アルピタン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルピタン語
arpetan
話される国 フランスの旗 フランス
スイスの旗 スイス
イタリアの旗 イタリア
地域 ヨーロッパ
話者数 137,000人[1]
言語系統
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 frp
FRP-Map4.png
消滅危険度評価
危険 (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

アルピタン語(アルピタンご、アルピタン語: arpetan)は、ヨーロッパで話されている言語である。フランコ・ブロヴァンス語あるいはフランコ・ブロヴァンサル語という名称でもよく知られている。

フランスイタリアスイス国境付近で話される諸方言の総称で、フランス語の方言ともされるが、違いが大きい。イタリアのヴァッレ・ダオスタ州のものはアオスタ語とも呼ばれる。プッリャ州チェッレ・ディ・サン・ヴィートファエートでも話されている。イタリア・スイスにおいては危機に瀕する言語である。

一部がスイスジュネーヴ州の州歌にもなっている長編詩“Cé qu'è lainô”(17世紀初頭)は、この言語で書かれて、現在最も良く耳にすることの出来る文献の一つでもある。

方言[編集]

  • Neuch-Telois (frp-neu)
  • Valaisan (frp-val)
  • Faeto (frp-fae)
  • Vaudois (frp-vau)
  • Savoyard (frp-sav)
  • Celle San Vito (frp-cel)
  • Valle D'aosta (frp-vad)
  • Neuchatelais (frp-nec)
  • Dauphinois (frp-dau)
  • Lyonnais (frp-lyo)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Arpitan”. SIL (n.d.). 2014年1月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]