シチリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シチリア自治州
Regione Siciliana
シチリア自治州の州旗 シチリア自治州の紋章
シチリア自治州の州旗 シチリア自治州の紋章
Sicily in Italy.svg
イタリアの旗 イタリア
地域 イタリア島嶼部
州都 パレルモ
面積 25,702.82 [1] km²
人口 4,999,854 [2]2012-01-01
人口密度 194.5 人/km2
アグリジェントカルタニッセッタカターニアエンナメッシーナパレルモラグーザシラクーザトラーパニ
コムーネ 390 (一覧
州知事 Rosario Crocetta 2012-10-29
公式サイト [1]

シチリア島イタリア語: Sicilia)は、イタリア半島の西南の地中海に位置するイタリア領の。地中海最大の島である。

周辺の島を含めてシチリア自治州を構成している。この州はイタリアに5つある特別自治州のひとつである。州都はパレルモ

名称[編集]

古典ギリシア語ではシケリアΣικελία)、ラテン語ではシキリアSicilia)と呼ばれた。また、英語由来の名称でシシリーSicily)、シシリアとも呼ばれる。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

地中海のほぼ中央にあるシチリア

シチリア島は、イタリア半島の西南に位置する島で、イタリア本土のカラブリア半島とはメッシナ海峡(最狭部の幅は約3km)によって隔てられている。面積 25,420km2は、日本の九州の約64%、あるいは四国の約1.4倍にあたる大きさである。地中海のほぼ中央部に位置しており、南西方のアフリカ大陸チュニジアとの間のシチリア海峡(幅約145km)によって東地中海と西地中海を分かっている。北西方向には約285kmを隔ててサルデーニャ島がある。シチリア島を取り巻く海(地中海)のうち、北側の海はティレニア海、東側の海はイオニア海とも呼ばれる。

シチリア島は、全域がイタリア共和国のシチリア州に含まれる。シチリア州には、シチリア島周辺の島々(北方沖のエオリア諸島、西方沖のエーガディ諸島、南西沖のパンテッレリーア島ペラージェ諸島など)が含まれているが、面積の大部分はシチリア島が占めている。シチリア州はイタリア最大の面積を持つ州で(ピエモンテ州がこれに次ぐ)、国土面積の12分の1弱を占めている。

シチリア州の州都パレルモは島の北岸(ティレニア海側)中央やや西寄りに位置しており、カラブリア半島先端のレッジョ・ディ・カラブリアから西へ約200km、イタリア南部の中心都市ナポリから南南西へ約314km、チュニジアの首都チュニスから東北東へ約317km、サルデーニャ島の首府カリャリから東南東へ約389km、イタリアの首都ローマから南南東へ約428kmの距離にある。

ペラージェ諸島のランペドゥーザ島は、イタリア共和国最南端の領土である。

パレルモのビーチ 

地勢[編集]

シチリア島の地形図

[編集]

シチリア島東部に位置する州第二の都市カターニア付近には、ヨーロッパ最大の活火山エトナ火山がある。

2002年エトナ火山噴火 

[編集]

シチリア島と周辺の島

シチリア島周辺には小島嶼が散在している。北方(ティレニア海)のエオリア諸島、北西(ティレニア海)のウスティカ島、西方のエーガディ諸島、南西(シチリア海峡)のパンテッレリーア島およびペラージェ諸島などであり、これらの島々はシチリア州に所属している。このうち最大の島はパンテッレリーア島(83 km²)である。このほかシチリアの南方にはマルタ島ゴゾ島があるが、これはマルタ共和国として独立国家となっている。

シチリア周辺の島々の多くは、火山活動によって形成された火山島である。エオリア諸島にあるヴルカーノ島は「火山」を意味する語(: volcano)の由来となり、現在も活発に活動しているストロンボリ島ストロンボリ式噴火のモデルとなっている。火山学や地質学に大きな寄与を行ったエオリア諸島は、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。

