マティルデ・ディ・カノッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マティルデ・ディ・カノッサ(右側)

マティルデ・ディ・カノッサ(Matilde di Canossa, 1046年? - 1115年7月24日)は、トスカーナ女伯。所領のカノッサ城でいわゆる「カノッサの屈辱」事件が起こった。

マティルデの父・トスカーナ侯ボニファチオはトスカーナからロンバルディア一帯を所有する大貴族で、彼女は兄姉を早くに失い一人娘だったため、1052年に父が亡くなった時、8歳で女相続人となった。ロートリンゲン公ゴドフロワ4世(せむし公)と結婚して娘を産んだが、娘は間もなく亡くなったと言われる。1076年に夫と母親を亡くし、1人で所領を治めることになった。

ローマ教皇グレゴリウス7世神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世との争いでは一貫して教皇側を支持し、1077年にグレゴリウス7世がアウクスブルクでのドイツ諸侯会議へ向かう途中、ハインリヒ4世の接近を知りカノッサに避難してくると、これを保護し「カノッサの屈辱」事件となる。

ハインリヒ4世が反撃を始めると教皇派として皇帝派と戦うが、1080年モデナ近辺の戦いで敗れ、トスカーナを失う。1081年にさらに大部分の所領を失うが、グレゴリウス7世とドイツ諸侯との連絡役として活躍する。1085年にグレゴリウス7世が亡くなると、後を継いだウィクトル3世を支持し、1090年バイエルン公ヴェルフ2世と結婚する。ハインリヒ4世は再びイタリアに侵攻してきたが、1092年にカノッサ近くで敗れ撤退する。1095年頃ヴェルフ2世と別れ、1115年に後継者が無いまま亡くなり、その所領は教皇領、皇帝領となったが、領域内の各都市はその後自立の方向に向かい、北イタリア都市国家群が形成されることになる。

先代:
ゴドフロワ4世
トスカーナ辺境伯
1076年 - 1115年
次代:
断絶