2013年ランペドゥーザ島難民船沈没事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

2013年10月3日、リビアからイタリアへ難民を運ぶボートが、イタリアのランペドゥーザ島沖で沈没した。ボートは、リビアのミスラタから出港したが、難民の多くは、エリトリアソマリアガーナ出身であったことが報告されている[1][2][3]イタリア沿岸警備隊は、155人の生存者の救助に成功している[2]。10月12日にボートの捜索が行われた後、死亡者が359人確認されたが、さらに見つかっていない遺体が存在することも報告された[4]。その後、死者は「360人以上」と報告された[5]

10月11日には、ランペドゥーザ島から120キロメートル (75 mi)の位置にある、マルタの領海内で、2度目の沈没事故が発生した。伝えられるところによれば、このボートは、シリアパレスチナからの難民を運んでおり、後に少なくとも34人の死亡が確認された[4][6]

10月3日の沈没事故[編集]

ランペドゥーザ島の空撮:写真の左側が北

ボートは、ランペドゥーザ島から3分の1未満のところでエンジントラブルを起こし始め、このとき長さ20メートル (66 ft)の漁船には、500人以上が積み込まれていたことが最初に報告された。近くのボートと連絡を取ろうとし、船の上の毛布に火が付けられた。しかし、この火はガソリンに点火し、沈没前に船に広がり、逆効果となった[1][2]。火を消すため、多くの人々が水をかけ、火の中から積み荷を移動させたが、その後船は沈没した[2][7]。最初、少なくとも350人が行方不明とされた[8]

10月7日の時点で、194人の遺体が収容され、最終的な死者数が325人から363人まで増える可能性があることが報告された。合計155人は救助された。船が水面下47メートル (154 ft)まで沈み、船内に入ることができるようになってから、10月9日までに行われた捜索活動では、さらに108人が収容されたと報じられた[9][10][11]。10月11日は、ボート内の全ての遺体が収容されたことが報じられ、確認された死者数は339人に達した。約50人がまだ行方不明と考えられており、この地域のさらなる行方不明者の捜索は、飛行機やロボット装置を使って続行される[12]。10月12日までに見つかった20人の遺体を合わせ、死者は合計で359人に達した[4]。死者の総数は、その後「360人以上」として報告された[5]

11月8日には、難民らは少なくとも$3,000 (£1,866) を、リビアから海を渡る前に、リビア、ソマリア、スーダンの売買グループに払ったことが報告された[5][13]。払うことのできなかった女性は強姦され、反逆した男性は縛って拷問された[13]。ボートの船長とされる35歳のチュニジア人、Khaled Bensalamは、2013年4月にイタリアから追放されたことが報告されており、沈没に責任があるとの容疑で逮捕された[14]。彼は殺人として告発される可能性がある[15]。11月8日には、34歳のソマリア国籍、Mouhamud Elmi Muhidinとパレスチナ人の男性も、航海を計画した商人としての容疑で逮捕された。警察は、Muhidinが、不法売買、誘拐、性的暴力、及び不法移住を扇動させるなど、様々な犯罪に関与している容疑があることを指摘した。2人は、多くの沈没事故生存者が彼らを見つけ、攻撃され始めていたところをイタリア警察に拘束された[16]

反応[編集]

カトリック教会フランシスコ法王は、「ランペドゥーザ島沖で難破した犠牲者のために神に祈る」とツイートし[1]、イタリアの首相、エンリコ・レッタは、「計り知れない悲劇」とツイートした[2]国際連合難民高等弁務官事務所アントニオ・グテーレスは、この事故に対する迅速な対応を、イタリア沿岸警備隊に委ねた[2]

イタリア副首相のアンジェリーノ・アルファノは、「ヨーロッパの悲劇であり、単なるイタリアの問題ではない。この犠牲は、悲しいことに悲劇のうちの1つ」と述べ、この事件を強調して、続いている難民の流入や船の難破を処理するため、ヨーロッパの援助が必要とした[17]。また、イタリアでは哀悼の日も発表された[7]

死者に対して、欧州内務委員会セシリア・マルムストロムは、ヨーロッパ連合に、難民船を止めるための救助パトロールを地中海全体にわたって増やすように、欧州対外国境管理協力機関国境課を通じて要求した[15]。彼女は、「ランペドゥーザ島で起こったことが結束と相互援助を増加させ、同様の悲劇を今後防ぐ目覚まし時計にしたい」と述べた[18]欧州委員会委員長ジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾとイタリアの首相、レッタは、10月9日にランペドゥーザ島を訪問した。レッタは、亡くなった難民のために、国葬を行うことを発表し、バローゾは、イタリアで難民を支援するため、3000万ユーロを使用すると語った[10]

10月11日の沈没事故[編集]