シチリア島南西沖(シチリア島とパンテッレーリア島の中間)にはエンペドクレス海底火山 (Empedocles (volcano)があり、その一部は1831年の噴火に際して短期間海上に隆起し、フェルディナンデアと名付けられたことがある。

シチリア州の主要な島
エオリア諸島 
ランペドゥーザ島 

主な都市[編集]

人口7万人以上のコムーネは以下の通り。人口は2012年1月1日現在[2]

このほかの主要都市として、トラーパニアグリジェントカルタニッセッタチェファルタオルミーナブロンテなどが挙げられる。

パレルモ 
カターニア 
メッシーナ 
シラクサ 

歴史[編集]

古代[編集]

ギリシア・カルタゴによる支配[編集]

紀元前11世紀のシチリア
17世紀に描かれたアルキメデスの肖像画

紀元前11世紀には、西部にエリュミア人イタリア語版英語版古代ギリシア語: Ἔλυμοι)、中部にシカノス人イタリア語版英語版古代ギリシア語: Σικανοί)、東部にシケロイ人イタリア語版英語版古代ギリシア語: Σικελοί)が原住民として住んでいた。紀元前8世紀からギリシア人の植民が開始された。古典ギリシア語ではシケロイ人の名を取ってシケリアと呼ばれた。紀元前734年頃、シケリア最大の植民市となったシュラクサイ(現在のシラクサ)の他、ゲラ(現ジェーラ)、アクラガス(現アグリジェント)、セリヌス、ヒメラギリシャ語版イタリア語版英語版、メッサナ(現メッシーナ)、レオンティノイ(現レンティーニ)などの植民都市が建設された。これらの都市は、古代ギリシアの重要な一部となっていた。ギリシャの学者として有名なエンペドクレスアルキメデスはこの島の出身である。紀元前480年、シュラクサイの僭主ゲロンカルタゴの間で戦争が起き、ヒメラの戦い (紀元前480年)ギリシャ語版イタリア語版英語版でゲロンが勝利を収めた。

紀元前431年ペロポネソス戦争が起こると、イオニア系植民市とドーリア系植民市の抗争が激化し、アテナイがこれに介入を図った。これに対しシケリアの全都市の代表は紀元前424年ゲラに会合し、シケリア以外からのいかなる干渉をも排することを盟約した。だが、敵国であるコリントスとの経済断交を求めてアテナイはシケリア遠征イタリア語版英語版紀元前415年 - 紀元前413年)を試み、紀元前415年シュラクサイ(コリントス系植民都市)を包囲したが、スパルタからの援軍によって紀元前413年アテナイ軍は撃退された。

その後、ヘレニズム期において、ディオニュシオス1世ら僭主に率いられたシケリアのギリシア人はカルタゴと戦争状態に入った。カルタゴは、シチリア島の南西のそれほど遠くないアフリカ本土にあり、シチリア島に植民都市もあった。紀元前409年に再びカルタゴと戦争状態となり、ヒメラの戦い (紀元前409年)イタリア語版英語版において、カルタゴはシチリア島からギリシア人勢力を駆逐しようとし、両軍が多大な犠牲を払った。紀元前311年からのヒメラの戦い (紀元前311年)ギリシャ語版イタリア語版英語版で、カルタゴはシラクサとメッシーナが支配する島の東部を除いた他の領域を支配下においた。

紀元前280年からは、カルタゴが支配していたシチリアの奪還及び共和政ローマへの牽制を目的として、エピロスピュロスがシチリアへ攻め込んだものの、失敗に終わった。

ローマ属州時期[編集]

シキリア属州英語版(赤色部分)

紀元前256年、シラクサに侵攻されたメッシーナは、ローマに救援を求め、これがローマとカルタゴによる第一次ポエニ戦争の発端となった。戦争の終結する紀元前242年には、シチリア島全域がローマによって占領された。第二次ポエニ戦争でのカルタゴの初戦の快進撃によって、シチリア島の諸都市はローマに反乱を起こし始めたが、ローマはマルクス・クラウディウス・マルケッルス率いる軍団を派遣してこれを鎮圧し、(シラクサの包囲戦の最中にアルキメデスが戦没している)最終的にカルタゴはシチリア島から追い払われ、シチリアはローマの属州シキリア属州英語版」となった。

