中世フランス語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中世フランス語
Moyen français
話される国 フランス
母語話者数
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 frm
ISO 639-3 frm
テンプレートを表示

中世フランス語(ちゅうせいふらんすご、フランス語: moyen français)は(概ね)1340年から1611年の時代を含むフランス語の歴史的時代区分である[1]。次の内容の過渡期である。

  • フランス語は明らかに時に古フランス語ancien français)の概念で抱合されている他の競合するオイル語から区別されるようになった。
  • フランス語はラテン語や他のオイル語やオック語の代わりにフランス王国の公用語とされた。
  • フランス語の文語的発展で17世紀から18世紀に話された古典フランス語français classique)に対する語彙と文法が用意された。

歴史[編集]

中世フランス語に見られる最も重要な変化は、(既に何世紀にもわたって起きている)名詞のディクレンションの完全な喪失である。最早名詞の主格斜格の間に区別はなく、複数形は単にsで表される。この変換は文中の語順をよりどころとし、(16世紀までの文の二番目に動詞が来るというよりどころがあるが)幾分現代フランス語の統語論となっている[2]

エリート層ではラテン語は依然として教育や行政、官僚の言語であり、ヴィレル・コトレ布告フランソワ1世がフランス語を法律上の唯一の言語とした1539年にこの状態は変わった。地域差は依然としてフランス全土で非常にはっきりとしていた。フランスの南では、オック語が優勢で、中部フランスの東側は、アルピタン語が優勢で、一方でフランシアン語とは別のオイル語が依然として使われていた。1539年に義務化された行政語は、一般に現代の言語学者により[誰?]一つの方言が勝利したというよりは地域的な特徴を持ったオイル語が一般化したものと考えられている。

古典的な文書の持つ魅力から時に豊富な古フランス語の語彙に損害を与えてラテン語ギリシア語から数多の借用語が導かれた。ラテン語起源の数多の新語があり、ラテン語起源の単語との相似を齎すフランス語の綴りを修正した学者もいた(しかしこのことは単語の綴りと発音方法に極端な相違を生じた)[3]

イタリアのフランス戦争やフランス宮廷にイタリア人がいたことは、フランス語にイタリアのヒューマニズムと接触させることになった。軍事(alarme, cavalier, espion, infanterie, camp, canon, soldat)や芸術(特に建築分野におけるarcade, architrave, balcon, corridorや文学のsonnet)に関連する単語が、イタリア語から借用された。この傾向は古典フランス語を通じて続くことになる。

スペイン語(casque)やドイツ語reître)やアメリカ大陸(cacao, hamac, maïs)からの借用語もいくつかあった[4]

英語に対するアングロ=ノルマン語の隆盛によりイングランドからノルマン語起源の単語が駆逐された。現在ロマンス語起源の単語に戦争と通商を通じて二重語としてフランス語に戻った単語がある。

同時に古フランス語の単語の多くが、意味と使用法において違っている、

この時代の綴りと句読法は、非常に規則性がなかった。1470年に印刷が始まると、綴りを改良する必要に迫られた。改良を提案した一人が、ジャック・ペルチエ・デュ・マンで、表音式綴りを発展させ、新たに印刷に関する記号を導入したが(1550年)、この綴りの改革は、続かなかった。

この時代はロベール・エティエンヌの最初のフランス語文法書が出版されたり仏羅辞典が出版された(1539年)。

17世紀初めにフランス語は古典フランス語に連なるフランス語の連続した統一やある形態に対する抑圧、規則が見られることになった。

文学[編集]

中世フランス語はフランソワ・ヴィヨンクレマン・マロフランソワ・ラブレーミシェル・ド・モンテーニュピエール・ド・ロンサールプレイヤード派の詩人に見られる言語である。

フランス語の肯定と賛美は、詩人ジョアシャン・デュ・ベレーによる「フランス語の擁護と例証」(1549年)でその最も偉大な兆候を見出し、(ペトラルカダンテ・アリギエーリのトスカーナ方言のような)フランス語が文学的表現に相応しい言語であることを維持し、(ラテン分野の模倣を含む)言語上の創造と浄化の綱領を公表した。

参照[編集]

  • Larousse dictionnaire du moyen français. Paris: Larousse, 1992.
  • H. Bonnard. Notions de style, de versificiation et d'histoire de la langue française. Paris: SUDEL, 1953.
  • W. von Wartburg. Évolution et structure de la langue française. Berne (Switzerland): Francke A.G., 1946.

[編集]

  1. ^ Larousse, v.
  2. ^ Larousse, xxvi.
  3. ^ Larousse, vi, xiii-xiv, xvii; Bonnard, p. 113-114.
  4. ^ Bonnard, p. 114.

外部リンク[編集]