メッシーナ海峡大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メッシーナ海峡

メッシーナ海峡大橋(メッシーナかいきょうおおはし)は、イタリア本土とシチリア島を結ぶ、メッシーナ海峡に架かる予定の吊り橋である。完成すれば世界最長の吊り橋になる。複線鉄道と、その両脇に片側2車線の道路が設けられ、鉄道・道路併用橋としても世界最長になる予定(現在の最長橋は日本瀬戸大橋)。

世界最長の橋[編集]

完成すれば主塔間の距離(スパン)が3,300mで、日本明石海峡大橋 (1,991m) を抜き世界最長になる予定であり、主塔の高さも382.6mと、フランスミヨー橋 (343m) を抜き世界一となる予定。

Ponte di messina.jpg

計画の中止 そして復活へ[編集]

2008年に着工し2015年の完成予定だったが、2006年、計画を発表したベルルスコーニ政権からロマーノ・プローディ政権へ政権交代し、膨大な予算・地震の危険性・マフィアの建設への関与などから橋の建設計画は中止された[1]

しかし、2008年にロマーノ・プローディ政権が失脚し、計画の復活を公約にしたベルルスコーニ政権が返り咲いた。

計画は復活され、改められた建設計画は2009年着工とし、総事業費は約60億ユーロ2016年の完成を目指している[2]

脚注[編集]

座標: 北緯38度14分51秒 東経15度38分21秒 / 北緯38.24750度 東経15.63917度 / 38.24750; 15.63917