紀元前210年にローマの執政官マルクス・ウァレリウス・ラエウェヌスが、元老院に向かって述べた「一人のカルタゴ人もシチリア島では生かしてはならない」という言葉通りに、シチリア島のカルタゴ寄りの人々が多く殺された。このあと6世紀の間、シチリア島はローマ帝国の属州であった。僻地の田舎のような扱われ方だったが、シチリア島の農作物はローマ市にとって重要な食料供給源であった。強いてローマ化しようとはしなかったので、島はギリシャ時代の様子を多く残していた。

紀元前135年及び紀元前104年の2度にわたって、シチリアでローマを揺るがす奴隷の大反乱が起こった(シチリア島奴隷反乱)。マルクス・トゥッリウス・キケロの弾劾演説で有名なガイウス・ウェッレスラテン語版イタリア語版英語版によるシチリアでの悪政があったのは、紀元前73年から紀元前71年にかけてのことであった。

紀元前49年1月からの内戦では、当初グナエウス・ポンペイウスらの元老院派がシチリアを押えていたが、同年4月までにガイウス・ユリウス・カエサル派が奪取した。ポンペイウスの次男セクストゥス・ポンペイウスは、父が殺害され、内戦で元老院派が敗北した後も反カエサルを貫き、第二回三頭政治にも反対してシチリア島を本拠にイタリア半島を海上封鎖した。これにより、ローマとセクストゥスは紀元前38年よりシチリア海域を舞台に戦争状態となった(シチリア戦争英語版)。海上封鎖を続けるセクストゥスに対し、オクタウィアヌスは軍を差し向けたが大敗した。その後、ナウロクス沖の海戦で、オクタウィアヌスは腹心の部下マルクス・ウィプサニウス・アグリッパの活躍とマルクス・アントニウスの支援により、紀元前36年9月3日セクストゥス軍を撃破した。なお、この直後レピドゥスが打倒オクタウィアヌスを企て、シチリア島を独占しようとしたものの、その部下がオクタウィアヌスに通じて失敗、同年中に失脚した。

帝政ローマの時代には、帝国内を視察して回った皇帝ハドリアヌス125年にシキリア属州を訪れている。

中世・近世[編集]

ヴァンダル王国[編集]

440年ヴァンダル人の王ガイセリックがシチリア島を占領し、ヴァンダル王国に併合された。

東ゴート王国[編集]

その数十年後、東ゴート人が侵入してきたが、535年東ローマ帝国の派遣したベリサリウス将軍によって征服された。しかし、東ゴート王国の新たな王トティラは、イタリア半島を席巻したのち、550年再びシチリア島を奪取した。552年、彼はまたもや東ローマ帝国の派遣した将軍ナルセスによって征服され、殺された。

東ローマ帝国[編集]

シチリア島は、東ローマ帝国の領土となり、662年から668年に皇帝コンスタンス2世が暗殺されるまで、シラクサが帝国の首都であった時期もある。670年ウクバ・イブン・ナフィ英語版イフリーキヤカイラワーンへ進出し、675年に駐屯基地を完成させた。

ユスティニアノス2世は、692年セバストポリスの戦い英語版ウマイア朝に惨敗すると、軍政改革を開始してテマ制を敷き、695年テマ・シチリアギリシャ語版英語版イタリア語版フランス語版695年 - 902年)が置かれた。同年、テマ・ヘラスギリシャ語版英語版の長官レオンティオスがクーデターを起こすと、アフリカ総督府英語版カルタゴウマイア朝に制圧された。697年にレオンティオスがカルタゴを奪回。698年カルタゴの戦い英語版で再度カルタゴをウマイア朝に奪われる。テマ・キビュライオタイギリシャ語版英語版の長官アプシマロス(ティベリオス3世)がクーデターを起こし、レオンティオスも失脚。705年にユスティニアノス2世が復位し、レオンティオスとティベリオス3世は処刑された。

