者が自らの言語をさして「イストリア語」と称したことはなく、もともとは、イストリア語を話す6つの都市の名前にちなんで6つの呼称があった。「イストリア語」の呼び名は 19世紀のイタリアの言語学者 Graziadio Isaia Ascoli によって作られたものである。

現在話者はおよそ 1000 人で、消滅危機言語のひとつとなっている。

[編集]

例として、イタリア語との比較を以下で行う。

イストリア語 イタリア語

La nostra zì oûna longa cal da griebani:

i spironi da Monto inda uò salvà, e 'l brasso da Vistro uò rastà scuio pei grutoni pioûn alti del mar, ca ruzaghia sta tiera viecia-stara. Da senpro i signemo pissi sensa nom, ca da sui sa prucoûra 'l bucon par guodi la veîta leîbara del cucal, pastadi dala piova da Punente a da Livante e cume i uleîi mai incalmadi. Fra ste carme zì stà la nostra salvissa, cume i riboni a sa salva dal dulfeîn fra i scagni del sico da San Damian; el nostro pan, nato gra li gruote, zi stà inbinideî cul sudur sula iera zbruventa da Paloû... e i vemo caminà par oûna longa cal da griebani, c'ancui la riesta lissada dali nostre urme.

La nostra è una lunga strada irta di sassi:

gli speroni di Monto ci hanno salvato, ed il braccio di Vistro è rimasto scoglio per le grotte poste più in alto del mare, che erode questa antica terra. Da sempre siamo pesciolini che da soli si procurano il boccone per godere la libera vita del gabbiano, oppressi dalla pioggia di Ponente e di Levante come olivi senza innesti. Fra queste insenature è stata la nostra salvezza, come i riboni si salvano dal delfino fra le tane della secca di San Damiano; il nostro pane, nato tra le grotte, è stato benedetto col sudore nell'aia ribollente di Palù... ed abbiamo camminato per una lunga strada dissestata, che oggi rimane spianate dai nostri passi.

脚注[編集]

  1. ^ Bartoli, Matteo. Le parlate italiane della Venezia Giulia e della Dalmazia. Tipografia italo-orientale. Grottaferrata 1919.
  2. ^ Ethnologue entry for Istriot
  3. ^ Tagliavini, Carlo. Le origini delle lingue neolatine. Patron Ed. Bologna 1982.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

いずれも英語。