ランゴバルド王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランゴバルド王国
東ローマ帝国 568年 - 774年 フランク王国
ランゴバルドの位置
アイストゥルフ在位時(751年)のランゴバルド王国の領域(灰色)
首都 パヴィア
イタリア王
568年 - 572年 アルボイン(初代)
774年 - 774年 アダルギス(最後)
変遷
成立 568年
滅亡 774年

ランゴバルド王国(ランゴバルドおうこく、:Regnum Langobardorum、:Regno longobardo、:Langbardland、:Kingdom of the Lombards)は、中世イタリア568年あるいは569年に建国されたゲルマン系ランゴバルド族による王国である。イタリア語からの音訳でロンゴバルド王国ともいう。首都パヴィアに置かれ、774年カール大帝によって実質的に滅ぼされた。王国は二つの主要な部分からなっており、イタリア半島の北部から中部に存在したより重要な北部(その西側をネウストリア、東側をアウストリアという)と、イタリア南部のベネヴェント・スポレート両公国によって形成されていた。王国の2世紀にわたる歴史において、両地域は安定して統治されたわけではない。王国を形成していた諸公の権力は強く、王権が強大なときも勢力を蓄え、諸公の力を抑制する努力は全く実らなかった。ランゴバルド的な個性は徐々に消えていき、イタリア王国へと発展した。ランゴバルド人は徐々にローマ帝国の役職名や固有人名、伝統を受け入れていき、7世紀には一部がキリスト教に改宗したが、宗教的民族的対立は解消されずに長く続いた。パウルス・ディアコヌスが著述活動をしていた8世紀までには、ランゴバルド族の言葉は失われ、固有の装束様式や髪型は消滅していた。

略史[編集]

東ローマ帝国6世紀553年に、ローマ皇帝ユスティニアヌス1世東ゴート王国を滅ぼしてイタリアを再度ローマ帝国領とすることに成功した。しかし、565年にユスティニアヌスが死去した後、東ローマ帝国はサーサーン朝ペルシャ帝国との抗争で西方にまで手が回らなくなった。

この隙をついてアルボイン率いるランゴバルド族がアルプス山脈を越えてイタリアへ侵入し、569年北イタリアを東ローマ帝国から奪い、王国を建国した。首都はパヴィアに置かれ、王国の支配領域であるポー川流域一帯はランゴバルド人の土地と言う意味で、現在のロンバルディア州の語源になった。ランゴバルドとは「長い髭」(longa barba)を意味しているとの説がある。

その後も北イタリア・中部イタリアを東ローマ帝国から奪い、ローマ市を包囲するなど、ローマ教皇に圧力を加えた。しかしローマ教皇ハドリアヌス1世フランク王カール(後のカール大帝)に援助を求め、これに応じたカールによって773年より攻撃を受け、パヴィアは占領され、国王デシデリウス英語版は捕虜とされて774年に滅亡した。その後、カールがランゴバルド王を兼ねることとなった。

歴代のランゴバルド王が着けていた“ロンバルディアの鉄王冠”と呼ばれる冠がある。これはランゴバルド滅亡の後は、カール大帝をはじめロンバルディア王(すなわち北イタリア王)を兼ねた神聖ローマ皇帝の戴冠式で用いられ、後世ではナポレオン・ボナパルトオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世もこれを戴冠した。

国王[編集]

関連項目[編集]