2度目の沈没事故は、10月11日に、マルタ領海内にあるランペドゥーザ島から120キロメートル (75 mi)の場所で発生した。翌日の報告書では、34人が死亡したと発表された。少なくとも50人という最初の確証のない報告書は、誇張されていた。伝えられるところによれば、ボートは、シリアパレスチナからの200人以上の移民を運んでおり、通過する飛行機の注意を引こうとした際に、乗っていた人が船の片側に集中し、転覆した。救出活動は、11月3日の転覆事故後、ランペドゥーザ島に配備されていたイタリアの船数隻の援助のもと、マルタの権限によって実施された。147ほどの生存者がマルタへ、56人がイタリアへと連れて行かれた[4][6]。あるシリアの難民によれば、ボートは売買グループとの言い合いの間に、リビアの民兵によって出港された[19]

2度目の沈没事故後、マルタの首相ジョゼフ・ムスカットは、海を横断してくる難民問題に対して、他のヨーロッパ諸国からの行動が不足していることに対して不満とし、「私たちの地中海の中に私たちは墓地をつくっている」と述べた[4]国際連合事務総長潘基文は、「事故の根本的原因を明らかにし、レスポンスの中心に難民の脆弱性や人権への対処策を含む、将来このような悲劇を防ぐ措置を講ずる」よう、国際社会に要求した[20]

11月8日には、イタリア警察が47歳のパレスチナ人男性、Attour Abdalmenemを、航海を計画した商人の1人とする罪で逮捕した[13]

関連項目[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク

出典[編集]

  1. ^ a b c Pianigiani, Gaia (2013年10月3日). “Scores of Migrants Dead After Boat Sinks Off Sicily”. The New York Times (Siracusa). http://www.nytimes.com/2013/10/04/world/europe/scores-die-in-shipwreck-off-sicily.html?_r=0 2013年10月3日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f Dozens of migrants die in Italy boat sinking near Lampedusa”. BBC News (2013年10月3日). 2013年10月3日閲覧。
  3. ^ “Witness: Boat migrants used bottles to stay afloat”. USA Today. (2013年10月4日). http://www.usatoday.com/story/news/world/2013/10/04/witness-boat-migrants-used-bottles-to-stay-afloat/2922215/ 2013年10月4日閲覧。 
  4. ^ a b c d e Mediterranean 'a cemetery' - Maltese PM Muscat”. BBC News (2013年10月12日). 2013年10月12日閲覧。
  5. ^ a b c Lampedusa boat tragedy: Migrants 'raped and tortured'”. BBC News (2013年11月8日). 2013年11月8日閲覧。
  6. ^ a b 'Dozens feared dead' off Lampedusa as migrant boat capsizes”. BBC News. 2013年10月11日閲覧。
  7. ^ a b Italy sinking: Search resumes for missing migrants”. BBC News (2013年10月4日). 2013年10月4日閲覧。
  8. ^ Davies, Lizzy (2013年10月3日). “Italy boat wreck: scores of migrants die as boat sinks off Lampedusa”. The Guardian. 2013年10月3日閲覧。
  9. ^ “Lampedusa boat disaster: Death toll rises to 232”. BBC News. (2013年10月7日). http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-24436779 2013年10月8日閲覧。 
  10. ^ a b “Italy to hold state funeral for shipwreck migrants”. BBC News. (2013年10月9日). http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-24456058 2013年10月9日閲覧。 
  11. ^ “Prosecutors Detain Alleged 'Skipper' in Lampedusa Shipwreck”. The Wall Street Journal. (2013年10月8日). http://online.wsj.com/article/SB10001424052702304171804579123423150529790.html 2013年10月8日閲覧。 
  12. ^ Second migrant ship capsizes near Sicily where shipwreck left 339 dead last week”. The National Post. 2013年10月11日閲覧。
  13. ^ a b c “Italy shipwreck migrants raped, tortured”. Agence France-Presse. (2013年11月8日). http://www.globalpost.com/dispatch/news/afp/131108/italy-shipwreck-migrants-raped-tortured 2013年11月9日閲覧。 
  14. ^ Bruno, Luca (2013年10月6日). “Italian migrant death toll reaches at least 194”. WDRB.com. http://www.wdrb.com/story/23619837/italian-migrant-death-toll-reaches-at-least-194 2013年10月6日閲覧。 
  15. ^ a b “Lampedusa wreck: EU seeks Mediterranean migrant sea patrols”. WDRB.com. (2013年10月8日). http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-24440908 9 October閲覧。 
  16. ^ “Police in Italy arrest Somalia national accused of organizing deadly migrant voyage”. Deutsche Welle. (2013年11月9日). http://www.dw.de/police-in-italy-arrest-somalia-national-accused-of-organizing-deadly-migrant-voyage/a-17215308 2013年11月9日閲覧。 
  17. ^ Italy calls for European help on refugees as scores drown in Lampedusa shipwreck”. Daily Telegraph (2013年10月3日). 2013年10月3日閲覧。
  18. ^ "Commissioner Malmström's intervention on Lampedusa during the Home Affairs Council press conference", European Commission, 8 October 2013
  19. ^ Malta shipwreck survivors: 'militiamen' fired at boat”. Daily Star (2013年10月13日). 2013年10月14日閲覧。
  20. ^ Ban Ki-moon: "After latest Lampedusa tragedy, Ban calls for action to protect human rights of migrants", United Nations News Centre. 12 October 2013. Retrieved 13 October 2013.