サルデーニャ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サルデーニャ語
Sardu / Limba sarda
話される国 イタリアの旗 イタリア
地域 サルデーニャ
話者数 165万人
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語 サルデーニャの旗 サルデーニャ
少数言語としての承認 イタリアの旗 イタリア
統制機関 Limba Sarda Comuna
言語コード
ISO 639-1 sc
ISO 639-2 srd
ISO 639-3 srdマクロランゲージ
個別コード:
sro — カンピダーノ・サルデーニャ語
sdn — ガッルーラ・サルデーニャ語
src — ログドレーゼ・サルデーニャ語
sdc — サッサリ・サルデーニャ語
テンプレートを表示
サルデーニャ島の話者分布

サルデーニャ語イタリア領内地中海サルデーニャ島で使われている言葉であり、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属すロマンス諸語の1つで、ロマンス諸語の中では特異な言語である。(たとえば冠詞がilleではなくipseから由来していること、debereを使った未来時制など)

サルデーニャ語ではSarduイタリア語ではSardoと表記される。

イタリア語と異なり、西ロマンス語(フランス語スペイン語など)の特徴である名詞の複数形の語尾変化 "-s" など、イタリア語との差異は大きい。

そのため、本土の諸方言やシチリア語コルシカ語のようなイタリア語の方言姉妹言語ではなく、ロマンス語ではあるものの初期の段階で大陸ロマンス語(イタリア語・フランス語・スペイン語・ルーマニア語など)と分かれた「島嶼ロマンス語」の生き残りとする説が強い。

方言[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]