ウンブリア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紀元前6世紀のイタリアの言語分布

ウンブリア語(ウンブリアご、英語:Umbrian language, イタリア語:Lingua umbra)は、古代イタリア半島ウンブリア地方で話されていた言語インドヨーロッパ語族イタリック語派オスク・ウンブリア語群に属する。紀元前7世紀から1世紀までの碑文が約30個残っており、その中でもイグウィウムの青銅板が最も知られている。

ウンブリア語は、他の古イタリア文字と同様にエトルリア文字に由来しているため、右から左へ表記するのが特徴。

なお現在のウンブリア地方のイタリア語ウンブリア方言を指してウンブリア語という場合があるが、上記とは別物である。

執筆の途中です この「ウンブリア語」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア