アンジェリーノ・アルファノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタリアの旗 イタリアの政治家
アンジェリーノ・アルファノ
Angelino Alfano
Angelino Alfano daticamera.jpg
アンジェリーノ・アルファノ
生年月日 1970年10月31日(44歳)
出生地 イタリアの旗 イタリアシチリア州アグリジェント県アグリジェント
出身校 サクロ・クオーレ・カトリック大学
パレルモ大学
所属政党 キリスト教民主主義 (- 1994)
フォルツァ・イタリア (1994 - 2009)
自由の人民 (2009 - 2013)
新中道右派 (2013 - )
公式サイト Angelino Alfano

イタリアの旗 副首相
内閣 エンリコ・レッタ
任期 2013年4月28日 - 現職

イタリアの旗 内相
内閣 エンリコ・レッタ
任期 2013年4月28日 - 現職

イタリアの旗 法相
内閣 シルヴィオ・ベルルスコーニ
任期 2008年5月8日 - 2011年7月27日

当選回数 4
任期 2001年 - 現職

イタリアの旗 自由の人民幹事長
任期 2011年6月1日 - 2013年10月25日
テンプレートを表示

アンジェリーノ・アルファノイタリア語: Angelino Alfano、1970年10月31日 - )は、イタリア政治家。内相、代議院(下院)議員(4期)を務めている。

副首相、法相、自由の人民幹事長、シチリア州議会議員を歴任した。

来歴[編集]

ベルルスコーニの最側近[編集]

シチリア州アグリジェント県アグリジェント出身。サクロ・クオーレ・カトリック大学パレルモ大学で学ぶ。

1994年、シルヴィオ・ベルルスコーニ率いるフォルツァ・イタリアに入党。党公認候補としてシチリア州議会議員に当選する。

2001年、総選挙に党公認で立候補し、代議院議員に当選する。

2008年、政権を奪回し首相に返り咲いたベルルスコーニの抜擢により、法相に就任。イタリアの法相としては最年少[1]

2011年、党幹事長に就任する。

ベルルスコーニへ反旗[編集]

2013年、総選挙で中道左派勢力に敗北するも上院で多数派勢力が存在しない中でエンリコ・レッタを首相とする大連立に参画。副首相兼内相に就任する[2]

ベルルスコーニの脱税容疑を端とする議員資格停止問題により、ベルルスコーニがレッタ内閣の倒閣を目指した時に反旗を期す。党内穏健派のアルファノは不信任案提出の場合の反対・党分裂を示唆したため、結果的にベルルスコーニは倒閣を断念するがアルファノとベルルスコーニの関係が悪化する[3]。 。

ベルルスコーニが中道右派勢力の立て直しのためにフォルツァ・イタリアの再結成を行うが参加せず、新党「新中道右派」を結成する[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
Luigi Scotti
イタリアの旗 法相
2008–2011
次代:
Nitto Francesco Palma
先代:
Anna Maria Cancellieri
イタリアの旗 内相
2013
現職
党職
New office 自由の人民幹事長
2011–2013
次代:
解党による役職廃止