マッテオ・レンツィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マッテオ・レンツィ
Matteo Renzi

マッテオ・レンツィ


現職
就任
2014年2月22日
大統領 ジョルジョ・ナポリターノ
前任者 エンリコ・レッタ

任期
2009年6月22日 – 2014年2月22日
前任者 Leonardo Domenici
後任者 Dario Nardella

任期
2004年6月14日 – 2009年6月22日
前任者 Michele Gesualdi
後任者 Andrea Barducci

現職
就任
2013年12月8日
前任者 グリエルモ・エピファーニ

出生 1975年1月11日(39歳)
イタリアの旗 イタリアトスカーナ州フィレンツェ県フィレンツェ
州籍 Flag of Tuscany.svg トスカーナ州
国籍 イタリアの旗 イタリア
政党 民主党(2007-)
マルゲリータ(2002–2007)
人民党(1996–2002)
協力政党 新中道右派市民の選択中道連合
配偶者 アニェーゼ・ランディーニ
子女 Francesco、Emanuele、Ester
母校 フィレンツェ大学
内閣 レンツィ内閣
信仰 ローマカトリック
署名

マッテオ・レンツィイタリア語: Matteo Renzi, イタリア語発音: [matˈtɛo ˈrɛntsi]; 1975年1月11日 - )は、イタリア政治家閣僚評議会議長(首相、第63代)。民主党書記長(第5代)。

フィレンツェ市長(1期)、フィレンツェ県知事(1期)を務めた。

概要[編集]

フィレンツェ出身。

フィレンツェ大学卒業後、1996年に人民党に入党。1999年に党フィレンツェ州書記長に就任。

2002年、人民党が合流した新党・マルゲリータ結成に参画する。2004年、フィレンツェ県知事に中道左派連合(マルゲリータ公認)で出馬、59%の得票で当選。2007年、民主党結成に参画。

2009年、フィレンツェ市長選に中道左派勢力(民主党公認)で出馬、中道右派勢力でサッカーの元イタリア代表であるジョバンニ・ガッリを抑え、当選[1]

2012年、党書記長選挙に出馬、39%の得票で、61%を獲得したピエル・ルイジ・ベルサーニに敗北。しかし2013年、党書記長選挙に改めて出馬、68%を獲得し圧勝した。

2014年2月14日、民主党所属の閣僚評議会議長(首相)であるエンリコ・レッタに対して、改革が進んでいないなどの理由にレンツィ率いる党役員会で首相辞職を勧告。レッタはレンツィとの会談後、首相辞表を提出した。

同年2月17日、大統領ジョルジョ・ナポリターノよりレンツィは首相に指名され[2]、2月22日に組閣作業を完了させて正式にレンツィ内閣が発足した[3]。39歳での首相就任は、イタリア史上最年少となる。

人物[編集]

アニェーゼ夫人との間に3人の子供(2男1女)がいる[4]。敬愛する政治家はイギリス元首相のトニー・ブレアとアメリカ大統領のバラク・オバマ[4]。マスコミには「壊し屋」と呼ばれている[4]

脚注[編集]

  1. ^ Elezioni Comunali Turno di ballottaggio 21–22 giugno 2009”. Comune di Firenze (2009年). 2013年12月18日閲覧。
  2. ^ 伊新首相にレンツィ氏指名 39歳最年少首相へ”. 産経新聞 (2014年). 2014年2月18日閲覧。
  3. ^ 伊レンツィ政権が発足 史上最年少の首相 閣僚の半数は女性”. 産経新聞 (2014年). 2014年2月22日閲覧。
  4. ^ a b c イタリア:新首相に39歳レンツィ氏 あだ名は「壊し屋」”. 毎日新聞 (2014年). 2014年2月22日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
エンリコ・レッタ
イタリアの旗 イタリア共和国
首相(閣僚評議会議長)

第63代:2014年 – 現在
現職
先代:
Michele Gesualdi
Provincia di Firenze-Stemma.svg フィレンツェ県知事
2004年 – 2009年
次代:
Andrea Barducci
先代:
Leonardo Domenici
Flag of Florence.svg フィレンツェ市長
2009年 – 2014年
次代:
Dario Nardella
党職
先代:
グリエルモ・エピファーニ
民主党書記長
第5代:2013年 - 現在
現職