シチリア首長国[編集]

827年にカイラワーンから侵入してきたアラブ人(アッバース朝支配下のアグラブ朝)によってシチリア島は征服され(ムスリムのシチリア征服イタリア語版英語版827年-902年)、シチリア首長国イタリア語版アラビア語版英語版831年 - 1072年)が成立。イスラーム教徒による支配の間には、文化的多様性と宗教的寛容さが保たれていた。

シチリア王国[編集]

ルッジェーロ2世
フェデリーコ1世/フリードリヒ2世

11世紀にイタリア半島南部を席巻したノルマン人は、ロベルト・イル・グイスカルドルッジェーロ1世の兄弟に率いられ、1061年から1091年にかけてシチリア島を征服した(ノルマン人による南イタリア征服参照)。1102年にはの製法が伝えられた(ヨーロッパで最初とされるイベリア半島シャティヴァ英語版1144年よりも早かった)。

1130年、シチリア伯ルッジェーロ2世(ルッジェーロ1世の子)がシチリア王位に就き、シチリア島とイタリア半島南部を統治するノルマン・シチリア王国オートヴィル朝)が成立する。ルッジェーロ2世は学問や芸術に対する造詣が深く、さまざまな文化圏に属する医者や占星術師、学者を王宮に集めた。当時のシチリアではイスラーム教のアラブ人、ギリシア正教のギリシア人、カトリックのラテン系の人びとが生活し、パレルモの宮廷にはそれぞれ2名ずつ計6名の書記官がはたらいた。

1194年ホーエンシュタウフェン朝神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世がシチリア王位を奪った。1197年よりハインリヒ6世の子フェデリーコ1世(フリードリヒ2世)がシチリア王となり、当代随一の広い学識、合理性、科学的好奇心から畏敬の念も含めて「世界の驚異」と呼ばれ、のちには、その合理的思考から「王座の最初の近代人」と評価された。1215年よりフリードリヒ2世として神聖ローマ皇帝位を兼ね、1220年にはパレルモを自らの本拠地とした。

1266年、神聖ローマ帝国と教皇の紛争により、フランスの王族であるアンジュー伯シャルル1世(シャルル・ダンジュー)がフリードリヒ2世の後継者であるマンフレーディを破ってシチリア王国を征服、シチリア王カルロ1世として即位した(アンジュー=シチリア家)。

シチリアの晩祷と王国分裂[編集]

1282年、フランス人による苛政に対してシチリア住民の反乱が発生(シチリアの晩祷)。カルロ1世も鎮圧に乗り出したが、アラゴンペドロ3世バルセロナ家出身)が介入してシチリア島を支配下におさめた(シチリア晩祷戦争)。シチリア島とイタリア半島南部にまたがっていたシチリア王国は、カルロ1世が保った大陸側の王国(ナポリ王国)と、「アラゴン連合王国」の一部に組み込まれたシチリア島側の王国(トリナクリア王国とも称される)に分裂する。ナポリ王国の王位継承問題はイタリア全土を巻き込むイタリア戦争を引き起こした。一方、シチリア島は、以後アラゴン王家であるバルセロナ家トラスタマラ家によって支配された。スペイン王国の成立後にはスペイン・ハプスブルク家によって支配された。この間、1656年には疫病が爆発的に蔓延し、1693年には島の東側で起きた大地震により大損害を受けている。

スペイン継承戦争[編集]

1700年にスペイン・ハプスブルク家が断絶すると、ブルボン家フェリペ5世がスペイン王に即位するが(スペイン・ブルボン朝)。これをめぐり1702年にフランス(ブルボン家)とオーストリア(ハプスブルク家)との間でスペイン継承戦争が始まった。1713年に結ばれたユトレヒト条約により、サヴォイア公サヴォイア家)のヴィットーリオ・アメデーオ2世がシチリアの王位を得ることとなった。

