ルーマニア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーマニア語
limba română
発音 IPA: [ˈlimba roˈmɨnə]
話される国 ルーマニアの旗 ルーマニア
モルドバの旗 モルドバ
セルビアの旗 セルビアヴォイヴォディナ
ハンガリーの旗 ハンガリー
ドイツの旗 ドイツ
ロシアの旗 ロシア
ウクライナの旗 ウクライナ
イスラエルの旗 イスラエル
カナダの旗 カナダ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
地域 東ヨーロッパ
話者数 2,600万人
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語 ルーマニアの旗 ルーマニア
モルドバの旗 モルドバ
ヴォイヴォディナの旗 ヴォイヴォディナ
統制機関 Academia Română
言語コード
ISO 639-1 ro
ISO 639-2 rum (B)
ron (T)
ISO 639-3 ron
ルーマニア語話者の多い国
テンプレートを表示

ルーマニア語(limba română)は、ルーマニアの公用語であり、またその周辺地域でも使用されている言語である。インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に分類される。ラテン語の東部地域における方言。バルカン・ロマンス語派モルドバ語ルーマニア語とほぼ同じ言語である。アルーマニア語は、ルーマニア語の方言とされる事もあるが、意思疎通が困難である。

歴史[編集]

ダキア・ルーマニア語は、ラテン口語やダキアトラキア語などを起源にもつバルカン・ロマンス語の一方言がスラヴ語などの強い影響を受けることにより、中世に成立した。現在のルーマニア語諸方言は、7世紀から10世紀のある時点までは、ひとつの言語だったと考えられている。

周辺にスラヴ語民族が多く、教会(現在のルーマニア正教会)の典礼言語がかつては教会スラヴ語であったことから、スラヴ語の影響を極めて多く受けた。語彙にスラヴ語の影響が多く20%がスラヴ語からの借用である。19世紀以前の記録はキリル文字で書かれている。また16世紀以降はトルコ語からの借用語が増大した。

18世紀に行なわれた“浄化”運動により、アルファベットをキリル文字からラテン文字に改めるとともに、スラヴ語やギリシア語トルコ語などの影響をラテン語フランス語イタリア語などからの借用により排除する国によるロマンス語化が進められ、今日に繋がるルーマニア語を造成した。しかしながらスラヴ語の影響を完全に除去することは出来なかった。

特筆すべきこととして、ルーマニア語は、東方正教会を信仰する地域の言語であるため、他のロマンス語と異なり、文化的にほとんどローマ・カトリックの影響を受けていないことが挙げられる。

文字と発音[編集]

ルーマニア語アルファベットも参照のこと。

  • a, e, i, o, u: 基本的にはイタリア語やスペイン語などと同じ。
    • e, o: 上昇二重母音 ea, eo, oa の第一要素になる。
    • i: 語末無強勢で直前が子音のときは、その子音を軟口蓋化し、母音としては発音しない。
  • â, î: どちらも同じ音 /ɨ/非円唇中舌狭母音)をあらわす。現在の正書法では、語中では â を、語頭と語末では î を用いる。
  • ă /ə/: a と â の中間の音。閉じた「ア」。
  • ş /ʃ/: 無声後部歯茎摩擦音
  • j /ʒ/: 有声後部歯茎摩擦音
  • ţ /ʦ/: 無声歯茎破擦音
  • c, g: イタリア語と同じく、e, i の前で硬口蓋音化し、h の挿入によって軟口蓋音に保たれる。
    • なお cî, gî は /ʧɨ, ʤɨ/ ではなく /kɨ, ɡɨ/ である。

ルーマニア語アルファベット[編集]

文法的特徴[編集]

  • 男性・女性・中性の3性を持つ
  • 後置定冠詞
  • 他のロマンス諸語とは違い、格変化を保っている
ブルガリア語アルバニア語などバルカン諸語と共通の特徴を持つ(バルカン言語連合)。
アルーマニア語(マケドルーマニア語)については、独立した言語と見る見方が大勢である。

関連項目[編集]

Map-balkans-vlachs.png

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]


ルーマニア語ラジオ[編集]