キリスト教民主主義 (イタリア 1942-1994)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタリアの旗 イタリアの政党
キリスト教民主主義
Democrazia Cristiana(DC)
成立年月日 1942年10月
解散年月日 1994年1月18日
解散理由 新党結成のため
後継政党 イタリア人民党
キリスト教民主中道
本部所在地 ローマ市
政治的思想・立場 中道主義キリスト教民主主義
シンボル キリスト教民主主義党章
テンプレートを表示

キリスト教民主主義(キリストきょうみんしゅしゅぎ、Democrazia Cristiana、略称:"DC")は、かつて存在したイタリア政党キリスト教民主党(キリストきょうみんしゅとう)とも訳す。[1]

概要[編集]

ムッソリーニ政権によって1926年に解散させられたカトリック政党・イタリア人民党の流れをくんだ政党である。中道右派キリスト教民主主義路線とカトリック教会の支持の下、イタリア社会党イタリア民主社会党イタリア共和党などと連立政権を組んで、第二次世界大戦後の冷戦下においてほぼ一貫して与党連立与党)の座にあった。

しかし長期政権は汚職・腐敗を産んだ上、冷戦崩壊後の1990年代初頭にはジュリオ・アンドレオッティ首相がマフィアとの親密な関係を指摘され、多くの検挙者を出した。これによって支持率は低下。党は分裂し、解散に追い込まれた。

主義・主張[編集]

西側諸国共産党としては最大規模の勢力を誇ったイタリア共産党(PCI)の勢力を前に、共産主義キリスト教をはじめとする宗教の存在を否定することもあって反共的な姿勢が強く、PCIと対立していた。また同じく反共産主義のアメリカ合衆国による様々な支援や、反共団体の「ロッジP2」などとの強い関係が度々取りざたされた。

いっぽう社会政策においては回勅レールム・ノヴァールムに端を発するキリスト教民主主義の影響が強く、経済においても自由市場よりも階級協調を重視する社会的市場経済混合経済も参照)の色彩が強かったが、マルクス主義的な階級闘争の考え方は拒絶していた。イデオロギー的にはキリスト教カトリック)の下で保守から中道左派までを広く含んでおり、包括政党の様相を呈していた。これは同じキリスト教民主主義政党であっても、保守政党の色彩が強いドイツキリスト教民主同盟などとは一線を画していた。

また、そうした党内の幅の広さゆえ、多くの派閥を有していた。党のもともとの路線である中道派の指導者にはアルチーデ・デ・ガスペリジュゼッペ・ペッラがいたが、のちにアミントレ・ファンファーニアルド・モーロマリアーノ・ルモールチリアーコ・デ・ミータらが党内の中道左派的な傾向を代表し、またアントニオ・セーニジュリオ・アンドレオッティアルナルド・フォルラーニらが党内の右派保守派から中道右派的な傾向を代表していた(ここに挙げた人物はすべて首相経験者である)。概して、連立政権が右寄りになった際には党は左寄りに、逆に政権が左寄りになった際は党が右寄りになる傾向があった。これは二大政党制による政権交代を特色とするウェストミンスター・システムとはまったく異なる政治状況で、首相の実際上の政治権力は著しく弱いものとなった。

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 厳密には「党」(Partio)を党名に使用していないのでキリスト教民主党は正しい名称ではない。

関連項目[編集]