四カ国同盟戦争[編集]

四カ国同盟戦争1718年 - 1720年)が終わり、1720年2月17日ハーグ条約英語版を締結。サヴォイア家はオーストリア・ハプスブルク家カール6世との間でシチリアとサルデーニャを交換し、以後シチリア島はオーストリア・ハプスブルク家の支配下に入った。

ポーランド継承戦争[編集]

1733年にポーランド継承戦争が勃発すると、1734年にスペインがナポリ・シチリアを奪回。スペイン・ブルボン家出身のパルマ公カルロがナポリとシチリアの王位に就いた(シチリア王としてはカルロ5世。のちにスペイン王となりカルロス3世)。以後、シチリア王国はナポリ王国とともに(同君連合として)スペイン・ブルボン家の分家であるブルボン=シチリア家によって統治されるようになった。

近代[編集]

ナポレオン戦争と両シチリア王国[編集]

ナポレオン戦争中、ナポリはフランス軍によって占領されるが、シチリア王フェルディナンド3世(ナポリ王としてはフェルディナンド4世)はパレルモに逃れ、シチリア島を確保した。

ナポレオン戦争後の1816年にシチリア王国とナポリ王国は統合されて両シチリア王国となり、シチリア王フェルディナンド3世が「両シチリア王フェルディナンド1世」となった。

イタリア統一運動[編集]

1820年1848年に、ブルボン家に対して立憲政府を要求する革命運動が起きたが、どちらも失敗に終わる。

1860年ジュゼッペ・ガリバルディ率いる千人隊はシチリア島西海岸のマルサーラ近くに上陸、シチリア島を占領し、ついでイタリア半島に渡って両シチリア王国の首都ナポリを奪取した。ガリバルディは占領地をサルデーニャ王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世に献上(テアーノの握手イタリア語版)、翌1861年に成立するイタリア王国へシチリア島は統合された(イタリア統一運動参照)。

ファッシ・シチリアーニ[編集]

イタリア統一後の半世紀にわたる経済発展によって、イタリア北部は大きく都市化されていたが、シチリア島は産業の発達から取り残された。1894年にはファッシ・シチリアーニ英語版と呼ばれる労働者の運動が激化し、政府は非常事態宣言を出して弾圧した。シチリア島からは多くの移民が流出した。イタリア系アメリカ人の中でもシチリア系 (Sicilian Americanは多くの比重を占めている。19世紀後半、マフィアとして知られる犯罪組織の影響力が拡大し、シチリア島にも及んでいた。

世界大戦[編集]

1920年代後半は、ファシスト政権によって抑圧されていた。第二次世界大戦時、連合国によるシチリア島攻略作戦(ハスキー作戦)によって解放された。

現代[編集]

1946年、シチリアはイタリア共和国の自治州となった。1950年から1962年にかけて国土の再編成が行われた結果、シチリア島は少し拡張され、1950年には南部開発公庫(1950年 - 1984年)から特別資金が当てられている。

1992年には、マフィアに反対する2人の治安判事が暗殺される事件が発生した。5月23日にはパレルモ近郊のカパーチジョヴァンニ・ファルコーネが暗殺され(カパーチの虐殺イタリア語版)、7月19日にはパレルモ市内でパオロ・ボルセリーノが暗殺された(アメリオ通りの虐殺イタリア語版英語版)。2人の治安判事は反マフィア運動を象徴する人物として記憶され、パレルモ国際空港の正式名称もファルコーネ・ボルセリーノ空港と改められた。

この1992年は、マフィアなどとの癒着も含めイタリア政界を揺るがす事件が次々に明るみに出た年で(タンジェントポリ)、政界の再編が進んだ。1992年以後のイタリアについて「第二共和政イタリア語版英語版」という表現が用いられることがある。

行政区画[編集]

