ランペドゥーザ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランペドゥーザ島
Lampedusa location japanese.jpg
Lampedusa island.jpg
座標 北緯35度31分00秒
東経12度34分47秒
面積 20.2 km²
所在海域 シチリア海峡地中海
所属国・地域 イタリアの旗 イタリア
テンプレートを表示

ランペドゥーザ島イタリア語: Isola di Lampedusa)は、地中海シチリア島南方にある、イタリア領最南端の島。住民は約5500人。ペラージェ諸島最大の面積と人口を有する島であり、その中心である。

チュニジア東方のシチリア海峡に位置するこの島は、北アフリカから最も近い位置にあるヨーロッパの領土であるために、アフリカや中東からの移民・難民の目的地となっており、近海ではしばしば海難事故が発生するなど問題となっている。行政上は、ペラージェ諸島に属する他の島ともども、シチリア州アグリジェント県に属するランペドゥーザ・エ・リノーザという基礎自治体(コムーネ)を構成する。

名称[編集]

この島は、シチリア語ではアンピドゥーサ(Ampidusa)と呼ばれる。ランペドゥーサとも転記される[1][2]

地理[編集]

位置・広がり[編集]

ペラージェ諸島

ランペドゥーザ島はペラージェ諸島のうちで最も南にあり、ランピョーネ島の東南東約20km、リノーザ島の西南西約45kmに位置する。島の形は東西に細長く、長さ9kmに対し幅は1.5km程である。面積は20.2 km²で、シチリア所属の離島では6番目に大きい。

シチリア島のアグリジェントからは東南東へ約220kmもあるのに対し、チュニジアの海岸からは東へ113kmしか離れていない。地勢的にはアフリカとのつながりが強く、アフリカとの間の海底の最深部は120mほどである。なお、北北西へ約160kmの位置にイタリア領パンテッレリーア島、東北東へ約170kmの位置にマルタ共和国がある。

ランペドゥーザはイタリア共和国最南端の島である。北緯35°30'という緯度は、メリリャ(北緯35° 17')には及ばないもののチュニスアルジェセウタなどより南にあり、ヨーロッパ大陸ではここより南の場所はない。なお、ヨーロッパ州最南端の島は、クレタ島ギリシャ)の南にあるガヴドス島という小島で、北緯34° 48'に位置している。欧州連合ということで考えた場合、キプロス島が北緯34° 33' と最南端となる(スペインのカナリア諸島を除く)。

地勢[編集]

島の最高点はアルベロ・デル・ソーレ(albero del sole)で、標高133m。

歴史[編集]

島南部の海岸
島南部の海岸

1860年よりイタリア王国領となっており、その頃は流刑地として使われた。第二次世界大戦中の1943年には、パンテッレリーア島侵攻作戦(コークスクリュー作戦)に付随してイギリス軍によって占領されている。この戦いは、シチリア上陸作戦(ハスキー作戦)の前哨戦であった。1960年代には北大西洋条約機構の基地が設置された。

2013年7月8日には、ローマ教皇フランシスコが島を訪れた[2]。ローマとその周辺を除き、フランシスコが教皇として初めて訪問した場所となった[2]。この訪問は、難民を運んでいた漁船が島の近海で遭難した事件に心を痛めたことから実現したもので、犠牲者に対するミサが捧げられた[1][2]

社会[編集]

移民・難民問題[編集]

ランペドゥーザ島は北アフリカから最も近い位置にあるヨーロッパ諸国の領土であるため、ヨーロッパを目指すアフリカからの移民・難民の目的地となっている。ランペドゥーザ難民収容センターが設けられているが、定員を超過する状況が続いている。イタリアではシェンゲン協定に基づき、他のヨーロッパ諸国へ難民を移動させたいとしているが、フランスなどはこの動きに反発し難民を乗せた列車を国境で停車させるなどしており、両国間で協議が行われている。

2010年から翌年にかけて発生したジャスミン革命の際には、大量の難民がランペドゥーザに到着している[3]。また、島の近海ではしばしば難民を乗せた船の海難事故が発生し、多くの犠牲者を出している(2013年ランペドゥーザ島難民船沈没事故参照)。

2013年7月に島を訪問したフランシスコ教皇は、海難事故の犠牲者たちに祈りを捧げ、移民や難民(イスラム教徒を含む)と面会、移民の苦境について世界が関心を払うようメッセージを発した[2]。教皇の訪問と移民問題についての発言に対し、ラウラ・ボルドリーニ英語版下院議長(元国連難民高等弁務官事務所報道官)は高く評価し、エンリコ・レッタ首相も謝意を表明した[2]。一方で保守派は不法移民にお墨付きを与えるものとして懸念を表明している[2]。移民の受け入れが負担となっている地元自治体(ランペドゥーザ・エ・リノーザ)の市長は、イタリア政府やヨーロッパ各国に対して支援を要請した[2]

自然環境[編集]

植生は地中海の特色を持つ、つまり不毛である。

交通[編集]

空港[編集]

人物[編集]

ゆかりの人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “教皇、今月8日、南イタリア・ランペドゥーサ島へ、移民のための祈りを目的に” (日本語). バチカン放送局. (2013年7月1日). http://ja.radiovaticana.va/news/2013/07/01/%E6%95%99%E7%9A%87%E3%80%81%E4%BB%8A%E6%9C%88%EF%BC%98%E6%97%A5%E3%80%81%E5%8D%97%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%82%B5%E5%B3%B6%E3%81%B8%E3%80%81%E7%A7%BB%E6%B0%91%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E7%A5%88%E3%82%8A%E3%82%92%E7%9B%AE%E7%9A%84%E3%81%AB/gia-706572 2013年7月21日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h “ローマ法王:イタリア最南端の島訪問 移民らの「玄関口」”. 毎日新聞. (2013年7月9日). http://mainichi.jp/select/news/20130709k0000m030051000c.html 2013年7月21日閲覧。 
  3. ^ [1][リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]