セーシェル・クレオール語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セーシェル・クレオール語
Kreol, Seselwa
話される国 セーシェル
話者数 72,700[1]
言語系統
クレオール言語
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 なし
ISO 639-3 crs
テンプレートを表示

セーシェル・クレオール語Seychellois Creole、セーシェル・クレオール語:Kreol)は、セーシェルで使用されているクレオール言語である。セーシェルにおいて英語フランス語と共に公用語となっている。話者は72,700人。

概要[編集]

1976年の独立以来、セーシェル政府は独自の正字法文法とともにクレオール語をひとつの言語として発展させようとし、この目的のためにクレオール語学会 (Lenstiti Kreol, l'Institut créole) を設立した。

もともとのフランス語と比較して、クレオール語の単語の綴りはかなり簡単になっている。「We all need to work together to build our future」の翻訳を以下で示す。

  • クレオール語: Nou tou bezwen travay ansamn pou kree nou lavenir.
  • フランス語: Nous tous avons besoin de travailler ensemble à créer notre avenir.

クレオール語では、フランス語から借用したlelaおよびles定冠詞は、単語の一部となる。"future"という単語は "lavenir"(フランス語ではavenir)になる。所有格代名詞を付け加えることで作られるため、"our future" は "nou lavenir" で、文字通りには "we-the-future" となる。同様に複数形は、フランス語ではles Îles Éloignés Seychelles(外側のセーシェル諸島)のところが、クレオール語ではZil Elwanyen Seselとなる。Zilは、フランス語で"les Îles"が"/le"zil/"と発音されるためである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ethnologue report for language code/crs” (英語). Ethnologue.com. 2007年9月28日閲覧。

外部リンク[編集]