シチリア州と各県

シチリア州は、以下の9県からなる。

左端の数字はISTATコード、アルファベット2文字は県名略記号を示す。人口は2012年1月1日現在[2]。面積の単位はkm²。

県名 綴り 県都 面積 人口
081 TP トラーパニ県 Trapani トラーパニ 2,460 429,537
082 PA パレルモ県 Palermo パレルモ 4,992 1,242,560
083 ME メッシーナ県 Messina メッシーナ 3,247 649,320
084 AG アグリジェント県 Agrigento アグリジェント 3,042 446,520
085 CL カルタニッセッタ県 Caltanissetta カルタニッセッタ 2,128 272,906
086 EN エンナ県 Enna エンナ 2,562 173,377
087 CT カターニア県 Catania カターニア 3,552 1,078,045
088 RG ラグーザ県 Ragusa ラグーザ 1,614 307,697
089 SR シラクーザ県 Siracusa シラクサ 2,109 399,892

経済・産業[編集]

2000年以上前から穀物をはじめとする農作物の生産地で、なかでもオリーブワインが特産品である。カルタニッセッタ県は、19世紀には硫黄の一大産地であったが、1950年代以降、産出量は減り続けている。

文化[編集]

シンボル[編集]

州旗 (Flag of Sicilyに見られるシンボルはトリナクリア(Trinacria)と呼ばれるもので、ギリシャ神話のメデューサの顔と3本の素足からなる。足はパレルモ、メッシーナ、シラクサの岬を表すとされる。トリナクリアはシチリアの古名でもあり、ギリシア語の「3つの岬」に由来する。

伝説[編集]

伝説では、シチリア島はオリンポス神巨人族の戦いのときに、アテナが巨人の一人エンケラドスを封じて投げつけたとされる。

言語[編集]

2006年の国立統計研究所(ISTAT)の統計によれば、6歳以上の住民の家庭内での会話における言語状況は以下の通り[3]。イタリア語(Italiano)、地方言語(Dialetto)、他の言語(Altra lingua)についてのデータで、左列が全国平均、右列がシチリア州の数値である。

家庭内の会話における使用言語 全国
イタリア語のみ、あるいは主にイタリア語 45.5% 26.2%
地方言語のみ、あるいは主に地方言語 16.0% 25.5%
イタリア語と地方言語の双方 32.5% 46.2%
他の言語 5.1% 1.2%

服飾[編集]

コッポラ帽をかぶったシチリアの老農夫
コッポラ帽
コッポラ帽 (Coppola (cap)は、フラットキャップ(ハンチング帽キャスケット)の一種で、シチリアの象徴的な帽子と見なされている。coppola という名称は、英語の cap が転じたものとされる。シチリアでこのこの帽子が使用されるようになったは20世紀初頭のことで、ベレー帽が入手できるようになり、農家がひさしを付けるようになり完成した。材料はシルク・麻などである。

音楽[編集]

シチリア民謡としては、しゃれこうべと大砲(しゃれこうべの歌) (it:Vitti 'na crozzaなどが知られている。

16世紀~17世紀頃、末期ルネサンス音楽ないし初期バロック音楽において、「シチリア風」の舞曲として「シチリアーナ」(シシリエンヌ、シチリア舞曲とも)と呼ばれる形式の曲が作曲されるようになった。

みどころ[編集]

世界遺産[編集]

州内には以下の世界遺産がある。

スポーツ[編集]

サッカー[編集]

2006年9月21日のパレルモ×カターニア戦(シチリア・ダービー)におけるパレルモ側サポーター(パレルモのスタディオ・レンツォ・バルベラにて)

州内に本拠を置くプロサッカークラブとしては以下がある。所属リーグは2013-14シーズン現在。

州都パレルモをホームとするUSチッタ・ディ・パレルモと、第二の都市カターニアをホームとするカルチョ・カターニアとの対戦は、デルビー・ディ・シチリア(シチリア・ダービー)と呼ばれる。2007年には、シチリア・ダービー中のカターニアのスタジアムにおいて観客と警官の衝突事件が発生して死傷者を出し、イタリアのサッカー界に大きな衝撃を与えた。なお、第三の都市メッシーナに本拠を置くFCメッシーナとの対戦も広義のデルビー・ディ・シチリアとされることがある。またFCメッシーナと、メッシーナ海峡対岸のレッジョ・ディ・カラブリアを本拠とするレッジーナ・カルチョとの対戦は、デルビー・デッロ・ストレット(海峡ダービー)と呼ばれる。

5部リーグ(アマチュア最上位リーグ)のセリエDでは、カラブリア州カンパニア州のチームとともにジローネIに属する。シチリア州の地方リーグ(6部リーグ)として、エッチェッレンツァ・シチリア (it:Eccellenza Siciliaがある。

自動車レース[編集]

シチリア島では1906年から1977年にかけて、公道自動車レース「タルガ・フローリオ」が行われていた。国際的なスポーツカーレースであったが、レーシングカーの高性能化に加え、観客を巻き込む死傷事故が発生したために終止符が打たれた。

交通[編集]

イタリア本島および周辺の主要都市より、飛行機やフェリーの航路が開設してある。

また島内には、鉄道やバス網がある。

道路・自動車交通[編集]

シチリア島の高速道路網
おもな高速道路
  • メッシーナ - カターニア
  • シラクーザ - ロゾリーニ
  • パレルモ - ブオンフォルネッロ - カルタニッセッタ - エンナ - カターニア
  • ブオンフォルネッロ - メッシーナ
  • パレルモ - アルカモ - マツァーラ・デル・ヴァッロ
  • アルカモ - トラーパニ

A18のカターニア - シラクーザ間は、カターニア郊外を半環状に走るラッコルド・アウトストラダーレ RA15イタリア語版とカターニア=シラクーザ高速道路 (it:Autostrada Catania-Siracusaによって接続されている。

イタリア本土とシチリア島を結ぶメッシーナ海峡大橋の建設が2009年から始まっており、2016年の完成が目指されている。

鉄道[編集]

シチリア島の鉄道網(2007年現在)

シチリア島には、旧イタリア国鉄を引き継ぐFS(Ferrovia del Stato。運行会社はトレニタリア)と、エトナ山周遊鉄道(FCE: Ferrovia Circumetnea)の鉄道路線がある。

港湾・海路[編集]

パレルモ‐ナポリ、カターニャ‐ナポリ、メッシーナ‐サレルノ間などに定期フェリーがある。

空港[編集]

パレルモ国際空港

シチリア州の主要な空港には以下がある。

最大の空港はパレルモ国際空港である。シチリアにはヨーロッパ各地からの空路が開設されている。

人物[編集]

著名な出身者[編集]

シチリア州は、ラッキー・ルチアーノやサルヴァトーレ・リイナをはじめとする多くのマフィア(いわゆる「シチリア・マフィア」、あるいはコーサ・ノストラ)の故郷である(Category:シチリアマフィアの人物参照)。それとともに、マフィアを告発し、マフィア撲滅のために戦った人物も輩出した。判事ジョヴァンニ・ファルコーネやパオロ・ボルセリーノ、作家レオナルド・シャーシャなどである。ファルコーネ、ボルセリーノの両判事はマフィアによる暗殺に倒れたが、パレルモ国際空港の副空港名に名づけられている。

ゆかりの人物[編集]

シチリア島からは多くの人々がアメリカ合衆国に移住した(Category:シチリア系アメリカ人参照)。フランク・シナトラシルヴェスター・スタローンアル・パチーノマーティン・スコセッシフランク・ザッパなどがシチリア移民の末裔である。

参考文献[編集]

  • 高山博 『中世シチリア王国』 (講談社現代新書、1999年 ISBN 978-4061494701

脚注[編集]

  1. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Sicilia (dettaglio provinciale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年10月20日閲覧。
  2. ^ a b c 国立統計研究所(ISTAT). “Total Resident Population on 1st January 2011 by sex and marital status” (英語). 2013年4月3日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “La lingua italiana, i dialetti e le lingue stranieri (pdf)” (イタリア語). p. 5. 2012年12月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]